後藤ひろひと、東京で久々の新作上演「この7年間、後藤は反省しました」

2017年4月29日 17:05 163 マイナタリーで開く

後藤ひろひとが作・演出を手がける「FILL-IN~娘のバンドに親が出る~」が、7月13日から23日まで東京・紀伊國屋ホールで上演される。

「FILL-IN~娘のバンドに親が出る~」チラシ表

「FILL-IN~娘のバンドに親が出る~」チラシ表

画像を見る(4件)

孤独な男、真下幸吉は「音楽に人生を賭けたい」と言い出した娘の花音を勘当し、そのことを理由に妻の文音とも別居していた。ある日、真下は娘の事故死を知らされるが、娘が死んでも泣けない自分を怪物のように感じてしまう。娘がどんな人生を送ったのかを知ろうと考えた真下は、ひょんなことから娘が所属していたガールズバンドに加入し、ドラムを叩くことになる……。

吉本新喜劇の“スーパー座長“こと内場勝則相楽樹乃木坂46松村沙友理、声優の千菅春香、吉本新喜劇の池乃めだかといった多彩なキャストが集結し、劇中で演奏されるバンドの楽曲を中村中が手がけるなど、見どころの多い本作。なお後藤ひろひとの新作が東京で上演されるのは7年ぶり。後藤は「今回、最高の作品をまた皆さんにご用意致しましたので、是非ご覧ください」と期待をあおっている。

後藤ひろひとコメント

この7年間、後藤は反省しました。一からやり直そう。そんな風に思いましたが、そんなことは無理です。後藤は流れのまま生きて来て、今回、最高の作品をまた皆さんにご用意致しましたので、是非ご覧ください。

内場勝則コメント

全てが初めての試みです。未知の世界で、私がドラムを叩くという、一切やったことのない真っ白な状況から一生懸命頑張ってやっております。是非、それを楽しみにして下さい。私の痺れるドラムを聴きに来て下さい。損ははさせません!

相楽樹コメント

今回、初めての挑戦がたくさんあります。お客さんの前でギターを弾いたり、歌を歌うことに挑戦するので、凄くドキドキしているのですが、会場に来てくださったみなさんと楽しい時間を過ごせたらいいなと思っています。そのために、稽古に励んでゆきたいなと思います。皆さん楽しみにしていて下さい。

松村沙友理(乃木坂46)コメント

この作品は、バンドのお話なので、本物のバンドのように、来ていただいた皆さんと一体感のある舞台にできたらいいなと思います。いまからとても緊張していますが、私自身とても楽しみです。精一杯頑張りますので応援宜しくお願いします。

千菅春香コメント

初めて舞台に挑戦します。緊張もありますが、凄く面白くなりそうな作品なので、みなさんに観ていただけるのがとっても楽しみです!
いい時間を一公演一公演重ねられるよう頑張ります。宜しくお願いします!

この記事の画像(全4枚)

「FILL-IN~娘のバンドに親が出る~」

2017年7月13日(木)~23日(日)
東京都 紀伊國屋ホール

作・演出:後藤ひろひと
バンド楽曲提供:中村中
音楽監督:楠瀬拓哉

出演:内場勝則相楽樹松村沙友理乃木坂46)、千菅春香汐崎アイル、柿丸美智恵、多田野曜平、菊池健一(ギンナナ)、たくませいこ、後藤ひろひと、池乃めだか

最新ニュース

最新ニュースをもっと見る

人気の画像

人気の画像をもっと見る

人気の記事

人気の記事をもっと見る