舞台「男水!」ライブ・ビューイングPR

舞台「男水!」ライブ・ビューイング特集 キャストインタビュー

舞台「男水!」ライブ・ビューイング特集
キャストインタビュー

競泳にかける10人の思い、
“青春の集大成”を映画館で見届けよう

舞台「男水!」稽古場より

東京公演開幕を約10日後に控え、まさにプール日和というような日差しが照りつける4月下旬。稽古場を訪れると、学校ごとに分かれた席に腰掛けたキャスト陣は、手にペンを持ち、およそ100ページに及ぶ台本に目を落としながら、それぞれがセリフを読み込んでいた。

「男水!」稽古より、松田凌。

「男水!」稽古より、松田凌。

アンサンブルのメンバーが群舞シーンを繰り返し練習する中、東ヶ丘・龍峰のキャストは演出・吉谷光太郎のもとに集い、入念にセリフの確認。この日の稽古で行われたのは、仁科譽(黒羽麻璃央)と滝結太(佐藤永典)、篠塚大樹(宮崎秋人)と藤川礼央(安西慎太郎)、榊秀平(松田凌)と平光希(小澤廉)の6人が白熱した戦いを繰り広げる、ドラマでも描かれた都大会のシーンだ。

「男水!」稽古より。

「男水!」稽古より。

東ヶ丘・龍峰のキャストとアンサンブルが合流し、本格的な稽古がスタート。去る4月17日の公開稽古よりさらに精巧に作り込まれた舞台美術、そしてアンサンブルの群舞で巧みに“水”を表現する吉谷の演出によって、彼らの戦いの場となる神聖なプールが舞台上に具現化されている。(参照:水泳シーンはストロークで表現「男水!」松田凌、公開稽古で作品愛語る

「男水!」稽古より。

「男水!」稽古より。

篠塚と藤川の真剣勝負から、仁科と滝のレース、そして榊と平の対決へと、次の泳者へ引き継がれていくリレーのように、それぞれのレースが目まぐるしく展開。宮崎と安西は、鋭い視線を交わし合いながら、篠塚と藤川の緊迫したライバル関係を体現し、黒羽と池岡は、切磋琢磨し合ってきた仁科と神宮との信頼関係を象徴するような軽快な掛け合いを披露する。

「男水!」稽古より、安西慎太郎。

「男水!」稽古より、安西慎太郎。

続いて背泳ぎを専門とする榊と平のシーンへ。松田は、ライバルの存在を意識しながらも、なんとか自分の泳ぎをしようと努める実直な榊を好演。一方の小澤は、飄々とした笑顔の裏に情熱を秘めた、平の2つの表情を見事に演じ分けた。そして彼らのレースを縫うように、両校のコーチを務める川崎亮也(廣瀬智紀)と磯村邦夫(河野洋一郎)が登場し、静かに火花を散らす。コーチ陣の会話、選手たちのスピーディーなレースシーン、小金井晴美(赤澤燈)や原田ダニエル(神永圭佑)を筆頭とした両校による応援合戦を交互に織り交ぜることによって、物語は一層重厚感を増していく。

「男水!」稽古より、宮崎秋人。

「男水!」稽古より、宮崎秋人。

またキャストたちは、筋トレや腕立て伏せを稽古の合間に行うなど、本番に向けてトレーニングに余念がない。しかし休憩時にふとこぼれる笑顔からは、ドラマ版の撮影時から切磋琢磨し合い、培ってきたメンバー同士の絆が垣間見えた。

「男水!」稽古より、廣瀬智紀。

「男水!」稽古より、廣瀬智紀。

なお5月28日に実施されるライブ・ビューイングの開演前には、稽古風景に加え、会場限定の未公開映像を上映予定。ドラマ版から舞台版まで、長きにわたって「男水!」という作品と向き合ってきた彼らの集大成を、ぜひ映画館で見届けよう。

談笑する東ヶ丘メンバーと安西慎太郎。

談笑する東ヶ丘メンバーと安西慎太郎。

舞台「男水!」ライブ・ビューイングと併せてこちらもチェック!

