銀シャリが北海道の祭りを疑似体験、ゲタ飛ばしや玉入れで汗だく

2017年8月6日 18:06 275 マイナタリーで開く

本日8月6日、北海道・サッポロファクトリー アトリウムステージにて「ご当地お祭り大集合~知られざる道内お祭りオンステージ~」と題したイベントが行われ、モリマンがMCを務めたほか、銀シャリがゲスト出演した。

「ご当地お祭り大集合~知られざる道内お祭りオンステージ~」で和寒町の「全日本玉入れ選手権」に銀シャリやモリマン・ホルスタイン・モリ夫が臨んだ様子。

「ご当地お祭り大集合~知られざる道内お祭りオンステージ~」で和寒町の「全日本玉入れ選手権」に銀シャリやモリマン・ホルスタイン・モリ夫が臨んだ様子。

画像を見る(14件)

銀シャリ

銀シャリ

このイベントは、札幌市内で4日間にわたって展開されている「みんわらウィーク」の一環。北海道内で開催中の4つの祭りがピックアップされ、モリマンや銀シャリが見つめる中、各祭りに携わる地元の人々と札幌吉本の所属芸人が協力してデモンストレーションを行った。

岩見沢市の「ふるさと百餅祭り」のコーナーで杵を振る銀シャリ鰻。

岩見沢市の「ふるさと百餅祭り」のコーナーで杵を振る銀シャリ鰻。

赤平市の「あかびら火まつり」を紹介するコーナーでは、多くの男性が赤フン姿でサッポロファクトリーの敷地内を勇ましく駆け抜けてからステージへ。銀シャリ橋本はこの祭りを気に入った様子で、「来年は青フンを用意してほしい」とリクエストしたほか、イベント中も再三「火まつり」を話題に挙げた。岩見沢市の「ふるさと百餅祭り」のコーナーには餅つき道具一式が登場し、鰻が照れくさそうにその杵をふりかざしてみせる。また橋本が米と“コメ”ントをかけたり、臼と相槌の「ウッス」をかけたり、といったうまい発言を連発すると場内には自然と拍手が沸き起こった。

共和町の「かかし祭り」の恒例「ゲタ飛ばし大会」を体験する銀シャリ鰻(右端)。

共和町の「かかし祭り」の恒例「ゲタ飛ばし大会」を体験する銀シャリ鰻(右端)。

共和町の「かかし祭り」のコーナーでは、鰻がこの祭り恒例の「ゲタ飛ばし大会」をステージ上で体験し、「北海道ならではという感じですね」と感心したように述べる。ラストに和寒町の「全日本玉入れ選手権」が紹介された際には、銀シャリやモリマン・ホルスタイン・モリ夫が一斉に玉入れに臨んで奮闘したものの、用意されたすべての玉がカゴへ入り切らずにタイムアップ。汗をかきながら、さまざまな祭りの魅力に触れた鰻は「全部の祭りが楽しみ。今からスケジュールを押さえたい」とリップサービスしていた。

この記事の画像(全14枚)

さらに読み込む

特集記事ピックアップ PR

特集記事をもっと見る

最新ニュース

最新ニュースをもっと見る

人気の画像

人気の画像をもっと見る

人気の記事

人気の記事をもっと見る