Amazonプライム・ビデオ「HITOSHI MATSUMOTO Presents ドキュメンタル」PR

宮川大輔×FUJIWARA藤本×平成ノブシコブシ吉村「ドキュメンタル」シーズン2特集

宮川大輔×FUJIWARA藤本×平成ノブシコブシ吉村「ドキュメンタル」シーズン2特集

「お笑いってこんなに疲れるんだ」密室で繰り広げた笑いの攻防

Amazonプライム・ビデオにて見放題独占配信中のAmazonオリジナル作品「HITOSHI MATSUMOTO Presents ドキュメンタル」シーズン2。松本人志のもとに参加費100万円を持って集まった10人の芸人が、賞金1000万円を懸けて“密室笑わせ合いサバイバル”を繰り広げている。

笑いだけに向き合わなければならない異質なその空間には芸人たちのどんな思惑が飛び交っていたのか。お笑いナタリーではシーズン1から連続して出演する宮川大輔とFUJIWARA藤本、そして初参戦の平成ノブシコブシ吉村に話を聞いた。

取材・文 / 狩野有理
撮影 / 玉井美世子

  • 233

    85

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
「ドキュメンタル」シーズン2
Amazonプライム・ビデオ
全5話 毎週水曜配信
<出演者>
松本人志
FUJIWARA藤本 / 宮川大輔 / ジミー大西 / バナナマン日村 / アンジャッシュ児嶋 / バイきんぐ小峠 / 森三中・大島 / ダイアン津田 / 平成ノブシコブシ吉村 / ジャングルポケット斉藤
Amazonプライム・ビデオとは
Amazonプライム会員(年会費3900円)向けのサービス。数千本もの人気映画やテレビ番組、またAmazonスタジオ制作によるオリジナル作品をいつでもどこでも、見放題で楽しめる。

シーズン1の反省

──大輔さん、藤本さんは2回目の参戦です。シーズン1ではどんな反省をして、シーズン2への対策を練りましたか?

宮川大輔 シーズン1はやっぱり「みんなどんな感じなんやろ?」と探り探りな部分がありました。終わってみると「俺、向いてんのかなあ?」とか、自分の中では反省もあったんですが、松本(人志)さんからまた招待状をいただいたときに、「よかったんや」「面白かったんや」って思えました。その上で、今回はもうちょっと用意せなあかんかなとは考えていたのですが、一発ギャグをやるタイプではないので普段から楽屋でやっているようなことをやろうとは決めていました。

──藤本さんはシーズン1の手応えはありましたか?

FUJIWARA藤本 精神的にも体力的にも本当にめちゃくちゃ疲れるんですよ。だから手応えっていうより、サウナから出てきた感じっていうか。

宮川 そうそう! 入ってるときはしんどいねんけどな。

左から宮川大輔、FUJIWARA藤本。

左から宮川大輔、FUJIWARA藤本。

藤本 しんどいねんけど、出たときのウワーっていうデトックス感はありました。だから終わってみれば楽しかったんやなって思います。お笑いのスキルが上がったんちゃうかな?っていう気もしましたね。結果はどうであれ、あの場にいたっていうことに対して。

宮川 反響もすごかったんですよ。業界の方とか芸人から「見ました」「めっちゃ面白いですね」とか。すごい場にいたんやなーと思います。

──「あの場面でああしておけば……」という悔しい気持ちはありますか?

藤本 もちろんあります。あそこ攻め時やったなー!って。

宮川 なんで笑ってしまったんや、とかな。

藤本 わけわかんない空間なんですよ。全然おもんないことでも笑ってしまったり。

宮川 あと、用意したものを100%できるかといったらできないですから。流れもありますし。

藤本 けっこうやることがほかの芸人と被るんですよ。丸々同じじゃなくても、ボケのカテゴリが一緒やったりすると、「あ、やめとこ」とか。

──なるほど。その空気の読み合いもあるんですね。

宮川 ただ、「これはまだちゃうな」って思ってる間に笑って退場になってしまうことがあるので、どのタイミングで行くかっていうのは重要で。自分が何で笑ってまうかもわからないですし、難しいところなんです。

宮川大輔

宮川大輔

藤本 用意してきたことは全部出しとくべきやなっていうのは思いましたね。自信持って考えてきたのに、いざその場に行くと「今これ出したらめっちゃスベるんちゃうか」って気持ちになってしまう。

宮川 でも前回で言ったら、フジモンの唇と鼻をボンドで引っ付けたやつなんか、あのタイミングだから面白かったんや。

藤本 ああー。あれな(笑)。

宮川 みんな大きいカバンに小道具たくさん入れて来てるのに、フジモンはこんな小さい巾着1個で来たんですよ。「ようこれで来たな!」言うて(笑)。ほんで、何出すのかと思ったら、ボンドでしたから。あれはわろてまうわ!

