そらる「夢見るたまごの育て方」PR

そらる

そらる

一緒に育ってきたものを音楽に

そらるが新作ミニアルバム「夢見るたまごの育て方」をリリースした。

「ゲーム」をテーマに制作された今作には、みきとP、buzzG、はるまきごはん、ナユタン星人といった豪華な作家陣による提供曲と、そらる自身が作詞作曲を手がけた書き下ろし曲「僕のヒーロー」が収録されている。今回のインタビューでは、After the Rainとしての活動が充実化している中での彼自身のソロ活動に対するスタンスや、自身のライブ史上最大級の会場規模となる神奈川・横浜アリーナでの単独公演への思いなどを語ってもらった。

取材・文 / 倉嶌孝彦
ヘッダーイラスト / くまお♀

そらる「夢見るたまごの育て方」
2017年11月8日発売
そらる「夢見るたまごの育て方」

通常盤 [CD]
1620円

アニメイト限定セット [CD+グッズ]
2160円

収録曲
  1. グッドナイトフォール
    [作詞・作曲:はるまきごはん]
  2. セーブフロムインベーダー
    [作詞・作曲:ナユタン星人]
  3. 染色
    [作詞・作曲:buzzG]
  4. 音のカイブツ
    [作詞・作曲:ピノキオピー]
  5. ねえ、レイン
    [作詞・作曲・編曲:Neru & z'5]
  6. 時間は記憶を忘れない
    [作詞・作曲:黒魔]
  7. FirePit
    [作詞・作曲:みきとP]
  8. 僕のヒーロー
    [作詞・作曲:そらる]

動画がどんどん身近になっている

──今年に入ってから、そらるさんが出演するライブの規模感がどんどん大きくなっていますね。

自分だけではなくて、共演している人や活動で関わっている人たちもCDの売り上げが好調だったり、ライブの動員が増えたりしているみたいです。インターネット出身のシンガー、アーティストが注目を集めてる傾向にあると思います。

──なぜ今、皆さんが注目を集めているのでしょうか?

横のつながりかなと思ってます。それぞれのアーティストごとにファンが付いているわけですけど、最近僕らは大きいイベントで共演したり、一緒に動画投稿をしたり、活動がつながってきている部分があって。それでファンの方々が一緒に出ているアーティストにも興味を持ってくれてるのかなと。あとは5月の「ひきこもりたちでもフェスがしたい!」ってイベントが大きかった気がします。

──まふまふさんの主催イベントですね(参照:まふまふ、仲間しかいない主催イベントで1万8千人熱狂)。

ああいう大きなライブを成功させることができると、大きな盛り上がりの波を作れるんじゃないかな、と思いました。

──今年は初音ミクが発売から10周年を迎えたこともあり、ニコニコ動画をはじめとした動画共有サイトが改めて注目された年だったと思います。

“歌い手”と呼ばれる人たちに限らず、YouTuberだったり、ゲーム実況者だったり、動画や配信に関わる人たちが注目されていて、動画を観るという行為がどんどん身近になっていると思っています。僕自身がやってることは今も昔もあまり変わってないので、周りが変わってきた結果だと思っています。

ジャケットの卵を温めて

──今作「夢見るたまごの育て方」は、ゲームをテーマにした作品だと伺いました。なぜゲームをテーマに?

単純に自分の好きなテーマでCDやライブを作りたいって思いが強くて。ライブツアーに合わせてCDを制作するって決まったとき、子供の頃からずっと好きなゲームがテーマだったら、自分が曲を作るときに書きたいものが書けるんじゃないかって思ったんです。あと今回もいろんな作家さんに書き下ろしをお願いしたんですが、きっと作家の皆さんにも心に残っているゲームがあるはずで。好きなものをテーマにしたら、きっといい曲を書いてもらえるんじゃないかと思ったのもあります。

──そらるさんの心に残ってるゲームはなんですか?

もともと僕がゲーム好きになったのは、小さい頃に母親が「ドラゴンクエスト」をプレイしていたからなんです。その頃はまだ自分自身はゲームをプレイしていなかったんですが、寝る前に母親が「ドラクエ」のストーリーを話してくれたりして。ドラクエは今もすごく好きなゲームのうちの1つです。

──そらるさんにとってゲームはどういう存在ですか?

言ってしまえば趣味の1つなんですけど、趣味って結局は楽しんだもの勝ちだと思うんです。限られた時間の中で楽しい時間を作ってくれる存在だし、僕にとっては子供の頃から離れずに一緒に育ってきたような存在でもあります。そういう思いもあって、ジャケットには卵が描かれていて。

──少年が卵を温めているイラストですよね。

そらる「夢見るたまごの育て方」ジャケット(イラスト:くまお♀)

そらる「夢見るたまごの育て方」ジャケット(イラスト:くまお♀)

で、実はジャケットが卵で、ツアーのビジュアルが鳥になってるんです。

──よく見ると、描かれている少年も少し大人になってますね。

そう。成長しているんです。一緒に育ってきたものと、今でも一緒に世界を旅している、というコンセプトのイラストになっています。