ヤバイTシャツ屋さん「どうぶつえんツアー」PR

ヤバイTシャツ屋さん

ヤバイTシャツ屋さん

期待を背負った型破りな一手

ヤバTに語彙力はいらない

──今までヤバTはメロコアやパンク色が強い曲が多かったと思うんですが、「ヤバみ」ではヘヴィロックに挑戦しています。

もりもと まずこの曲渡されたときに「こやまさん、攻めてきたな」と思いましたね。ヤバTってこれまで明るい曲調が多かったのに、メジャーで最初に出すシングルでこういう路線でいくんだって。

もりもりもと(Dr, Cho)

もりもりもと(Dr, Cho)

こやま こないだのアルバムでリードとして出したんが“パリピの曲”(「あつまれ!パーティーピーポー」)でポップス寄りやったんで、ちょっとヤバTのロックな一面も見せたいなっていうのがあったんですよ。イントロのフレーズが先にできてたんで、そこから展開していってこういう曲調になりました。最初のシングルやから、自由にできるなと思ったんで冒頭は英語の歌詞にしたし、ロック色が強く出るように仕上げました。最近常々思っていることを歌詞に盛り込んだのもこのタイミングだからこそできたことですね。

──最近思っていることというのは「『歌詞に意味がないと!』『説得力がない!』もうそんな時代じゃない理解できないものばっかり流行っていく」という部分ですか?

こやま そうそう。

もりもと 僕は流行り言葉とかあんまり好きじゃないので「“ヤバみ”ってなんだよ……」って最初は思ったんですよ。でも最終的にそういうメッセージを込めた歌詞を見たときに、この曲は珍しくちゃんと伝えたいことが歌詞に乗ってることに気付いて、サウンド作りに気合いが入りましたね。

──前回のツアーファイナルで披露されてましたけど、演奏が今までの曲よりも難しそうですよね。

しばた 自分たちでアレンジを考えたのに難しかったですね(笑)。私個人のプレイで言うと、ヤバイTシャツ屋さんで初めてスラップ奏法をしたのが楽しかったです。みんなにマネしてほしい感じのベースなので、ぜひコピーしてください。

──ラジオで初オンエアされたあとにSNSでの反応を見てみたら、聴いた人たちはみんなそろって「ヤバTのヤバみヤバい」みたいなことしか言ってなくて(笑)。

もりもと 毎回そうですよ。

しばた 全員語彙力がなくなっていくんですよね(笑)。まあヤバTに語彙力はいらないんで。

こやま アーティストになければお客さんにも語彙力がないっていうな(笑)。まあでもほんまにね、いいのできたと思います。

カップリングの聴きどころ

──カップリングの「寝んでもいける」は今までのヤバTテイストを持った1曲ですね。これはどういうきっかけがあって作っていったんですか?

こやま これは珍しく1年半くらい前からメモしてたネタで。僕、あんまり質のいい睡眠が取れてないんですよ。寝るのがド下手。作業をダラダラ続けちゃって朝になってたりとか、そういう無駄な時間が多いのでそれを歌にしてみようと思ってできた曲ですね。

もりもと 僕は最初これ聴いたとき、メロディとかコード進行がいかにもこやまさんの作るヤバTの曲っぽい曲だなと思いました。初心に帰った気持ちになりつつ、技術はそれなりに昔よりかは成長したと思うので、演奏はかなりがんばりましたね。サビの割り振りがこやまさんの中でうまくいかなかったのか、僕がなぜかサビの1発目とCメロを歌うことになってます。それも聴きどころっちゃ聴きどころかもしれないですね(笑)。

こやま そうやな。もりもとがガッツリ歌ってるのは珍しいから。

ヤバイTシャツ屋さん

ヤバイTシャツ屋さん

──「肩 have a good day」はフォーク調で、これもまたヤバTの新境地かなと思いますが。

こやま エレキギターを手放しました。

──この“肩幅が広い人”ってメンバーの誰かのことなんですか?

こやま メンバーじゃないです。群馬出身のおはぎさんっていう友達がいるんですけど、その人がめちゃめちゃ肩幅広くて。ほんまに僕の倍くらい肩幅があるんですよ。

しばた ホンットに広いんです。引くレベル。

もりもと 僕らがまだインディーズの頃、家に泊めてくれたり、飲みに連れて行ってくれたりした人なんですよ。この肩幅が広い人。

こやま ほんまにコンビニのドアとかにぶつかるんですよ。

しばた 締まりかけの自動ドアにな。前に一緒に竹下通りを歩いてみたんですけど、人にぶつかりまくってて、ほんまにこの人、人混みが向いてないんやなと思いました。

こやま この曲はその人のことを思って書いた曲ですね。

──皆さん、おはぎさんのことがお好きなんですね。

しばた なんやかんや好きですね(笑)。

──この曲、歌詞をあんまり追わずに聴くと“名曲感”がすごいですね。

こやま すんげえいい曲でしょ?

こやまたくや(G, Vo)

こやまたくや(G, Vo)

もりもと でもこの曲、歌詞ばっかり耳に入ってくるからね(笑)。

しばた 最後のほうとかちょっと深い気がしてきますよね。

こやま 「肩幅」の部分を「心」とかに変えればね(笑)。

もりもと 大サビを3人でユニゾンしてるのも“名曲感”を演出してるよな。

しばた そうそう(笑)。合唱してる感じがね。

こやま 3曲について話して思ったけどこのシングル、ボケが散らかりすぎだよな。

ヤバイTシャツ屋さん
「どうぶつえんツアー」
2017年4月5日発売 / UNIVERSAL SIGMA / BADASS
ヤバイTシャツ屋さん「どうぶつえんツアー」初回限定盤

初回限定盤 [CD+DVD]
1620円 / UMCK-9903

Amazon.co.jp

ヤバイTシャツ屋さん「どうぶつえんツアー」通常盤

通常盤 [CD]
1188円 / UMCK-5623

Amazon.co.jp

CD収録曲
  1. ヤバみ
  2. 寝んでもいける
  3. 肩 have a good day
  4. ヤバみ(岡崎体育 remix)
初回限定盤付属DVD
  • ヤバイTシャツ屋さんのどうぶつえんツアー