ほんまに「ええ土」出てた、笑い飯が奈良トークでM-1ネタ回想

2017年3月20日 17:56 223

笑い飯が本日3月20日、東京・有楽町駅前で行われた「阿倍仲麻呂“遣唐”1300年記念PRイベント」に出演した。

News_large_DSC_2408

左からせんとくん、笑い飯、海龍王寺の石川重元住職。

画像を見る(7件)

奈良県は今年、阿倍仲麻呂が遣唐使として奈良を旅立ってから1300年の節目を記念し、遣唐使や平城京について多くの人に知ってもらうことを目的とするプロジェクトを実施。本日のイベントはこの一環で、奈良出身の笑い飯を迎えて地元での思い出やお気に入りの寺、仏像などについてのトークセッションが繰り広げられた。

クイズコーナーの様子。

クイズコーナーの様子。

西田は平城宮跡にまつわるエピソードとして、子供時代に所属していたカブスカウトの活動で凧揚げしたことを回想。さらに「高校生のとき『カップルがいちゃついているから見に行こうぜ』って見に行ってました」と思春期らしい衝動に駆られた記憶を辿った。哲夫は仏教に詳しいことから般若心経について饒舌に語り、その様子に西田が「でも(結婚式では)チャペルでキスしてました」と邪魔を入れて笑いを誘う。また阿倍仲麻呂に関するクイズコーナーでは、 2人して彩華ラーメンや天理スタミナラーメンの情報を交えた回答を連発して司会者を困惑させた。

トークセッションの様子。

トークセッションの様子。

また、地元では日常的に出土品が発掘されたといい、「家が建てられなくなるから見て見ぬふりします(笑)」と奈良県民ならではの意見を述べる西田。一方哲夫は「掘ってる最中に、だいだい色のええ土が出てくるんです」と子供の頃の発掘体験を振り返る。「だからちょいちょい『ええ土』とか言っていたんですよ。ほんまにええ土出てたんです」と「M-1グランプリ」で披露した奈良県立歴史民俗博物館のネタの裏話を明かした。

なお笑い飯は4月29日(土・祝)、全国ツアー「笑い飯のおもしろ漫才ツアー」を故郷・奈良でスタートさせる。

この記事の画像(全7枚)

  • News_thumb_square_DSC_2408
  • News_thumb_square_DSC_2344
  • News_thumb_square_DSC_2338
  • News_thumb_square_DSC_2349
  • News_thumb_square_DSC_2365
  • News_thumb_square_DSC_2390
  • News_thumb_square_DSC_2394
  • 137

    57

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

特集記事ピックアップ

特集記事をもっと見る

最新ニュース

最新ニュースをもっと見る

人気の画像

  • News_thumb_square_akashiya_02
  • News_thumb_square_akashiya_01
  • News_thumb_square_akashiya_03
  • News_thumb_square_DSC_3022
  • News_thumb_square_DSC_3062
  • News_thumb_square_DSC_3074
  • News_thumb_square_DSC_2970
  • News_thumb_square_DSC_3055
  • News_thumb_square_0421_sunday
  • News_thumb_square_DSC_3080-2
  • News_thumb_square_DSC_3034
  • News_thumb_square_DSC_2998

人気の画像をもっと見る

人気の記事

人気の記事をもっと見る