V.A.「T. Rex Tribute ~Sitting Next To You~ presented by Rama Amoeba」PR

アキマツネオ(Rama Amoeba、マルコシアス・バンプ)、ROY(THE BAWDIES)

T. Rexトリビュートアルバム特集

2人が語る、ロックンロールとマーク・ボラン愛

T. Rexのトリビュートアルバム「T. Rex Tribute ~Sitting Next To You~ presented by Rama Amoeba」が9月13日にリリースされる。

1970年代前半のイギリスで巻き起こったグラムロックムーブメントの中心的なバンドT. Rex。本作はバンドのリーダーであったマーク・ボラン(Vo, G)の生誕70年を記念して、アキマツネオ(Rama Amoeba、マルコシアス・バンプ)プロデュースにより制作された。アルバムにはROY(THE BAWDIES)、オカモトショウ(OKAMOTO'S)、廣瀬“HEESEY”洋一(THE YELLOW MONKEY)、菅原卓郎(9mm Parabellum Bullet)、シシド・カフカ、村越“HARRY”弘明、志磨遼平(ドレスコーズ)、越川和磨(THE STARBEMS)、加藤ひさし(THE COLLECTORS)、橋本愛奈(チャオ ベッラ チンクエッティ)、日高央(THE STARBEMS)、吉井和哉(THE YELLOW MONKEY)といった豪華なアーティストたちが参加しており、「Get It On」「20th Century Boy」などの代表曲のほか、ボランとデヴィッド・ボウイによる幻のコラボ曲「Sitting Next To You」のカバーも収録される。またアキマが監修したT. Rexのベストアルバム「BEST OF T.REXXXXXXX」も9月13日に同時発売される。

このトリビュートアルバムの発売を記念して、音楽ナタリーではアキマとROYの対談を企画。ROYがボーカルを担当した「Get It On」の制作のエピソードや、T. Rexの魅力について語ってもらった。

取材・文 / 森朋之
撮影 / 草場雄介

V.A.「T. Rex Tribute ~Sitting Next To You~ presented by Rama Amoeba」
2017年9月13日発売 / Victor Entertainment
V.A.「T. Rex Tribute ~Sitting Next To You~ presented by Rama Amoeba」<

[CD]
3000円 / VICL-64822

Amazon.co.jp

収録曲 / 参加アーティスト
  1. Get It On / ROY(THE BAWDIES)
  2. Celebrate Summer / オカモトショウ(OKAMOTO'S)
  3. Light Of Love / アキマツネオ feat. 廣瀬“HEESEY”洋一(THE YELLOW MONKEY)
  4. 20th Century Boy / 菅原卓郎(9mm Parabellum Bullet)
  5. Metal Guru / シシド・カフカ
  6. The Slider / 村越 “HARRY” 弘明
  7. Dreamy Lady / 志磨遼平(ドレスコーズ) feat. 越川和磨(THE STARBEMS)
  8. Midsummer Night's Scene / 加藤ひさし(The Collectors)
  9. Life's A Gas / アキマツネオ&橋本愛奈(Ciao Bella Cinquetti)
  10. The Soul Of My Suit / 日高央(THE STARBEMS)
  11. The Prettiest Star / 吉井和哉(THE YELLOW MONKEY)
  12. Sitting Next To You / アキマツネオ&吉井和哉(THE YELLOW MONKEY)
「CROSSBEAT presents『CHILDREN OF THE REVOLUTION~ロックが僕達にもたらしたもの~』」
2017年9月13日発売 / シンコーミュージック・エンタテイメント
V.A.「T. Rex Tribute ~Sitting Next To You~ presented by Rama Amoeba」

[書籍] 1620円

Amazon.co.jp

T. Rexのトリビュートアルバム「T. Rex Tribute ~Sitting Next To You~ presented by Rama Amoeba」をプロデュースしたアキマツネオと、本作に参加したアーティストによる“ロック対談集”。

登場アーティスト

吉井和哉(THE YELLOW MONKEY) /廣瀬“HEESEY”洋一(THE YELLOW MONKEY) /加藤ひさし(THE COLLECTORS) / シシド・カフカ / ROY(THE BAWDIES) /日高央(THE STARBEMS) /菅原卓郎(9mm Parabellum Bullet) / オカモトショウ(OKAMOTO'S) / 越川和磨(THE STARBEMS)

T. Rex「BEST OF T. REXXXXXXX」
2017年9月13日発売 / Victor Entertainment
V.A.「T. Rex Tribute ~Sitting Next To You~ presented by Rama Amoeba」

[CD]
2916円/ VICP-65470

Amazon.co.jp

収録曲
  1. Solid Gold Easy Action
  2. Metal Guru
  3. Telegram Sam
  4. The Slider
  5. Chariot Choogle
  6. Cadilac
  7. Children Of The Revolution
  8. Mad Donna
  9. Left Hand Luke And The Beggar Boys
  10. 20th Century Boy
  11. The Groover
  12. Truck On(Tyke)
  13. Venus Loon
  14. Teenage Dream
  15. Light Of Love
  16. Zip Gun Boogie
  17. Jupiter Liar
  18. Dawn Storm
  19. London Boys
  20. Universe
  21. Dandy In The Underworld
  22. Celebrate Summer

アキマさんの前で歌うのは、マーク・ボランの前で歌うのとほとんど同じ

──「T. Rex Tribute ~Sitting Next To You~ presented by Rama Amoeba」でROYさんは「Get It On」のボーカルを担当しています。T. Rexのもっとも有名な楽曲ですが、この曲を歌うことになったときはどう思いました?

