舞台「男水!」ライブ・ビューイングPR

舞台「男水!」ライブ・ビューイング特集 キャストインタビュー

舞台「男水!」ライブ・ビューイング特集
キャストインタビュー

競泳にかける10人の思い、
“青春の集大成”を映画館で見届けよう

秀平と光希のライバル関係が影響して……

赤澤 僕も別に晴美と似ていたわけではないんだけど、やってるうちにちょっと役がうつってきたところがあります。

──お、どういうところですか?

赤澤 先輩でマネージャーなわけですけど、新入生の滝とダニエルのことがすごくかわいく思えてきちゃって。滝とダニエルというか、佐藤くんと神永くんのことまで弟みたいに思えてきた。「どうにかしてあげたい」というか。マネージャー目線というよりも……母性?

佐藤永典

佐藤永典

黒羽 そんな歳変わらないのに(笑)。

佐藤 僕たち同い年だよね(笑)。でも、うれしい。

神永 うれしい。

赤澤 よかった(笑)。

小澤 僕はもともと、光希に似てるところがあるなと思います。

──どこでしょう?

小澤 向上心を持ちつつ、でもそれが空回りをしてしまうところが結構近いなと。あと、光希は秀平とライバルなわけですけど、僕も凌くんに対してちょっと対抗意識というか、一緒に切磋琢磨したい気持ちが強まってきて。「秀平がやるなら俺もやる!」みたいなことやっちゃう。

小澤廉

小澤廉

松田 え、例えば?

小澤 ほかの舞台で大阪に行っていて、「男水!」の稽古に出られなかった時期があったでしょ? その千秋楽が終わったあと、もう全力を出し尽くして体力もなくなっちゃって、声も枯れてたんです。マネージャーも「明日の稽古休む?」と気を遣ってくれたんですけど、「凌くんも今日別の舞台の千秋楽だけど、明日の稽古出るらしいよ」と聞いて。そんなこと言われたら、「じゃあ俺も行く!」と受けて立つしかなかった。

──そんなことが(笑)。

松田 ドラマでも、東ヶ丘・龍峰それぞれの学校のメンバーとか、同級生同士とかいろいろな関係性に向き合いましたけど、舞台では特に平くんとのやりとりが楽しみだなと僕も思ってます。ドラマ版とはまた違った関係性が築けているというのを自分たちも体感しているので、お客さんにもそこを感じ取っていただければ。

体力づくりに腕相撲大会!?

──ドラマと舞台ではいろいろ違うところもあり、新鮮に楽しめるということですが、そういえば舞台版にプールは……?

松田 いや、ないですね。プロジェクションマッピングはあるんですけど、基本的には各自の身体の動きのみで、水や泳ぎを表現しています。今の段階では、秋人、しんた(安西)、さとちゃん(佐藤)、麻璃央あたりが特に泳ぐシーンが多いかな。

黒羽麻璃央

黒羽麻璃央

宮崎 そこに関しては、かなり苦労してますね。まず自分たちに“水”が見えてないと、舞台上に水が現れないんですよ。単なるストロークの動作だけじゃなく、水にエントリーする瞬間や息継ぎする瞬間をどう演じるかも考えないといけないし、どこに水面があって自分にどれくらいの負荷がかかっているかなんてこともイメージしながらやってます。

安西 しかも、1人ひとり泳ぎの型にバリエーションがあるし。

小澤 そう! 僕、背泳ぎだから大変なんですよ(笑)。舞台上で、水面のある方向がみんなと違うんですよね。それで、泳いでいるように見せるのになかなか苦労してます。ほかの人を見ているとあたかも水があるように泳いでいて、「負けないぞ!」と思いますね。

安西 廉くんは演出の吉谷(光太郎)さんと一緒にかなり試行錯誤してるよね。だからこそやりがいがあるんだと思うけど。

小澤 ライブ・ビューイングではきっと間近でその苦労を観ていただけると思います!

──公開稽古のときに黒羽さんが「陸で泳ぐほうが大変」という話をされていらっしゃいました。

黒羽 言いましたね。単純に、泳ぐ動きをしているのに陸にいるのがなんとなく違和感がある(笑)。

宮崎 進まないからね(笑)。

黒羽 ドラマのときは実際に泳いでましたからね。一から作り直してます。

佐藤 そうそう、ドラマのときはみんなすごくきれいなフォームで泳いでたけど、陸で同じようにやっても、いまいち泳いでいるように見えないという……。改めて “舞台で泳ぐ”スタイルがあるんだなと思いました。それぞれの泳ぎに生き様が出てます!

──今回のお芝居は、やはり体力的にハードなこともあると思うのですが、いかがですか?

神永 僕は、稽古場の周りを軽くランニングしてから臨むようにしてます。

赤澤 そうだ。いけぴー(池岡)は腕相撲やってるって聞いたけど?

池岡 何の話!?

池岡亮介

池岡亮介

黒羽 あ、龍峰で腕相撲大会した話でしょ?

池岡 ああ、あれね……。

──え、大会をやったんですか?

池岡 別に賞金とかはないですけど、遊びでやったんですよ。慎太郎くんが一番強かったよね。

安西 みんな意外と強くなくて……ちょっとびっくりした(笑)。楽しかったです。

──礼央っぽい発言ですね(笑)。

小澤 いけぴーが一番負けてた!

