追悼 蜷川幸雄

追悼 蜷川幸雄

「青の炎」「蛇にピアス」脚本家・宮脇卓也インタビュー
蜷川の書斎で過ごした日々を振り返る

CS放送女性チャンネル♪LaLaTVにて、8・9月の2カ月にわたり、故・蜷川幸雄の追悼番組が放送される。8月には2014年から1年半に及び蜷川を追ったドキュメンタリー「疾走する蜷川幸雄80歳~生きる覚悟~」、蜷川が監督した映画「蛇にピアス」「青の炎」、そして演出を手がけた舞台「ヴェニスの商人」「ヘンリー四世」「ヘンリー六世」の6作品を放送。9月にも6作品がラインナップされている。

ステージナタリーでは放送に先がけ、当時の蜷川と親交のあった人物へのインタビューを2カ月連続で実施。今月は映画「蛇にピアス」と「青の炎」の脚本を蜷川と共同執筆した脚本家・宮脇卓也に、過去のエピソードから、在りし日の蜷川を語ってもらった。

取材・文 / 北村恵

  • 455

    298

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
LaLaTV

厳選した国内外の良質なドラマ、映画、舞台や音楽等のライブコンテンツ、料理や旅のライフスタイル番組を放送するCSチャンネル。

ラインナップ
8月ラインナップ
「疾走する蜷川幸雄80歳~生きる覚悟~」
2016年8月1日(月)11:00~ ほか
「蛇にピアス」
2016年8月5日(金)25:15~ ほか
「青の炎」
2016年8月7日(日)16:30~ ほか
「ヘンリー四世」
2016年8月12日(金)25:00~
「ヘンリー六世」
2016年8月19日(金)25:15~
「ヴェニスの商人」
2016年8月26日(金)25:00~
9月ラインナップ
「冬物語」
2016年9月17日(土)23:00~ ほか
「から騒ぎ」
2016年9月15日(木)27:00~
「じゃじゃ馬馴らし」
2016年9月25日(日)25:15~
「ジュリアス・シーザー」
2016年9月30日(金)25:15~
「ヘルタースケルター」
2016年9月2日(金)23:00~
「さくらん」
2016年9月9日(金)23:00~

LaLaTV 8月ラインナップ

「疾走する蜷川幸雄80歳~生きる覚悟~」
2016年8月1日(月)11:00~ ほか
ドキュメンタリー「疾走する蜷川幸雄80歳~生きる覚悟~」より。 ©HORIPRO

「世界のニナガワ」と呼ばれ、国際的評価を不動のものにした演出家・蜷川幸雄。病魔と闘いながら現場に立ち続けるモチベーション、「強欲」ともいえる表現へのあくなき執着はどこから生まれるのか? 蜷川が演出家として何を追い求め、嫌悪し、壊し、残そうとしているのかを探るポートレートドキュメンタリー。

  • ドキュメンタリー「疾走する蜷川幸雄80歳~生きる覚悟~」より。 ©HORIPRO
  • ドキュメンタリー「疾走する蜷川幸雄80歳~生きる覚悟~」より。 ©HORIPRO
  • ドキュメンタリー「疾走する蜷川幸雄80歳~生きる覚悟~」より。 ©HORIPRO
「蛇にピアス」
2016年8月5日(金)25:15~ ほか
映画「蛇にピアス」より。©2008「蛇にピアス」フィルムパートナーズ

「スプリットタンって知ってる?」そう言って、男は蛇のように2つに割れた舌を出した。一瞬にしてその舌に魅了された19歳の少女ルイ(吉高由里子)は、 その男アマ(高良健吾)と付き合い始める。アマの影響で、身体改造にはまっていくルイは、彫り師のシバ(ARATA)とも関係を持つようになり……。

  • 「蛇にピアス」
  • 映画「蛇にピアス」より。©2008「蛇にピアス」フィルムパートナーズ
  • 映画「蛇にピアス」より。©2008「蛇にピアス」フィルムパートナーズ
「青の炎」
2016年8月7日(日)16:30~ ほか

