デーモン閣下

熱狂的“信者”を迎えて放つ5年ぶりのソロ作

「今だから歌えることはないかな」という意識が頭の隅にあった

──歌詞の中にも、現代社会を反映した内容が見受けられます。「Post Truth -青空が殺気立つ- 」では「客観的な事実や真実が重視されない状況」を意味する、イギリスの政治を表した言葉「Post-truth」がタイトルに使われていて、まさに今のトピックですよね。

まあ、その言葉は強引にねじ込んだんだけどな(笑)。すべての曲がそうである必要はないが、アルバムの中に1曲か2曲は、その時期でないと作れないものを入れたくて。それは今回に限らずいつも考えていることだ。魔暦14年(2012年)年発表の「MYTHOLOGY」というアルバムはちょうど東日本大震災が起こった頃に制作していたから、歌詞の世界もかなりそちらに引っ張られていて。魔暦4年(2002年)のアルバム「SYMPHONIA」には「Viva America」という曲が入っているのだが、それは明らかにアメリカでの同時多発テロとその後の世界情勢を鑑みての作品作りであったな。

──「Post-truth」も去年を象徴するワードですからね。

「今だからこそ歌えることはないかな」という意識が頭の隅にあったんだろうな。しかも「Post-truth」は今後もしばらく世界的な規模で影響を与える現象だから。

デーモン閣下

デーモン閣下

──確かに。そう言えば閣下はコンサートのMCも時事ネタが多いですよね。

うむ(笑)。コンサートはその場限りのものだし、そのときじゃないとやれないことをやろうと思っているので。歌詞のことで言えば今回は新しい作り方も試しているんだ。曲を聴いていると映像が観える、ドラマが感じられるような歌詞を書いてみようと思って。

──それは何か理由があったんですか?

吾輩はもともとテーマや「こういう歌詞を書いてほしい」という縛りがないと、なかなか歌詞が完成しない作詞家なのだ。なんでもいいから好きなように書こうとすると、1曲に対していろいろな方向性の叩き台ができてしまって「どれでも成立するんだが、さてどうしよう?」と試行錯誤してしまうことが多くて。アニメや映画のテーマソングのように「このストーリーに沿って歌詞を作ってください」と言われたらスラスラ書けるので、だったら今回は事前に物語を考えてみようと。「ゴールはみえた」「Shibuya Scrambled Crossing」はまさにそういう方法で書いた歌詞だな。

──閣下ご自身のエピソードではなく、架空のストーリーなんですね。

もちろん。「Shibuya Scrambled Crossing」は「田舎から出て来た青年が東京のデカさを知る」という物語だが、吾輩にはそんな経験はないし(笑)。そのような書き方はあまりやったことがなかったから、吾輩にとっても新鮮だったな。長い年月の間にいろいろな曲を書いてきたが、特に聖飢魔IIにおいては、社会性の強い歌詞、世の中を風刺するような歌詞、本当に起こった出来事を違った視点から切るような歌詞が多くて。もちろんそれが得意だからやっていたわけだが、おしなべていうとエッセイ的な歌詞だったと言える。今回はエッセイではなく、小説を書くようなアプローチだったということだな。

「そうきたか!」という驚きがあった

──今回のアルバムには芥川賞作家の羽田圭介さん、コラムニストのブルボン小林さん、「テラフォーマーズ」の原作者・貴家悠さんが歌詞を提供しています。すごいラインナップですよね。

そうだね。非常に面白かったよ(笑)。こちらからは何も言わず好きなように歌詞を書いてもらったんだが、まさに三者三様。それぞれアプローチが違っていて。

──中でも、もっともインパクトを感じたのは貴家さんが手がけた「地球へ道づれ!」の「人が生まれてきたのは単にセックスの結果であって、親に感謝する必要はない。ここは地獄だ。生きる意味など求めるな」という歌詞なんですが、すごいですね、これ。

すごいよね(笑)。これが送られてきたときは「本当に歌詞を書くのは初めてなの?」と思ったくらいだから。これにどういう曲を付けたらいいか?というのはかなり考えたけどね。メロディに起承転結を付けて、この歌詞が一番伝わるようにしたかったから。

デーモン閣下

デーモン閣下

──そしてブルボン小林さんが歌詞を書いた「方舟の名はNoir」は、閣下が曲を作り歌うことを“ノアの箱舟”にリンクさせた内容ですね。

これも「そうきたか!」という驚きがあったな。これまで吾輩がやってきたことを外から客観的に見ているような内容だから、自分ではなかなか書けない歌詞だなと。しかも、ちゃんと吾輩が歌わないと成立しない曲になっているのも素晴らしい。「10万年生きてきて」という歌詞に該当するミュージシャンはほかにいないから(笑)。聖飢魔IIの元構成員以外では。

デーモン閣下「EXISTENCE」
魔暦19年(2017年)3月15日リリース / アリオラジャパン
「EXISTENCE」初回限定盤
初回限定盤 [CD+DVD]
4104円 / BVCL-785~6
「EXISTENCE」通常盤
通常盤 [CD]
3240円 / BVCL-787
収録内容
CD収録曲
  1. 深山幻想記 序曲
  2. ゴールはみえた
  3. Forest Of Rocks
  4. Just Being -ここにいる そこにいる-
  5. Shibuya Scrambled Crossing
  6. 地球へ道づれ!
  7. てふのやうにまひ
  8. 方舟の名はNoir
  9. 深山幻想記 -能Rock-
  10. Post Truth -青空が殺気立つ-
  11. Stolen Face
  12. Heavy Metal Strikes Back -血まみれの救世主(メサイア)たち-
初回限定盤DVD収録内容
  • 「ゴールはみえた」Music Video
  • H.E. Demon Kakka's Commentary