お笑いナタリー Power Push - GYAO!「M-1グランプリ 予想屋バトル」

GYAO!「M-1グランプリ 予想屋バトル」

「M-1グランプリ2016」決勝進出コンビは? 5人の“予想屋”インタビュー

その年の漫才日本一を決める大会「M-1グランプリ」。過去には中川家、ますだおかだ、フットボールアワー、アンタッチャブル、ブラックマヨネーズ、チュートリアル、サンドウィッチマン、NON STYLE、パンクブーブー、笑い飯が優勝を飾り、5年ぶりに復活した昨年大会ではトレンディエンジェルが敗者復活戦から王者の座へ駆け上がった。果たして今年はどんな面々が決勝の舞台で熱戦を繰り広げるのか。

8月に開幕した今大会には3503組がエントリー。先日、準決勝進出者が発表され(参照:「M-1」準決勝にインディアンス、ミキ、和牛、南キャンら進出)、いよいよ大会は佳境に入る。これにあわせて、GYAO!で展開中の「M-1グランプリ」特集内で「M-1グランプリ 予想屋バトル」と題した企画がスタートした。各界の著名人や専門家など5名が、決勝に進出しそうなコンビを予想する。

その“予想屋”を務めるのは羽田圭介、スーパー・ササダンゴ・マシン、相楽伊織(乃木坂46)、IMALU、日刊スポーツ記者・小谷野俊哉氏。お笑いナタリーでは彼らにインタビューを実施し、なぜそのコンビを選んだのか理由を聞いた。独自の視点を持つ5名の見解は?

取材・文 / お笑いナタリー編集部

  • 316

    232

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
「M-1グランプリ 予想屋バトル」とは

「M-1グランプリ2016」準決勝進出を決めた28組の中から、決勝に残るであろうコンビを羽田圭介、スーパー・ササダンゴ・マシン、相楽伊織(乃木坂46)、IMALU、日刊スポーツ記者・小谷野俊哉氏の5名が予想。5名のうちどの予想屋が一番多くのファイナリストを当てられるか、ユーザー投票を実施する。もっとも多くの予想を的中させた予想屋に投票したユーザーには、抽選で「M-1グランプリ」決勝当日の観覧チケットをプレゼント。自分の予想と照らし合わせながら気になる予想屋にベットしよう。

投票ページはこちら
応募期間
2016年11月11日(金)~11月18日(金)23:59
予想屋一覧
羽田圭介羽田圭介
スーパー・ササダンゴ・マシンスーパー・ササダンゴ・マシン
相楽伊織(乃木坂46)相楽伊織(乃木坂46)
IMALUIMALU
日刊スポーツ記者・小谷野俊哉氏日刊スポーツ記者・小谷野俊哉氏
  • 羽田圭介

    ファイナリスト予想
    三四郎
    アインシュタイン
    錦鯉
    アルコ&ピース
    和牛
    南海キャンディーズ
    メイプル超合金
    ハライチ
    羽田圭介

    三四郎アインシュタインはラジオでなじみがありましたが、漫才も面白いですね。三四郎は出し惜しみせずに細かい言葉遊びを連続して入れてくる、面白いワードの“使い捨て”に労力の大きさを感じました。また小宮さんの声の周波数には笑いを誘われます。先天的に備わっている大きな武器ですね。

    一方アインシュタインは流れで笑いを取る正統派。ラジオでの掛け合いにも近いですね。正統派タイプにとっては小ネタの連続に見慣れた視聴者が笑いの“タメ”を待てるかが懸念されますが、あのコンビが普通の正統派と違うのは、やはり稲田さんの顔色の悪さ。筋をたどって笑いを生むのと同時に「顔がずっと面白い」という別の時間軸が存在しています。錦鯉はおじさんウケと子供・女性ウケが両立しそう。

    8組選んでみて、売れているコンビはちゃんとネタも面白いんだなと改めて思いました。彼らが大会に参戦しているのはきっと、テレビに出るだけではない、なんらかの意欲があるから。何年もテレビに映り、ネタのイメージが固まっている人たちがどう崩してくるのか。設定の斬新さやスピード感が進化している若手を相手にどう戦うのか、楽しみです。

    プロフィール

    羽田圭介(ハダケイスケ)

