WANIMA「Gotta Go!!」PR

WANIMA

WANIMA

期待を背負った3人が届ける“お守りの歌”

auのCM「三太郎」シリーズの楽曲担当、10万通の応募が集まった埼玉・さいたまスーパーアリーナでのワンマンライブの成功、求人メディア「タウンワーク」のCM出演と、躍進を続けるWANIMA。そんな彼らが「この歌はお守りにしてほしい」という思いを込めたニューシングル「Gotta Go!!」を完成させた。音楽ナタリーでは3人へインタビューを実施し、新作についてはもちろん、大躍進の裏で抱える不安や、その中で生まれてきた責任感についても話してもらった。

取材・文 / 小林千絵
撮影 / 草場雄介

  • 885

    257

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
WANIMA「Gotta Go!!」
2017年5月17日発売 / unBORDE
WANIMA「Gotta Go!!」

[CD]
1296円 / WPCL-12663

Amazon.co.jp

収録曲
  1. CHARM
  2. ララバイ
  3. これだけは
WANIMA「JUICE UP!! TOUR FINAL」
2017年6月28日発売 / unBORDE
WANIMA「JUICE UP!! TOUR FINAL」

[Blu-ray Disc]
4860円 / WPXL-90160

Amazon.co.jp

WANIMA「JUICE UP!! TOUR FINAL」

[DVD2枚組]
4320円 / WPBL-90438~9

Amazon.co.jp

収録内容
  1. Hey Lady
  2. 雨あがり
  3. つづくもの
  4. Japanese Pride
  5. 1CHANCE
  6. エル
  7. 昨日の歌
  8. 夏の面影
  9. BIG UP
  10. 切手のないおくりもの
  11. SLOW
  12. 終わりのはじまり
  13. ともに
  14. リベンジ
  15. Hey yo...
  16. 1106
  17. オドルヨル
  18. いいから
  19. THANX
  20. For you
  • JUICE UP!! TOURドキュメンタリー映像

ライブ入場時のSEを一新

──新作のお話を伺う前に、前作「JUICE UP!!」リリース後のツアーについて聞かせてください(参照:WANIMA、ファンの歌声と“ともに”迎えた「JUICE UP!! TOUR」初日 / WANIMA、憧れRIP SLYMEと共に“WANIMAマニア”沸かせたZepp公演)。

KENTA(Vo, B) 初日の渋谷から、ファイナルのさいたまスーパーアリーナまで、あっという間でした!

──今回のツアーから入場時のSEが新しくなりましたね。

KENTA はい。「JUICE UP!!のテーマ」っていう曲を作りました。目標の1つだったんですよ、自分たちの曲で入場するっていうのが。最初は「お客さんは違和感あるかな……大丈夫かな……」と心配だったんですけど、ライブを重ねるたびにみんなが掛け声の部分を一緒に歌ってくれるようになっていって、イメージ通りですごくうれしかったです。

──私が伺った12月の東京公演ではすでに大合唱でした。

KENTA はい! ツアーファイナルの告知動画で「JUICE UP!!のテーマ」を使ったんです。そしたらSNSでみんなが耳コピで歌詞を聞き取って書いてくれてたんですけど、全然合ってなかったです(笑)。

──今回のツアーではアンコールでファンから募ったリクエスト曲を演奏していましたね。

KENTA みんな、本編でやってない曲を挙げてくれてうれしかったです。「みんな全曲知ってるんだ!」って。逆に僕らが歌詞を忘れちゃってるような曲もあるくらいでした(笑)。僕たちは「はじめましての人とどうやったら距離を縮められるか」っていうのをいつも意識してるんですけど、そういう意味ではリクエストを募ることでその日にしかできないやりとりもできてよかったですね。誕生日の人を聞いてみたり、KO-SHINが(リクエストをする人を)指名したり。できない曲はリクエストされても聞き流したり……。

KO-SHIN(G, Cho) はい。面白かったです。

さいたまスーパーアリーナでの初ワンマンライブ

──そしてツアーファイナルは、さいたまスーパーアリーナでのワンマンライブでした。率直にこの日の感想を聞かせてください(参照:WANIMA、たまアリで感激の初ワンマン「こんな景色を見せてくれてありがとう」)。

KENTA あっという間でした。やるって決まってからは「そこに集まったお客さんたちに何を伝えて、どう楽しませるか」っていうことを考えてて。今回はスタッフさんも増えたので、そういう人たちに「WANIMAはこういうことを伝えたいんです」って話して、作戦を練りながらさいたまのファイナルへ向けていきました。ライブハウスのキャパでやるのと、2万人のキャパでやるのって全然違いますから。1人ひとりに歌うっていうことは一緒なんですけど、ステージも大きさも違うし、お客さんからの見え方も違うので。

──「伝えたいこと」というのはなんだったんですか?

KENTA 「とにかく元気になってもらいたい」ということです。ライブの日ってそれが記念日になるくらい、みんなが楽しみにしている日だと思うんですよ。だからその1日を大切にしたくて、気合いを入れました。

FUJI(Dr, Cho) さいたまスーパーアリーナでやるっていうことよりも、初めてのワンマンっていうことにけっこう緊張しました。正直ライブ中のことはあんまり覚えてないんです。でもこのさいたまスーパーアリーナでのライブを特別なものにしたくはなくって……というのも、さいたまスーパーアリーナでやることが目標ということではなかったんで。あくまでも過程の1つとして馴れ合いにならないように自分に言い聞かせて取り組みました。

──いつも通り長渕剛さんのモノマネコーナーもありましたしね。

FUJI あれは気持ちよかったですね! でもそろそろ怒られるんじゃないかと日々ドキドキしてます。リスペクトでやっています。大好きです。

──そろそろご本人の耳に入るかもしれないですし、お会いできるかもしれませんね。

KENTA お会いしたいです! 長渕さんとツーマンライブをすることは僕らの目標の1つなんです。ライブも筋トレも一緒にやりたい。

KENTA(Vo, B)

KENTA(Vo, B)

──KO-SHINさんはワンマンライブを振り返っていかがですか?

KO-SHIN あっという間でした。緊張していたのか、時間が過ぎるのが本当に早かった。今思い返そうとしてもあんまり鮮明には覚えてないです。敬礼!

──ワンマンはまたやりたいですか?

KO-SHIN はい。

KENTA もちろん! またみんなで集まって「いろいろあるけどみんなで“ともに”がんばっていこうよ」って確かめ合えるようなそんな1日を作りたいです。

次のページ »
この歌をお守りに