「破門 ふたりのヤクビョーガミ」

「破門 ふたりのヤクビョーガミ」

三四郎インタビュー

ツボが一緒の小宮と相田、2人が笑ったポイントは?

黒川博行の第151回直木賞受賞小説を映画化した「破門 ふたりのヤクビョーガミ」が1月28日に全国公開される。イケイケやくざ・桑原(佐々木蔵之介)とぐーたらな建設コンサルタント・二宮(横山裕 / 関ジャニ∞)の凸凹コンビが活躍するこの作品。彼らをはじめとするキャラクターたちが繰り広げる関西弁での掛け合いや、クスッと笑えるシーンも魅力の1つだ。

ナタリーでは映画、お笑い、音楽とジャンルをまたいで「破門」の特集企画を展開している。お笑いナタリーは三四郎にインタビューを実施。芸人の目から見たキャラクターたちの魅力や笑ったポイントのほか、作品にちなんだ自身のエピソードなども語ってもらった。

取材・文 / 塚越嵩大
撮影 / 小坂茂雄

  • 1281

    404

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
「破門 ふたりのヤクビョーガミ」
2017年1月28日全国公開
「破門 ふたりのヤクビョーガミ」公式サイト
解説
ストーリー

“イケイケやくざ”の桑原と“ぐーたらビンボー”の二宮は、映画プロデューサー小清水に製作資金の出資を持ちかけられる。二宮からその話を聞いた二蝶会の若頭・嶋田が金を出資すると、小清水は失踪! 持ち逃げされた資金を回収するため、桑原と二宮は小清水を探して関西やマカオを奔走するが、まさかの大トラブルに発展して追われる羽目になり……。

スタッフ / キャスト

監督:小林聖太郎
原作:黒川博行「破門」
出演:佐々木蔵之介、横山裕(関ジャニ∞)、北川景子、濵田崇裕(ジャニーズWEST)、矢本悠馬、橋本マナミ、國村隼、橋爪功

三四郎インタビュー

「破門」のキャラクターたちの魅力

──さっそくですが作品をご覧になっていかがでしたか?

三四郎

三四郎

相田周二 性別によって見方が変わってきそうな映画だなと感じました。佐々木蔵之介さんや横山裕さんのファンである女性が観ても、やくざ映画が好きな男性が観てもいいと思います。

小宮浩信 やくざの人が出てくる映画ってバイオレンスなイメージがありますけど、笑える部分も多いから、誰でも楽しく観られるんじゃないかと。

──佐々木蔵之介さん演じる桑原と横山裕さん演じる二宮、それぞれのキャラクターにどのような印象を持ちましたか?

小宮 桑原はすごく男気がある。二宮はあまり男気は感じられないんですけど、人間関係を大事にしているキャラだと思います。

相田 終盤には二宮のカッコいい場面もありましたよね。ラストシーンも桑原と二宮の関係性が濃厚に出ていて好きでした。

小宮 桑原と二宮もそうですけど、北川景子さんが演じた悠紀と二宮の微妙な関係性も面白かったです。いとこ同士なんだけど二宮は悠紀に好意を抱いてるという。

──お好きなキャラクターはいらっしゃいましたか?

小宮 僕は橋爪功さんが演じている映画プロデューサーの小清水ですね。人を裏切ったりするんですけど、チャーミングなところもあって、そこがいいなと。この人が桑原たちから逃げることでストーリーが展開していくというか。キーになっているキャラですよね。

「破門ふたりのヤクビョーガミ」より。

「破門ふたりのヤクビョーガミ」より。

相田 小清水は「絶対逃げ切れないでしょ」って場面でも逃げるよね(笑)。めっちゃ間抜けなんですよ。何度も逃げるのに詰めが甘くてまた捕まっちゃう。

──相田さんはどのキャラクターが好きでしたか?

相田 僕は桑原ですかね。一見クールなんですけど、ボケてる感じのときもあるじゃないですか。あと二宮にいろんなことをやらせるんですけど、それにもちゃんと理由があって、重要な場面では自分でしっかりと締める。

──渋くてカッコいいですよね。

相田 配役もめちゃくちゃよくて。橋爪功さんも渋いし、木下ほうかさんとか國村隼さんもいて、いぶし銀がこんなに集結することってなかなかないですよね。見応えがありました。

──北川景子さんや橋本マナミさんなどの女性キャストについてはどのような印象をお持ちになりましたか?