舞台「Little Voice(リトル・ヴォイス)」ライブ・ビューイングのビジュアル。
舞台「Little Voice(リトル・ヴォイス)」ライブ・ビューイング
2017年5月27日(土)15:00~
※5月24日(水)公演のディレイ中継。
宝塚歌劇 雪組宝塚大劇場公演「幕末太陽傳(ばくまつたいようでん)」「Dramatic “S”!」千秋楽 ライブ中継のビジュアル。
宝塚歌劇 雪組宝塚大劇場公演「幕末太陽傳(ばくまつたいようでん)」「Dramatic “S”!」千秋楽 ライブ中継
2017年5月29日(月)13:00~
宝塚歌劇 宙組梅田芸術劇場公演 朝夏まなとアメイジングステージ「A Motion(エース モーション)」ライブ中継のビジュアル。
宝塚歌劇 宙組梅田芸術劇場公演 朝夏まなとアメイジングステージ「A Motion(エース モーション)」ライブ中継
2017年6月9日(金)16:00~
宝塚歌劇 星組東京宝塚劇場公演「THE SCARLET PIMPERNEL(スカーレット ピンパーネル)」千秋楽 ライブ中継のビジュアル。
宝塚歌劇 星組東京宝塚劇場公演「THE SCARLET PIMPERNEL(スカーレット ピンパーネル)」千秋楽 ライブ中継
2017年6月11日(日)15:30~
舞台「男水!」
大千秋楽ライブ・ビューイング
2017年5月28日(日)17:00~
舞台「男水!」大千秋楽ライブ・ビューイング
ライブ・ビューイング限定オリジナルブロマイド付チケット
一般発売(先着順):2017年5月18日(木)19:00~26日(金)12:00
舞台「男水!」