左からアキマツネオ(Rama Amoeba、マルコシアス・バンプ)、ROY(THE BAWDIES)。

左からアキマツネオ(Rama Amoeba、マルコシアス・バンプ)、ROY(THE BAWDIES)。

ROY(THE BAWDIES) めちゃくちゃプレッシャーでしたね(笑)。アキマさんがプロデュースするT. Rexのトリビュートに参加するだけでもすごいことなのに、しかも「Get It On」ですから。「え、俺ですか?」っていう。

アキマツネオ(Rama Amoeba、マルコシアス・バンプ) 「Get It On」は誰もやりたがらないから、歳下のROYに頼みました(笑)。あと独特のスタイルを持っていて、振り切れてるボーカリストに歌ってほしかったんだよね。「ROYが『Get It On』を歌えばカッコいいんじゃないか?」と思って。実際すごくよかったしね。

──まさにROYさんらしいボーカルですよね。ソウルミュージック直系のスタイルで。

アキマ そうそう。それが「Get It On」に似合っていて。マーク・ボランはブラックミュージックが好きだったし、「Get It On」を黒人のラッパーがカバーしたバージョンもありますからね。

ROY ソウル的な解釈ですよね。原曲に寄せることも考えたんだけど、「俺に話が来たということは、いつも通りにやってほしいということかな」と思って。

アキマ そうだよ。ボランに寄せてくれなんて、まったく考えてない。

左からアキマツネオ(Rama Amoeba、マルコシアス・バンプ)、ROY(THE BAWDIES)。

左からアキマツネオ(Rama Amoeba、マルコシアス・バンプ)、ROY(THE BAWDIES)。

ROY 僕は不器用なので、寄せようと思っても寄せられないんですけどね(笑)。なのでいつも通り、自分のスタイルでバーン!と歌いました。レコーディングは緊張しましたけどね、最初。アキマさんの前で歌うということは、マーク・ボランの前で歌うのとほとんど同じと言うか……。

アキマ (笑)。

ROY 「これでいいのかな?」と思ってたんだけど、ウオーミングアップで歌ってる段階からアキマさんがノッてくれてたから「あ、大丈夫なんだな」と。

Rama Amoebaの演奏、原曲そのままだ

──アキマさんがアレンジしたサウンドも素晴らしいですよね。特にギターの音がすごくて。

ROY そうなんですよ。このテイクをTHE BAWDIESのメンバーと一緒に聴いたときも、曲が始まった瞬間にいい意味で笑っちゃったんです。「すげえ、原曲そのままだ」「この音、出せるんだね」って。

アキマ バックトラックは俺がやってるRama Amoebaが担当したんだけど、「Get It On」をカバーするのはプレッシャーでしたね。シンプルな曲だからこそ、本家と同じグルーヴを出しづらいので。

──なるほど。

アキマツネオ(Rama Amoeba、マルコシアス・バンプ)

アキマツネオ(Rama Amoeba、マルコシアス・バンプ)

アキマ バックトラックと違って、ボーカルレコーディングはすごくスムーズでしたね。ROYもそうだし、今回参加してくれたボーカリストはみんな自分らしく歌ってくれて。今回ね、どのボーカリストもほんのわずかな時間で録り終えたんですよ。

ROY しっかり準備してきたんでしょうね。素晴らしいボーカリストばかりですけど、アキマさんに誘われてT. Rexのトリビュートに参加するって、すごいことですから。

アキマ 確かに準備はしてくれてたみたいだね。それぞれが「自分がこの曲を歌う意味はなんだろう」と考えてくれたと言うか。それはすごくうれしかったです。

ROY 僕もほかの収録曲を聴いていてドキドキしました。皆さんがどんな感じで歌ってるかも気になったし。

アキマ そうだよね。

ROY しっかり自分のスタイルを持っていて、やっぱり素晴らしいシンガーばかりだなって。その中にちょっとボランの要素を入れている方もいて、それも楽しかったし。でも、一番強く感じたのはアキマさんのボランに対する愛情ですね。参加している方もボランに愛情を注いでいるんだけど、アキマさんの愛情は深さが全然違うなって。

アキマ まあねえ(笑)。今回のレコーディングは俺が一番楽しかったと思うよ。レコーディングで一番嫌なのは、ボーカルを入れるときなんですよ。ギターにこだわって、バックトラックがいい感じでできても、ボーカルの体調によって仕上がりが変わってくるし。ROYもそうだし、参加してくれたみんなががんばってくれてうれしかったです。