17歳の秀一(二宮和也)は、母・友子(秋吉久美子)と妹(鈴木杏)との3人暮らし。その平和な生活を乱す闖入者が出現する。10年前、母が再婚してすぐに離婚した男・曾根(山本寛斎)だった。傍若無人に振る舞い、母のみならず妹にまで手を出そうとする曾根。秀一は曾根を自らの手で殺害することを決意する……。

  • 映画「青の炎」より。©2003「青の炎」製作委員会
  • 映画「青の炎」より。©2003「青の炎」製作委員会
舞台「ヘンリー四世」より。©2013 HORIPRO INC.
「ヘンリー四世」
2016年8月12日(金)25:00~
舞台「ヘンリー六世」©2013 HORIPRO INC.
「ヘンリー六世」
2016年8月19日(金)25:15~
舞台「ヴェニスの商人」©2015 HORIPRO INC.
「ヴェニスの商人」
2016年8月26日(金)25:00~

9月ラインナップ

「冬物語」
舞台「冬物語」より。©2009 HORIPRO INC.
2016年9月17日(土)
23:00~ ほか
「から騒ぎ」
舞台「から騒ぎ」©2009 HORIPRO INC.
2016年9月15日(木)
27:00~
「じゃじゃ馬馴らし」
舞台「じゃじゃ馬馴らし」©2012 HORIPRO INC.
2016年9月25日(日)
25:15~
「ジュリアス・シーザー」
舞台「ジュリアス・シーザー」©2015 HORIPRO INC.
2016年9月30日(金)
25:15~
「ヘルタースケルター」
映画「ヘルタースケルター」©2012映画『ヘルタースケルター』製作委員会 ©岡崎京子/祥伝社
2016年9月2日(金)
23:00~
「さくらん」
映画「さくらん」©2007 蜷川組「さくらん」フィルム・コミッティ  ©安野モヨコ/講談社
2016年9月9日(金)
23:00~
脚本家・宮脇卓也 インタビュー

灰皿は投げられなかった

──宮脇さんは、最初は俳優として蜷川さんの作品に出演されていたとのことですが、ニナガワ・スタジオ(蜷川幸雄の劇団)に所属していらしたんでしょうか?

よく間違えられるんですけど、僕スタジオには入ってないんですよ。「血の婚礼」っていう舞台の出演者募集があって、蜷川さんの稽古場を見られたら面白そうだなと思って。芝居をやった経験もなかったんですけど、オーディションに参加してみたら受かったんです。1993年ですね。その公演期間中に劇場のロビーでストレッチしているときに、蜷川さんから「このあと暇?次は樋口一葉の『にごり江』をやるから、出る?」って言われて、そのまま1998年頃まで蜷川作品に出演させていただきました。

──なるほど。蜷川さんの演出を受けられていかがでしたか?

灰皿は投げられなかったです。まあ靴とか箱馬(舞台装置用の木箱)とか(笑)。

──え! 箱馬を?

投げます投げます。演出部も心得ているので、蜷川さんがイライラ(膝を揺する仕草)しはじめると、投げちゃいけないものはスッとどかして、投げていいものをそっと置くみたいな。そしたら「てめえこの野郎!」って手近にあるものを投げる。そんな感じです。

──あはは(笑)。

あと稽古場の思い出で言うと「身毒丸」のオープニングで人々が路地を歩くシーンがあって、僕はおにぎりを食べてる設定で演じようと咄嗟に思いついたんですけど、現物がなかったので、手ぬぐい丸めてくわえたんですよ。そしたら蜷川さんに「演技プランを示したいなら、ちゃんと本物のおにぎりを用意して来い!」ってすっごい怒られて。やばいなと思ってたら、演出部のスタッフが、本物のおにぎりを渡してくれたんです。何回も稽古やるから、3個ぐらいあったのを全部食べちゃったんですよ。そのあとそのスタッフさんに謝ったら、「あれ蜷川さんのお昼ご飯だよ」って言われて。

宮脇卓也

宮脇卓也

──実は蜷川さんが陰で配慮してくださってたんですね。

はい。「宮脇に持って行ってやれ」って、スタッフを介して渡してくださったのを、僕は知らずに全部食べちゃった。

──直接お渡しにならない感じがかわいらしいですね。

ね、ちょっとシャイな感じがあって。そういう気遣いが蜷川さんらしいと思います。