2017年5月11日(木)~21日(日)
東京都 シアター1010

2017年5月24日(水)~28日(日)
大阪府 森ノ宮ピロティホール

原作:男水!(木内たつや / 白泉社『花とゆめ』)
脚本・演出:吉谷光太郎

キャスト

榊秀平:松田凌
篠塚大樹:宮崎秋人
藤川礼央:安西慎太郎

小金井晴美:赤澤燈
滝結太:佐藤永典
平光希:小澤廉
仁科譽:黒羽麻璃央
神宮一虎:池岡亮介
原田ダニエル:神永圭佑

市村真幸:齊藤教兵
村上英輔:奈須田雄大
高浦一郎:津嘉山寿穂
高浦二郎:櫻井圭佑
森親太郎:上村海成

磯村邦夫:河野洋一郎

川崎亮也:廣瀬智紀

毛利光汰、佐藤葵、兼尾洋泰、加来亮凪、吉田邑樹、山田諒、町田尚規、神田聖司、村上貴亮、深澤悠斗

「男水!」上巻
2017年3月1日発売 / バップ

[DVD] 4320円 / VPBX-14577

Amazon.co.jp

[Blu-ray Disc] 5400円 / VPXX-71504

Amazon.co.jp

「男水!」下巻
2017年4月12日発売 / バップ

[DVD] 7560円 / VPBX-14578

Amazon.co.jp

[Blu-ray Disc] 8640円 / VPXX-71505

Amazon.co.jp

「We are swimmers ~男水!キャラクター・ソング&オリジナル・サウンドトラック~」
2017年2月22日発売 / バップ

[CD] 3240円 / VPCD-81894

Amazon.co.jp

松田凌(マツダリョウ)
1991年9月13日生まれ。兵庫県出身。2012年、「ミュージカル『薄桜鬼』斎藤一篇」で舞台初主演。以降、「舞台『K』」「舞台『K』第二章-AROUSAL OF KING-」「メサイア-翡翠ノ章-」などで主演を務めた。6・7月に「舞台『東京喰種トーキョーグール』」、9・10月には、河原雅彦演出「人間風車」に出演予定。
宮崎秋人(ミヤザキシュウト)
1990年9月3日生まれ。東京都出身。主な出演に、 「ライブ・ファンタジー『FAIRY TAIL』」ナツ・ドラニクル役、「舞台『青の祓魔師』」奥村雪男役、「舞台『弱虫ペダル』」、ドラマ「弱虫ペダル」新開隼人役ほか。今年2017年には、ドラマ「弱虫ペダル」の続編を控え、冬には映画「写真甲子園 0.5秒の夏」が公開予定。
安西慎太郎(アンザイシンタロウ)
1993年12月16日生まれ。神奈川県出身。2013年、「ミュージカル『テニスの王子様』」2ndシーズンの白石蔵ノ介役で人気を博し、2015年に「舞台『戦国無双』関ヶ原の章」、2016年には「舞台『K-Lost Small World-』」で主演を務めた。7月に西田シャトナー作・演出「遠い夏のゴッホ」、8・9月には舞台「四月は君の嘘」に出演予定。
赤澤燈(アカザワトモル)
1990年3月14日生まれ。東京都出身。2011年、「ミュージカル『テニスの王子様』」2ndシーズンの芥川慈郎役で注目を浴び、以降「メサイア」シリーズなどで活躍。8月に映画「くらわんか!」が公開されるほか、9月の「超!脱獄歌劇『ナンバカ』」ではジューゴ役を演じる。
佐藤永典(サトウヒサノリ)
1990年2月14日生まれ。埼玉県出身。2008年、「ミュージカル『テニスの王子様』」財前光役で俳優デビュー。8月に「戦国御伽絵巻『ヒデヨシ』」、10・11月には、シアターコクーン・オンレパートリー2017 DISCOVER WORLD THEATRE vol.2「危険な関係」に出演予定。
小澤廉(オザワレン)
1991年8月12日生まれ。神奈川県出身。2015年に「ダイヤのA The LIVE」で主人公・沢村栄純役に抜擢され、以降「あんさんぶるスターズ!オン・ステージ」などに出演。6・7月に、劇団シャイニング from うたの☆プリンスさまっ♪「天下無敵の忍び道」、同じく7月には、舞台「夢王国と眠れる100人の王子様 ~Prince Theater~」が控える。
黒羽麻璃央(クロバマリオ)
1993年7月6日生まれ。宮城県出身。2012年から14年まで「ミュージカル『テニスの王子様』」2ndシーズンで菊丸英二役を務め、「ミュージカル『刀剣乱舞』」に三日月宗近役として出演。6・7月に「舞台『黒子のバスケ』OVER-DRIVE」が控えるほか、10月には主演映画「アヤメくんののんびり肉食日誌」が公開される。
池岡亮介(イケオカリョウスケ)
1993年9月3日生まれ。愛知県出身。近年の主な出演作には、「残酷歌劇『ライチ☆光クラブ』」「Dステ20th『柔道少年』」、ドラマ「メディカルチーム レディ・ダ・ヴィンチの診断」「本日は、お日柄もよく」など。10月には、前川知大作「関数ドミノ」に出演予定。
神永圭佑(カミナガケイスケ)
1994年8月12日生まれ。茨城県出身。2012年から14年までミュージカル「テニスの王子様」2ndシーズンにて幸村精市役を担当し、ミュージカル「Dance with Devils」では主演を務めた。出演作・映画「マスタード・チョコレート」が4月より全国で順次公開。
廣瀬智紀(ヒロセトモキ)
1987年2月14日生まれ。埼玉県出身。ドラマ「私のホストちゃん~しちにんのホスト~」で注目を浴び、2013年より「舞台『弱虫ペダル』」にて巻島裕介役を演じる。6月に映画「めがみさま」、8月に映画「HiGH&LOW THE MOVIE 2 / END OF SKY」、11月に映画「HiGH&LOW THE MOVIE 3 / FINAL MISSION」が公開予定。