相田 橋本さんは演技派ですよね。ネタバレになるので詳しくは言えないですけど、橋本さんの役柄はすごかったです。

「破門 ふたりのヤクビョーガミ」より。

──全編関西弁の映画ですが、橋本さんは唯一関西出身ではないキャストだったそうです。

小宮 橋本さんの関西弁もまたいいですよね。

相田 北川さんは関西弁のイメージがなかったので新鮮でした。

──お二人は大阪の舞台にも立ったことがあると思いますが、やはり東京と雰囲気が違いそうですよね。

小宮 関西弁でツッコむ人のほうが好意的に見てもらえるというか。標準語でしゃべっていると下向いちゃうお客さんとかもいました。でも1回受け入れてくれると積極的に迎え入れてくれる印象ですね。

──「自分たちが関西弁だったらよかったのに」みたいに羨ましく思うことはありますか?

小宮 「なんでやねん」は万能な言葉だなと思うときはあります。

相田 「なんでやねん」ですべてが丸く収まるもんな(笑)。

小宮 そういう万能な言葉がないからこそ、自分たちなりのツッコミのフレーズを考えたりしますけどね。

相田 あと関西弁が自然に出ちゃうことありますよね。やっぱりダウンタウンさんが好きなんで。ニュアンスが関西弁みたいな感じになっちゃって言ったあとに恥ずかしくなります。

ふとしたセリフが後々のフリになっていたりする

──この作品はコメディ映画ではないもののクスッとしてしまうようなシーンがあります。お二人が笑ったシーンはありましたか?

相田 後半に、二宮がめっちゃ奮起したな!っていうシーンがあるじゃないですか。熱い展開なんですけど、ところどころに面白ポイントもあって楽しめました。

小宮 僕は小清水が逃げている仕草が滑稽で笑えました。あとは最初の格闘シーンが衝撃的で面白かったです。桑原が車のドアに敵のやくざの脚を挟むところとか「けっこうハードな感じの映画なんだな」って思いました。野次馬が一気に来ましたからね。

相田 そのいざこざの現場を、近所の家の2階から野次馬のおじいちゃんがカメラでパシャって撮ってるんです。度胸あるなと思いましたね。無表情で撮ってるんですよ(笑)。あと桑原と二宮の掛け合いでも、二宮が桑原に「チンピラですやん」「顔怖いですよ」みたいなことを言うシーンがあるんですけど、そういうふとしたセリフが後々のやりとりのフリになっていたりする。そこも面白い。

「破門 ふたりのヤクビョーガミ」より。

──関西弁の軽快な掛け合いが随所にちりばめられていますよね。芸人の立場から見て、二宮と桑原が漫才コンビを組むとしたら相性はいいと思いますか?

小宮 桑原がツッコミで二宮に振り回される、みたいなのが意外とよさそう。二宮が普通にツッコミでもいいかもしれないですけど、桑原が振り回されたほうが面白そうですね。そうじゃないと桑原がただ単に怖い人になっちゃう。それじゃ救いようがないですから(笑)。

──逆に三四郎さんを無理やり桑原と二宮に当てはめるとしたら?

小宮 桑原と二宮の2人だけですか?  けっこう難しいな(笑)。僕は二宮のほうかな。そんな喧嘩っ早い感じじゃないので。

相田 僕も桑原みたいに怖くないですけどね(笑)。2人とも温厚。でも僕は「しゃべってないと怖い」とは言われます。

三四郎

三四郎

小宮 それで言うと、僕も目つきとかが悪くて、毒舌なイメージがあるから怖いと言われますね。でも桑原みたいに暴力的な感じではないですよ。

相田 小宮はセツオの役がいいよ! 桑原の弟分でヘマする奴(笑)。

INDEX
» 作品&キャラクター紹介
» 佐々木蔵之介×横山裕インタビュー
» 三四郎インタビュー
» Creepy Nutsインタビュー