    1985年10月19日生まれ。東京都出身。大学在学中の2003年に「黒冷水」で「第40回文藝賞」を受賞し小説家デビュー。2015年「スクラップ・アンド・ビルド」で「第153回芥川賞」を受賞したのをきっかけに数々のテレビ番組に出演し、芸人との共演も多数。「R-1ぐらんぷり2016」ではR-1応援団を務めた。最新作「コンテクスト・オブ・ザ・デッド」が11月16日に発売される。

    羽田圭介「コンテクスト・オブ・ザ・デッド」
    2016年11月15日発売 / 講談社
    「コンテクスト・オブ・ザ・デッド」
    小説 / 1728円
    Kindle版 / 1404円
  • スーパー・ササダンゴ・マシン

    ファイナリスト予想
    三四郎
    錦鯉
    大自然
    とろサーモン
    ハライチ
    南海キャンディーズ
    アルコ&ピース
    東京ダイナマイト
    スーパー・ササダンゴ・マシン

    ハライチ南海キャンディーズアルコ&ピース……。TBSラジオ好きという感じがにじみ出てる(笑)。優勝の喜びをラジオで共有したくて。特に「山里亮太の不毛な議論」リスナーは、南海キャンディーズが参戦を決めた瞬間から見守り続けているんです。そして山里さんはM-1のことを逐一ラジオで報告し、不毛リスナーの期待や心配を自然に煽る。これ、私は山里亮太の戦略だと思ってます。会場の笑い声も審査に影響するから、おそらく山里さんは準決勝の会場を不毛リスナーで埋めようとしている。南海キャンディーズだけ次元の違う戦いをしていると思うと恐ろしいですよ(笑)。

    不良っぽさを感じる男臭い漫才が好きで、東京ダイナマイトはやっぱり応援したい。生まれ持って面白い2人が、漫才をするために吉本に入り、劇場のトリを務めているってカッコいいですよね。“ナチュラルボーンキラー”な2人に天下を獲ってもらいたい。大自然は一目惚れしました。デカい2人の掛け合いって面白い。錦鯉もデカいしおじさんだしハゲてるし。引っ掻き回してくれるんじゃないでしょうか。

    プロフィール

    スーパー・ササダンゴ・マシン

    新潟県出身。DDTプロレスリングに所属するプロレスラー。松竹芸能に所属しタレント活動も行う。試合前にPowerPointを駆使して展開するプレゼンパフォーマンス“煽りパワポ”で話題に。その技はバラエティ番組「水曜日のダウンタウン」(TBS)でも披露した。現在開催中の「ダイナマイト関西2016」ではマッスル坂井として準決勝大会まで進出している。松江哲明と共に監督を務めた映画「俺たち文化系プロレスDDT」は11月26日(土)、東京・新宿バルト9ほか全国にてロードショー。

  • 相楽伊織(乃木坂46)

    ファイナリスト予想
    かまいたち
    ニューヨーク
    スーパーマラドーナ
    東京ダイナマイト
    和牛
    アキナ
    マヂカルラブリー
    メイプル超合金
    相楽伊織(乃木坂46)

    かまいたちはGYAO!で観た3回戦のネタがすごく面白かったです。山内さんのキャラクターが好き。大阪の番組でも活躍されていますし、今年もM-1で上がってきてくれて、うれしいです。応援しています!

    ヨシモト∞ホールに足を運んでいるので、そのトップとして活躍しているニューヨークも期待を込めて選びました。ラジオの冠番組も始まりましたし、波に乗ってほしいです。スーパーマラドーナの3回戦のネタは、よくある設定だとは思うんですけど「その構成は初めて観た!」と驚きました。東京ダイナマイトは、ルミネtheよしもとでネタを観てハマりました。ワーワー言う感じじゃないのがツボです。

    M-1はチュートリアルが優勝した頃から観ています。今回8組を選んでみて、ネタがシュールすぎるよりはストレートなほうが好きなのかなと思っています。決勝までいち視聴者として楽しみたいです!

