宝塚星組「桜華に舞え」が東京へ、ラスト公演で「男役・北翔海莉を極めたい」

2016年10月21日 17:16 355 マイナタリーで開く

宝塚歌劇星組「『桜華に舞え』-SAMURAI The FINAL-」「ロマンチック・レビュー『ロマンス!!(Romance)』」が、本日10月21日に東京・東京宝塚劇場にて開幕する。公演に先がけ、通し舞台稽古と囲み取材が行われた。

左から北翔海莉、妃海風。

左から北翔海莉、妃海風。

画像を見る(3件)

現トップスター・北翔海莉と、現トップ娘役・妃海風の退団公演となる本作。「桜華に舞え」では、北翔演じる薩摩の城下士・桐野利秋と、妃海演じる会津の武家娘・大谷吹優を中心に、波乱に満ちた西南戦争の様子が描かれる。また桐野の親友・衣波隼太郎を次期トップスターの紅ゆずるが、衣波を慕う薩摩の郷の娘を同じく次期トップ娘役の綺咲愛里が演じ、桐野が敬愛する西郷隆盛を美城れんが好演した。

続く「ロマンス!!」は、岡田敬二が作・演出を手がけた「ロマンチック・レビュー」シリーズの第19作。北翔の力強いパフォーマンスに加え、妃海がしなやかなダンスで魅せる。また次期トップコンビの紅、綺咲による息の合った掛け合いにも注目だ。

舞台稽古後の囲み取材には、北翔と妃海が出席。まず北翔が「星組全員が揃ってゴールできるように、進化し続ける舞台を目指してがんばります」と挨拶し、妃海は「宝塚大劇場での公演も、毎日充実していて楽しかったです」と振り返りながら、「東京公演も瞬間瞬間を大切に演じていきたいです」と意気込んだ。

北翔海莉

北翔海莉

本作が退団前のラスト公演となる北翔だが、「作品自体もまだ掘り下げていける部分がありますし、もっと男役・北翔海莉を極められるんじゃないかと思っていて。自分自身を追求していきたいですね」と意欲を見せる。また「東京に来て舞台稽古をしたら、退団するという実感が薄れてしまったような……でも退団しますので(笑)」という妃海のコメントに、北翔が「辞めるのやめたら?」とおどけて返答し、会場が笑いに包まれる一幕も。

妃海風

妃海風

「桜華に舞え」の見どころについて北翔は「世間では人斬り半次郎として知られている桐野さんですが、今回の作品テーマである“義”と“真心”と“勇気”や、日本の侍の精神、大和心を大切にする方でもありました。作品のメッセージを、今の時代へ向けてしっかり発信したい」と真摯に答え、続く妃海は「侍のような生き方をされている北翔さんでしか、桐野さんのすごさは出せないなと思っていて。そんな方と舞台上でデートできて幸せに思います」とはにかんだ。

また「ロマンス!!」について北翔は「大好きな岡田先生に作っていただきました! 今の星組ならではの色をお見せできたら」とコメント。さらに「ロマンス!!」のラストで次期トップの紅、綺咲が登場するシーンへの思いを問われた北翔は「安心してバトンタッチできます」と2人への信頼を見せ、取材を締めくくった。

宝塚歌劇星組「『桜華に舞え』-SAMURAI The FINAL-」「ロマンチック・レビュー『ロマンス!!(Romance)』」は、11月20日まで。また千秋楽公演には「星組東京宝塚劇場公演千秋楽『北翔海莉ラストデイ』」と銘打ったライブビューイングも実施される。チケットの一般発売は11月6日。

この記事の画像(全3枚)

宝塚歌劇星組「『桜華に舞え』-SAMURAI The FINAL-」「ロマンチック・レビュー『ロマンス!!(Romance)』」

2016年10月21日(金)~11月20日(日)
東京都 東京宝塚劇場

「『桜華に舞え』-SAMURAI The FINAL-」

作・演出:齋藤吉正
出演:北翔海莉妃海風 ほか

「ロマンチック・レビュー『ロマンス!!(Romance)』」

作・演出:岡田敬二
出演:北翔海莉、妃海風 ほか

特集記事ピックアップ PR

特集記事をもっと見る

最新ニュース

最新ニュースをもっと見る

人気の画像

人気の画像をもっと見る

人気の記事

人気の記事をもっと見る