池岡 意外と弱いんですよ、僕。一虎としては大丈夫なのかなと思われるかもしれませんが、その点に関しては安心してください!(笑)

スクリーン越しでも届く100パーセントの演技を

──まるで東ヶ丘・龍峰の選手たちのように、切磋琢磨しながら役作りをされているということですね。それでは、最後に舞台だけでなくライブ・ビューイングを楽しみにしている皆さんへ、メッセージをお願いします。

宮崎 映画館だと、舞台を直接観ている方と違って、コーラ飲んだりポップコーン食べたりしながら楽しめるわけですよね。たくさん食べて、僕たちの泳ぐ姿を見守ってください!

赤澤 劇場で観たあとに、千秋楽はライブ・ビューイングで、という方もきっといますよね。本当に一生懸命演じてますので、細かいところを比べたりして楽しんでもらうのもいいかもしれません。

佐藤 僕はまず、目の前のお客様に対して100パーセントのお芝居を届けるということを本番初日から最後までやり通したくて。それがスクリーン越しでも届いたらいいなと思ってます。

神永 滝くんの報われないところ含めて、届いたらいいですよね。

神永圭佑

神永圭佑

佐藤 滝くんのかわいいところを見守ってください(笑)。

神永 僕も、初日から一瞬一瞬を全力で演じることは変わらないです。チケットがまったく取れなくてライブ・ビューイングしか行けないという方も、家の近くの映画館なら行けるという方も、ぜひ映画館に足を運んでもらえたら。

廣瀬 僕からは……映画館にもしっかりとお芝居を届けるので楽しみにしていただきたいということと、身体のアップが見られるのを楽しみにしていただければということを。

神永 ちなみに智紀くんは、自分の身体だとどこに注目してほしいの?

廣瀬 顔です!

廣瀬智紀

廣瀬智紀

宮崎 脱ぐ脱ぐ言っておいて、顔なのか(笑)。

──龍峰の皆さんもお願いします。

安西 まず、ライブ・ビューイングというステージが用意されていることで、多くのお客様に千秋楽を観ていただけるということに感謝の気持ちをお伝えしたいです。舞台に来てくださっているお客様、ライブ・ビューイングのお客様、両方に気持ちが届くようにしっかり演じたいと思います。

小澤 すごく大きい画面で観ていただけるということで、毛穴まで見えちゃうんじゃないかな? それは特別な体験だと思うので、「あ、こいつここでニヤついてる」とか1人ひとりの表情を堪能してもらえたら。平光希も小悪魔感出していきますので、劇場や映画館でぜひお会いしましょう。

黒羽 映画館って劇場に劣らずワクワクする場所ですよね。大きなスクリーンや最新の音響、いろいろな設備が組み合わさって、舞台ともドラマとも違う、ライブ・ビューイング版「男水!」が楽しめると思います。期待していてください。

池岡 そうそう。「生の舞台に行きたかったのに」と落胆せずに楽しんでもらえるよう、全力で演じるので、ぜひ映画館に足を運んでほしいですね。腕相撲で鍛えた一虎をぜひ観てください(笑)。

──最後に松田さん、お願いします。

松田 はっきり言ってしまうと、別にライブ・ビューイングをやるからといって、自分たちのお芝居の本質は変わらないと思うんです。最初に言ったように、僕はライブ・ビューイングを“オペラグラスみたいなもの”だと思ってるので。それよりも大切なのは、自分たちがずっと“第2の青春”として作ってきた作品が迎える終わりを、ライブ・ビューイングを通してより多くの皆さんに観ていただけるということ。これは新しい可能性だと思いますし、自分たちももう一段階身が引き締まります。それを踏まえて、千秋楽では何も考えずにただ無心で舞台に向き合いたいですね。

舞台「男水!」
大千秋楽ライブ・ビューイング
2017年5月28日(日)17:00~
舞台「男水!」大千秋楽ライブ・ビューイング
ライブ・ビューイング限定オリジナルブロマイド付チケット
一般発売(先着順):2017年5月18日(木)19:00~26日(金)12:00
舞台「男水!」

2017年5月11日(木)~21日(日)
東京都 シアター1010

2017年5月24日(水)~28日(日)
大阪府 森ノ宮ピロティホール

原作:男水!(木内たつや / 白泉社『花とゆめ』)
脚本・演出:吉谷光太郎

キャスト

榊秀平:松田凌
篠塚大樹:宮崎秋人
藤川礼央:安西慎太郎

小金井晴美:赤澤燈
滝結太:佐藤永典
平光希:小澤廉
仁科譽:黒羽麻璃央
神宮一虎:池岡亮介
原田ダニエル:神永圭佑

市村真幸:齊藤教兵
村上英輔:奈須田雄大
高浦一郎:津嘉山寿穂
高浦二郎:櫻井圭佑
森親太郎:上村海成

磯村邦夫:河野洋一郎

川崎亮也:廣瀬智紀

毛利光汰、佐藤葵、兼尾洋泰、加来亮凪、吉田邑樹、山田諒、町田尚規、神田聖司、村上貴亮、深澤悠斗