angela「全力☆Summer!」PR

angela

angela

疾走する全力直球の“アホ”ソング

7月5日、angelaが26枚目となるシングル「全力☆Summer!」を発売する。この夏放送のギャグアニメ「アホガール」の主題歌となる表題曲「全力☆Summer!」は、近年続いたシリアスなシングル曲とは打って変わって、コミカルなサウンドと変幻自在の展開が印象的なアッパーチューン。カップリングには、メンバーのKATSUが「ゴッテゴテ」と表現するほど本格的な音頭となる「あんぢぇら音頭」を収録する。

この、夏らしさ満載のシングルのリリースを記念して、音楽ナタリーではangelaのatsukoとKATSUにインタビューを実施。シングルの制作秘話に加え、先日Blu-ray / DVD化が発表されたangela初の東京・日本武道館ライブ「angelaのミュージック・ワンダー★特大サーカスin日本武道館~僕等は目指したShangri-La~」についても振り返ってもらった。

取材・文 / はるのおと

angela「全力☆Summer!」
2017年7月5日発売 / KING RECORDS
angela「全力☆Summer!」初回限定盤

初回限定盤 [CD+Blu-ray]
1944円 / KICM-91781

Amazon.co.jp

angela「全力☆Summer!」アニメ盤

アニメ盤 [CD]
1296円 / KICM-1782

Amazon.co.jp

初回限定盤CD収録曲
  1. 全力☆Summer!
  2. あんぢぇら音頭
  3. 全力☆Summer!(off vocal version)
  4. あんぢぇら音頭(off vocal version)
初回限定盤Blu-ray収録内容
  • 「全力☆Summer!」Music Clip
アニメ盤CD収録曲
  1. 全力☆Summer!
  2. あんぢぇら音頭
  3. 全力☆Summer! TV Size
  4. 全力☆Summer!(off vocal version)
  5. あんぢぇら音頭(off vocal version)
angela「angelaのミュージック・ワンダー★特大サーカスin日本武道館~僕等は目指したShangri-La~」
2017年8月30日発売 / KING RECORDS
angela「angelaのミュージック・ワンダー★特大サーカスin日本武道館~僕等は目指したShangri-La~」Blu-ray盤

Blu-ray [Blu-ray Disc2枚組+CD]
8100円 / KIZX-316~8

Amazon.co.jp

angela「angelaのミュージック・ワンダー★特大サーカスin日本武道館~僕等は目指したShangri-La~」DVD盤

DVD [DVD3枚組+CD]
8100円 / KIZB-254~7

Amazon.co.jp

「武道館でマラソンしちゃまずいですよね?」

──3カ月経った今、武道館ライブを振り返ってどんなライブだったと感じますか?

atsuko(Vo) 実にangelaらしいライブだったと思います。普通、武道館初ライブだと「皆さんのおかげでここまで来られました」的なお涙ちょうだいのライブになることが多いんでしょうけど。

KATSU(G, Key) リハーサルを繰り返しているうちにatsukoが「これは真面目にやったらいかんぞ」と言い始めたんです。angelaが真面目にやると、お客さんもそういうモードになってしまう。それはangelaっぽくないから、どうすればいいか……そんなことを考えて挑んだライブでした。

angela

angela

atsuko 私たちらしくするなら、やっぱり笑いや茶番が必要だろうと思いまして。例えばライブ本編後にアンコールで「重大発表!」「主題歌決定!」みたいなテロップが出てドーンと新発表というのはありがちじゃないですか。私たちもやっていますけど(笑)。

KATSU そもそも僕らが毎年年末にやっている「大サーカス」というライブシリーズには必要なものが3つあって、感動と驚きと笑いなんですよね。だから「特大サーカス」と銘打った今回は、まず「武道館で何をやったらダメなのか」を話し合いました。するとプロデューサーの中西(豪)さんが「マラソンしちゃまずいですよね?」と言い出して。それなら僕らを新宿アルタ前(angelaがかつて路上ライブを行っていた場所)から武道館まで導いてくれた中西さんが走るしかないな、と(笑)。それで「中西さんには走って新発表のタイアップ情報を持ってきてもらおう」「ライブ本編は某24時間番組風の構成にしよう」となりました。

──その演出のバカバカしさと、タイアップ先がギャグマンガをアニメ化した「アホガール」という点がマッチしていてすごく笑いました。

atsuko 「蒼穹のファフナー」とかじゃなくてね。

KATSU 確かに「ファフナー」だとあの演出はできない! しかも新情報が発表されたのがangelaではなく、ドメスティック♥ラヴバンド(angelaの後輩バンド)の出番だし(笑)。今回はとにかく、リハーサルから面白かったです。

atsuko 「なんで私たち、初の武道館なのに皿回しの練習しているんだろう」とかね。お互いに歌とかギターへのダメ出しではなく、「KATSUさん、皿を落とすときはもっと手際よく」なんて言って。

KATSU 皿回しって意外と難しいんですよ。本番前にも「大丈夫、大丈夫!」って励まされて……なんで俺、初武道館前に皿回しで励まされていたんだろう。

「もう1回やらにゃいかんな」

──それだけ演出に凝ることができたのは、やはり音楽面で自信があったからなのでしょうか。

atsuko いや、それはそれで心配だったんですけど(笑)。スクリーンに歌詞が出る曲もいくつかあったので、歌詞を間違えたらバレちゃう。「絶対に間違えられない」と思うと間違えそうな気がしてくるし、すごいプレッシャーでした。

KATSU 武道館はangelaにとって目標の場所だったので、ライブを発表してからずっと緊張していたしね。楽曲で言うと新曲もいくつかあったし、すごく考えて詰め込んで4時間以上やっても「僕じゃない」(テレビアニメ「革命機ヴァルヴレイヴ」エンディングテーマ)とか、あとは「アスラクライン」系の曲も1曲もできなかった。「もう1回やらにゃいかんな」という感じです。

──次に武道館や、同じ規模の会場でライブをするなら、どんな内容にしたいですか?

KATSU angelaはきちんとしたライブと、大サーカスみたいなエンタテインメントに寄せたライブを交互にやっていきたいので、次はライブ寄りでやりたいですね。全部が主題歌、みたいなライブになるかな。

atsuko 私たち、なぜか芸人さん寄りになってしまうことがあるし、アーティストっぽくやりたいね。

KATSU リハーサルに「台詞を覚える」ってくだりがあるのがそもそもおかしいよ。

──(笑)。angelaのライブと言えばMCも聞きどころです。武道館ライブでは合計すると1時間近くしゃべっていましたよね。

atsuko 確認したら1時間以上しゃべっていました(笑)。自分でも無駄話が多いのはわかっているんですが、それによって緊張を解きほぐしている部分もあるんですよ。だからあとで映像を観ると「MC長い!」と思って全部カットしたいくらいです。でも先日Twitterでファンに聞いたところ、ディスクにはノーカットで収録してほしいという声ばかりでした。「その日のライブを全部ひっくるめた映像が欲しい」という人が多くて……今まで私の独断でMCをカットしていてすみませんでした!