「スキップ」開幕!霧矢大夢と深川麻衣が2人1役で熱演

2017年4月27日 9:57 421 マイナタリーで開く

霧矢大夢と元・乃木坂46の深川麻衣がW主演を務める「スキップ」が、昨日4月26日に東京・サンシャイン劇場で開幕。これに先がけ、公開ゲネプロと囲み取材が行われた。

NAPPOS PRODUCE「スキップ」公開ゲネプロより。左から深川麻衣演じる17歳の真理子、霧矢大夢演じる42歳の真理子。(撮影:伊東和則)

NAPPOS PRODUCE「スキップ」公開ゲネプロより。左から深川麻衣演じる17歳の真理子、霧矢大夢演じる42歳の真理子。(撮影:伊東和則)

画像を見る(15件)

NAPPOS PRODUCE「スキップ」公開ゲネプロより。霧矢大夢演じる42歳の真理子。(撮影:伊東和則)

NAPPOS PRODUCE「スキップ」公開ゲネプロより。霧矢大夢演じる42歳の真理子。(撮影:伊東和則)

「スキップ」は直木賞作家の北村薫の小説を原作に、キャラメルボックス成井豊が脚本・演出を手がける作品。2004年に初演され、今回13年ぶりの上演となる。高校2年生の一ノ瀬真理子は、ある日突然、夫と娘がいる高校教師になっていて……。42歳の真理子を霧矢が、17歳の真理子を深川が演じる。

NAPPOS PRODUCE「スキップ」公開ゲネプロより。深川麻衣演じる17歳の真理子。(撮影:伊東和則)

NAPPOS PRODUCE「スキップ」公開ゲネプロより。深川麻衣演じる17歳の真理子。(撮影:伊東和則)

舞台は昭和42年のシーンからスタート。運動会が雨で中止になったある日、自宅でレコードを聴きながらうたた寝をしてしまった真理子は、目覚めると知らない家にいた。と、そこへ自分と同じくらいの歳の少女が近づき、真理子に「お母さん」と呼びかける。17歳の真理子の意識は、25年の時が流れた平成4年、42歳の真理子の中に“スキップ”していたのだ。

左から霧矢大夢、深川麻衣、岡田達也、成井豊。

左から霧矢大夢、深川麻衣、岡田達也、成井豊。

奇妙な事態に困惑しつつも、42歳の高校の国語教師としての自分を受け入れようとする真理子。その心の動きを、霧矢は細やかな演技で描き出す。対する深川も、真理子の複雑な内面に、舞台初主演ながら丁寧に向き合った。また、シーンによっては2人の真理子が並んで立つ演出もあり、“見た目は42歳、中身は17歳”という真理子自身のギャップを、2人1役でさまざまに表現する。

NAPPOS PRODUCE「スキップ」公開ゲネプロより。(撮影:伊東和則)

NAPPOS PRODUCE「スキップ」公開ゲネプロより。(撮影:伊東和則)

そんな真理子の変化に戸惑いつつも彼女を献身的に支える夫役を、岡田達也は説得力のある演技で見せる。また、真理子の同僚であるアクの強い体育教師から、目立ちたがり屋な男子高校生までを演じる劇団☆新感線粟根まこと、天真爛漫な明るさを放つ真理子の娘役の木村玲衣、真理子に静かな視線を送り続けるミステリアスな生徒・新田役の碓井将大、真理子の母親役から破天荒気味な教師など何役をも多彩に演じ分ける柿喰う客深谷由梨香、朗らかで独特の存在感を放つ教師役の範宙遊泳・熊川ふみら、脇を固めるキャストたちにも注目だ。

NAPPOS PRODUCE「スキップ」公開ゲネプロより。(撮影:伊東和則)

NAPPOS PRODUCE「スキップ」公開ゲネプロより。(撮影:伊東和則)

約2時間のゲネプロ終了後、キャストの霧矢、深川、岡田、脚本・演出の成井が取材に応じた。乃木坂46卒業後、初めて舞台に出演する深川は「ずっと舞台をやりたかったので、こんなに大きな役をやらせていただけることがうれしかったですし、不安も大きかったです」と述べ、「昭和42年の女子高生役ということで、当時流行っていたギャグや歌、レコードのかけ方を調べたりしました。舞台はお客様とその瞬間でしか共有できない時間を過ごせますし、勉強になります。台本はお風呂に入りながら覚えました」とエピソードを明かす。さらに「今後は時代劇をやってみたいです」と展望も語った。

NAPPOS PRODUCE「スキップ」公開ゲネプロより。(撮影:伊東和則)

NAPPOS PRODUCE「スキップ」公開ゲネプロより。(撮影:伊東和則)

霧矢は「見た目は42歳、中身は可憐な17歳の真理子を演じるということで、本読みで麻衣ちゃんの声を聞いた時にどうしようかなと思いました。2人で1人を分けて演じるのも難しかったです」と述べる。また共演の深川については「毎日、目に見えて成長していくのがわかるんです。麻衣ちゃんの頑張りを見ていると初心に返りますし、微笑みとか眼差しにキュンってしちゃうんですよ。だからファンの方の気持ちがわかりました」と笑いを誘った。

演出の成井は作品について「13年前に原作の小説を読んで大感動し、何が何でも芝居にしたくて無我夢中で形にしました。今回ついに最高のキャストを迎えて再演できます」と語る。主演2人の印象について成井は「霧矢さんは実力が確かなので、全く心配していなくて、ダメ出しは深川さんにばっかりしてました(笑)。深川さんは本格的な舞台が初めてに近いにもかかわらずサンシャイン劇場で地声で勝負しなきゃいけなかったので、かなり苦労しました。が、稽古始めと初日で一番変化したのは深川さんです。もう別人ですよね。よくぞ僕のダメ出しに耐えてくれました」と賞賛を送った。

13年前の初演に参加した唯一の出演者でもある岡田は「盆(回り舞台)が回ったり、舞台転換を俳優たち自身で行うところが初演でも苦労した記憶があったので、そのノウハウを共演者に伝えるところでも頑張って取り組みました。役としては霧矢さんと深川さんが妻ということで、綺麗だし可愛いしで役得だと思っています」と笑顔を見せた。深川は「来ていただいたみなさんに『スキップ』というお話を好きになっていただけたらと思います。一回一回新鮮な気持ちで頑張ります」と意気込みを語った。「スキップ」の上演は5月5日まで。

この記事の画像(全15枚)

さらに読み込む

NAPPOS PRODUCE「スキップ」

2017年4月26日(水)~5月5日(金・祝)
東京都 サンシャイン劇場

原作:北村薫(「スキップ」新潮文庫刊)
脚本・演出:成井豊
出演:霧矢大夢、深川麻衣 / 岡田達也粟根まこと、木村玲衣 / 碓井将大深谷由梨香長濱慎、熊川ふみ、原田樹里 / 関根翔太、石森美咲、大滝真実、山崎雄也、元木諒

  • 286

    131

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

特集記事ピックアップ PR

特集記事をもっと見る

最新ニュース

最新ニュースをもっと見る

人気の画像

人気の画像をもっと見る

人気の記事

人気の記事をもっと見る