──たしかに。ほかの芸人さんのやり取りもある中、藤本さんに注目が集まりましたね。

藤本 でも、結果論なんです。ウケたってことはタイミングがよかったんやなっていう。

芸人が好きな芸人が集まった

──吉村さんはシーズン1をどうご覧になっていましたか?

平成ノブシコブシ吉村 最初は普通に楽しんで観ていたんですけど、だんだん入り込んでしまって。お笑いの講習ビデオ観てるみたいな気分でした。

宮川藤本 あはははは(笑)。

吉村 しっかり観ないといけないなっていう。だからすごい怖かったです。一般の友達や芸人も含めて何人かで観たんですが、芸人はみんな深刻に眉間にシワを寄せて観ていましたね。

宮川 「自分にオファー来たら何ができる?」とか考えてしまうよね。

左から宮川大輔、FUJIWARA藤本、平成ノブシコブシ吉村。

左から宮川大輔、FUJIWARA藤本、平成ノブシコブシ吉村。

吉村 そんな現場に今回行かせていただいたわけですから。画面越しに観ていた以上にハードでした。でも好きです、あの一か八かの空気感。

──ヒリヒリしますか。

吉村 しましたねー。

宮川 今回は他事務所の方がいるじゃないですか。それもあってすごい空気でしたよ。

吉村 なかなかないですよね、あんな空気になる現場。

──今回、こってりしたボケの方が集まったシーズン1とはまた雰囲気の違った面々でしたがどんな印象を持ちましたか?

宮川 全員揃う前にいきなりやばい瞬間があって。(森三中)大島に話しかけようと思って「大島ー」って呼んだら「児嶋だよ!」って(アンジャッシュ)児嶋が言うてきて。「うわ、こいつかかっとんな」と(笑)。

吉村 あはははは!(笑) 始まってたらアウトでしたね。

──藤本さんはどうですか? 今回のメンバー。

藤本 面白いところが来たなーっていうのが率直な気持ちです。芸人が好きな芸人なんですよ。見た瞬間、ふんどし締め直しましたね。これはやばいんちゃうか、と。

FUJIWARA藤本

FUJIWARA藤本

──みなさん共演経験ある方だと思いますが、どういう笑いを得意としているか知っているだけに「この芸人はとくに要注意だな」と感じた方がいたら教えてください。

藤本 やっぱり児嶋かなー。あれは特殊。吉村も言うてたけど、自分からのオフェンスは全然面白くないんですよ(笑)。

吉村 オフェンス力は0なんですけど(笑)、周りが……。

藤本 そう、周りがイジりたくなる。

宮川 やめて!と思ってたもん。ずっと続いたら絶対わろてまうやんって。

藤本 児嶋がいるのはまずいなと思ったんですけど、「あ、児嶋を自分の武器として使ったろう」と切り替えました。普段児嶋としゃべってるときのノリとかはこの場でできるなと。操作簡単なバズーカみたいなもんですから。ロケットランチャーみたいな。

宮川 威力は抜群。

吉村 スイッチがバカになってて、たまに爆発するんですよ。

藤本 そうそう(笑)。

宮川大輔、FUJIWARA藤本、平成ノブシコブシ吉村。

宮川大輔、FUJIWARA藤本、平成ノブシコブシ吉村。

──吉村さんはどなたを強敵だと感じましたか?

吉村 全員強敵ですけど、やっぱり日村さんが来たときに「やばい!」と思いましたね。シーズン1を観てよしもとだけだろうと思い込んでいたんですよ。そしたら関東のバケモノが……。テンパりました。

──よしもと以外の芸人さんがいるのといないのではどんな違いがあるんですか?

吉村 ちょっとリズムが違うんですよ。僕らとは違うリズムでスコーン、スコーンと決めてきて。笑いをこらえるのに必死でした。

藤本 日村なんて番組いっぱい持ってて、正直出なくてもいいじゃないですか。でも出てくるっていう心意気がすごい。

宮川 カッコいいよね。

次のページ »
フジモンのうまさ