あいちトリエンナーレ2016

あいちトリエンナーレ2016

世界の舞台芸術が愛知に集まる!
あいちトリエンナーレ2016“レインボーウィークス”

3年に1度、愛知県で開催される国内最大級の現代アートの祭典「あいちトリエンナーレ」。2010年の開始以来、ぐんぐんと規模が拡大し、今回は世界38の国と地域から119組のアーティストが参加している。また、美術作品に加えパフォーマンス作品が充実しているのも、あいちトリエンナーレの特徴の1つ。中でも10月6日から始まる“レインボーウィークス”では、世界の舞台芸術が愛知で一挙楽しめる、ファンにとっては夢のような特集が行われる。特にフィリップ・ドゥクフレ率いるカンパニーDCAの「CONTACT―コンタクト」は、歌とダンス、映像を織り交ぜた、五感を刺激するダイナミックな作品だ。

  • 24

    19

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

あいちトリエンナーレレインボーウィークス
スケジュール

アジアン・サウンズ・リサーチ「OPEN GATE 動き続ける展覧会」ペナン島(マレーシア)2015 photo: Win Win 提供:Asian Sounds Research

アジアン・サウンズ・リサーチ(プロジェクト・ディレクター:Sachiko M)

「OPEN GATE 2016」

2016年10月6日(木)~10日(月・祝)
愛知県 岡崎シビコ

イスラエル・ガルバン photo: Luis Castilla

イスラエル・ガルバン

「SOLO」

2016年10月7日(金)~9日(日)
愛知県 愛知県芸術劇場
小ホール

アニマル・レリジョン「Chicken Legz」2014 提供:Animal Religion

アニマル・レリジョン

「Chicken Legz」

2016年10月8日(土)~10日(月・祝)
愛知県 豊橋公園

イスラエル・ガルバン photo: Hugo Gumiel

イスラエル・ガルバン

「FLA.CO.MEN」

2016年10月15日(土)・16日(日)
愛知県 名古屋市芸術創造センター

カンパニーDCA/フィリップ・ドゥクフレ「CONTACT」 2014 photo: Laurent Philippe

カンパニーDCA/フィリップ・ドゥクフレ

「CONTACT」

2016年10月15日(土)・16日(日)
愛知県 愛知県芸術劇場
大ホール

フィリップ・ドゥクフレ インタビュー

カンパニー・ディディエ・テロン「AIR」2016 photo: MARC GAILLET

カンパニー・ディディエ・テロン

「AIR/LA GRANDE PHRASE」

2016年10月21日(金)~23日(日)
愛知県 名古屋市内のまちなか

小杉武久

小杉武久

「MUSIC EXPANDED #1 / #2」

2016年10月22日(土)・23日(日)
愛知県 愛知県芸術劇場
小ホール

Co. 山田うん「舞踊奇想曲 モナカ」2015 ©羽鳥直志

Co.山田うん

「いきのね」

2016年10月22日(土)・23日(日)
愛知県 名古屋市芸術創造センター

青木涼子「秘密の閨」試演 2012 Courtesy of the artist

青木涼子

「秘密の閨(ねや)」

2016年10月23日(日)
愛知県 名古屋市青少年文化センター(アートピア)

あいちトリエンナーレ2016プロデュースオペラ
W.A.モーツァルト作曲「魔笛」

2016年9月17日(土)・19日(月・祝)
愛知県 愛知県芸術劇場 大ホール

演出・美術・照明・衣装:勅使川原三郎
指揮:ガエタノ・デスピノーサ
ダンサー:佐東利穂子、東京バレエ団
合唱:愛知県芸術劇場合唱団
管弦楽:名古屋フィルハーモニー交響楽団

あいちトリエンナーレ2016プロデュースオペラ W.A.モーツァルト作曲「魔笛」勅使川原三郎 ©Norifumi Inagakiガエタノ・デスピノーサ

出演

「魔笛」稽古風景
  • 賢者ザラストロ:妻屋秀和
  • 夜の女王:高橋維
  • 王子タミーノ:鈴木准
  • 王女パミーナ:森谷真理
  • 鳥刺しパパゲーノ:宮本益光
  • 弁者&神官I:小森輝彦
  • 恋人パパゲーナ:醍醐園佳
  • ほか

フィリップ・ドゥクフレ
インタビュー

アクロバティックなダンス&パフォーマンス、ユーモラスでキッチュな衣装や舞台美術、そして作品に奥行きを与えるシャープな映像とエネルギッシュな音楽。世界を虜にし続ける“空間の魔術師”フィリップ・ドゥクフレが、自身のホームであるカンパニーDCAで2014年に手がけたのが「CONTACT―コンタクト」だ。ゲーテの戯曲「ファウスト」から想を得た本作について、ドゥクフレは「ミュージカルへのオマージュのような作品」と語る。その真意とは?

文 / 熊井玲
撮影 / 北村恵

ミュージカルにオマージュを捧げる作品

フィリップ・ドゥクフレ

──2014年にフランスのブルターニュ国立劇場で初演された「CONTACT―コンタクト」。タイトルはピナ・バウシュの代表作「コンタクトホーフ」にちなんでつけられたそうですね。

はい。「コンタクトホーフ」は私が最初に観たピナ作品なのですが、あまりにすばらしくてそのまま自分の作品タイトルにするのは恐れ多いと感じ、一部だけ使わせていただきました。それと、現代社会は人と人とのコンタクト……つまり接触が少なすぎるんじゃないかという思いもあり、このタイトルにしたんです。

──「CONTACT」は、ゲーテの戯曲「ファウスト」のストーリーを下敷きにしています。「ファウスト」は、オペラや映画の題材にもなっていて、フランス人に馴染み深い作品のように感じますが、どういったところに惹かれるのでしょうか?

フィリップ・ドゥクフレ

それはやっぱり、ジェラール・ド・ ネルヴァルの仏語訳でしょうね。ネルヴァルの仏語訳は、格調ある昔のすばらしいフランス語なんですよ。「CONTACT」の創作にあたり、私がインスピレーションを受けたものは3つあります。1つがこのネルヴァルが翻訳した「ファウスト」。あとアルフレッド・ジャリの「フォーストロール博士言行録」。それと映画「ファントム・オブ・パラダイス」です。「CONTACT」で私は、ファウストを神と同等であろうとする狂人、メフィストはフレンドリーな存在、マルグリートは欲求の対象というように、登場人物それぞれを何かの象徴として描きました。でもだからといって、「CONTACT」の中で「ファウスト」の物語を追おうとはしないでほしいんです。「ファウスト」は作品を作るためのきっかけとして使っただけで、この作品はそもそも何かを“語る”ためではなく、観た人の“想像力を喚起する”ためのものとして作ったものなので。

カンパニーDCA/フィリップ・ドゥクフレ「CONTACT」2014 photo: Laurent Philippe

カンパニーDCA/フィリップ・ドゥクフレ「CONTACT」2014 photo: Laurent Philippe

──確かに、どのシーンも見応えがあり、想像力を刺激されます。

本作はミュージカルへオマージュを捧げる作品でもあるんです。今、私は非常にミュージカルに興味がある時期なのですが、一口にミュージカルといっても、最近手がけた「Paramour」は典型的なブロードウェイミュージカルでしたし、年末に日本で上演する「わたしは真悟」はマンガが原作と、実にタイプがさまざまなんですね。その中で「CONTACT」は、私が小さい頃から観ていた、ありとあらゆるミュージカル映画が創作の源になっています。