    プロフィール

    相楽伊織(サガライオリ)

    1997年11月26日生まれ。埼玉県出身。ウーマンラッシュアワーとラフレクランが共演したライブをきっかけに劇場へ通うようになり、多数のDVDを所有するお笑い好き。今イチオシの芸人は「2人ともかわいらしいルックスでネタは毒舌」というTEAM BANANA。

  • IMALU

    ファイナリスト予想
    霜降り明星
    三四郎
    スーパーマラドーナ
    アキナ
    マヂカルラブリー
    メイプル超合金
    南海キャンディーズ
    スリムクラブ
    IMALU

    私はよく、父を見てきているからお笑いに厳しいんじゃないかって言われるんですけど、全然そんなことはないです。シンプルにギャグも好きだし、ボソボソっとボケるようなスタイルも好き。笑いのツボは広いです。選んだ8組を眺めてみると、あまり共通性はなさそうですね(笑)。3回戦のネタ動画で単純にめちゃくちゃ笑ったコンビを選んだらこうなりました。

    失礼な話、霜降り明星のお名前は初めて聞きましたが、先入観なく自然と笑っちゃいました。テンポが速くてどんどんこっちがネタに巻き込まれていくような感覚。マヂカルラブリーも初めて知って、ぱっと見、野田クリスタルさんのほうがツッコミかなと思ったんです。それがボケなうえ、想定外の動きをするので衝撃が走りました。決勝ではどんなことするんだろうって期待しています。

    南海キャンディーズはあの衣装のあのツーショットを見られるだけでテンション上がりました。ぜひ決勝でも見たいです。こうやって予習すると余計に決勝が楽しみになりますね。

    プロフィール

    IMALU(イマル)

    1989年9月19日生まれ。東京都出身。お笑いBIG3の1人で「お笑い怪獣」と呼ばれる明石家さんまを父に持つ。カナダの高校に語学留学し、帰国後はファッション誌からモデルデビュー。2010年にはシングル「Mashed potato」をリリースし、アーティスト、タレントとして幅広く活動している。音楽番組「Break Out」(テレビ朝日)にナビゲーターとしてレギュラー出演中。

  • 日刊スポーツ記者
    小谷野俊哉氏

    ファイナリスト予想
    錦鯉
    メイプル超合金
    ゆにばーす
    東京ダイナマイト
    かまいたち
    ニューヨーク
    アインシュタイン
    スーパーマラドーナ
    日刊スポーツ記者・小谷野俊哉氏

    選んだ8組に一貫しているのはネタの完成度の高さ。入らなかったコンビも安心して見られる面白さですが、さらにプラスアルファがあるかどうかで差をつけました。

    錦鯉はリズムがよく、1本のネタを通してよどみなく笑いを取れている。またしっかり観客の反応を見ているなと感じました。メイプル超合金は爆発力。旬のタレントならではの“求められている感”がすごい。昨年大会ではダークホース的にインパクトを与えましたが、売れっ子になった今、2人のキャラクターを知ったうえでネタを見てもまた新鮮です。下ネタのゆにばーすもよかった。露骨すぎず、絶妙に笑えるくだらなさがある。スーパーマラドーナはボケ、ツッコミ共に安定しているし、何より気に入ってるんです。「マラドーナ」って名前が(笑)。

    優勝予想するとしたら、南海キャンディーズが敗者復活からの勢いで獲りそう。2009年大会以来、7年ぶりの参戦でお笑いファンの期待が大きいですからね。

    プロフィール

    小谷野俊哉(コヤノトシヤ)

    日刊スポーツ文化社会部記者。お笑い、放送担当として長くキャリアを積む。主なスクープは「上島竜兵結婚」「三谷幸喜、小林聡美結婚」「アントキの猪木結婚」。「ビートたけしのお笑いウルトラクイズ」(日本テレビ)、「中居正広のミになる図書館」(テレビ朝日)、「バイキング」(フジテレビ)などへの出演経験もある。

プロ・アマ問わず、全国規模で開催される漫才頂上決戦。優勝者には賞金1000万円が贈られる。出場資格は結成15年以内。3503組がエントリーしている。
準決勝進出コンビ

カミナリ / 霜降り明星 / 三四郎 / スーパーマラドーナ / アインシュタイン / かまいたち / アキナ / Aマッソ / マヂカルラブリー / インディアンス / ゆにばーす / 錦鯉 / 大自然 / ニューヨーク / とろサーモン / 和牛 / 学天即 / 相席スタート / ミキ / ハライチ / 銀シャリ / メイプル超合金 / ジャルジャル / 南海キャンディーズ / アルコ&ピース / スリムクラブ / さらば青春の光 / 東京ダイナマイト