「ビクターロック祭り」過去最多20組が幕張メッセ盛り上げる

2017年3月20日 15:56 630 マイナタリーで開く

3月18日に千葉・幕張メッセ国際展示場でビクターエンタテインメント主催のロックフェス「ビクターロック祭り2017」が開催された。

サカナクション(Photo by Rui Hashimoto[SOUND SHOOTER])

サカナクション(Photo by Rui Hashimoto[SOUND SHOOTER])

画像を見る(20件)

ばってん少女隊(Photo by Rui Hashimoto[SOUND SHOOTER])

ばってん少女隊(Photo by Rui Hashimoto[SOUND SHOOTER])

過去最多の20アーティストが出演し、約1万2000人の観客が集まった4年目の「ビクターロック祭り」。このフェスへの出演権をかけたオーディション「Eggs Presents『ワン!チャン!!~ビクターロック祭り2017への挑戦~』」でグランプリを獲得したkobore、SILYUS、そして昨年のオーディションで準グランプリのAUSTINES(ex. kiki)によるROAR STAGEでのライブパフォーマンスを経て、本公演のトップバッターとしてBARK STAGEにばってん少女隊が登場した。彼女たちは高速スカチューン「よかよかダンス」「おっしょい!」を続けて披露し、短時間で会場の温度を一気に引き上げた。

夜の本気ダンス(Photo by Rui Hashimoto[SOUND SHOOTER])

夜の本気ダンス(Photo by Rui Hashimoto[SOUND SHOOTER])

ROAR STAGEのオープニングアクトを務めたのは、テレビアニメ「けものフレンズ」の声優陣によるユニット・どうぶつビスケッツ×PPP。彼女たちが「大空ドリーマー」、「ようこそジャパリパークへ」とアニメの楽曲を元気いっぱいに披露すると、フロアにはサイリウムやさまざまなバンドのグッズタオルが揺れた。続いてBARK STAGEに現れたのは「ビクターロック祭り」初出演となる夜の本気ダンス。「みんなおはよう! 朝やけど、夜の本気ダンス! 踊れる準備はできてますか!」という鈴鹿秋斗(Dr)の叫びから「WHERE?」や「Crazy Dancer」が届けられ、フロアの観客を大いに踊らせていく。最後は米田貴紀(Vo, G)の煽りによって、オーディエンスが座り込んでハイジャンプする場面も見られた。ROAR STAGEのADAM atは軽妙なMCからサンバのリズムにつなぎ「MONOLITH」を演奏。「五右衛門」にてメンバーのソロプレイで観客を引き付けると、カラフルなサウンドの「ToT」でライブを締めくくった。

Cocco(Photo by Rui Hashimoto[SOUND SHOOTER])

Cocco(Photo by Rui Hashimoto[SOUND SHOOTER])

Coccoはヒット曲「強く儚い者たち」でライブをスタートさせ、「カウントダウン」「樹海の糸」「Raining」など、MCを挟まずに次々と楽曲を披露する。ラストには最新アルバム「アダンバレエ」収録の「有終の美」で雄大な歌声を響かせ、「ありがとう」と深々と頭を下げ、手を振りながらステージから去った。雨のパレードは「Tokyo」「Change your mind」「1969」と続けて演奏し、オーディエンスを高揚させていく。ラストナンバー「new place」では、フロアいっぱいの観客が手を挙げ体を揺らしていた。

KEYTALK(Photo by Rui Hashimoto[SOUND SHOOTER])

KEYTALK(Photo by Rui Hashimoto[SOUND SHOOTER])

「MONSTER DANCE」でファンを踊らせたKEYTALKは、「Summer Venus」「PASSION」とアッパーチューンを連発。法被姿のダンサーと「MATSURI BAYASHI」をパフォーマンスしたり、自らが“三代目ニッパー大使”であることから、ビクターエンタテインメントのマスコット犬・ニッパーを呼び込んだりと、最後までオーディエンスを楽しませた。四星球は「ロックはほかのバンドに任せて、僕らは祭りを担当しますから」という北島康雄(Vo)の宣言通り、モリス(Dr)がダンボール製のサーフボードに乗ってフロアからステージへ運ばれたり、“ビクターのそこそこ偉い人”として登場したレーベルスタッフをサーフボードに乗せてフロアへと送り込んだりと、計3曲のパフォーマンスの中でフロアに笑いを起こしていた。

キュウソネコカミ(Photo by Rui Hashimoto[SOUND SHOOTER])

キュウソネコカミ(Photo by Rui Hashimoto[SOUND SHOOTER])

キュウソネコカミは1曲目「邪邪邪VSジャスティス」で切れ味鋭いサウンドを披露。「DQNなりたい、40代で死にたい」ではヤマサキセイヤ(Vo, G)がいつものようにオーディエンスの頭上を歩きながら、「お前らが観に来てくれる限り、50になっても60になっても70になっても、このパフォーマンスをやってもええか!?」と絶叫し、フロアを熱い空気で満たした。「Kiss me Kill me tonight」で爆音を響かせたXmas Eileenは、「また『ビクターロック祭り』でみんなに会いたいんで、明日からがんばります!」と意気込み、新曲「99.9」でフロア一面にタオルの渦を巻き起こした。

Dragon Ash(Photo by Rui Hashimoto[SOUND SHOOTER])

Dragon Ash(Photo by Rui Hashimoto[SOUND SHOOTER])

「Mix It Up」で幕を開けたDragon Ashのステージでは、Kj(Vo, G)の「飛び跳ねろ!」という声によってフロアが大いに揺れる。「光りの街」で叙情的なメロディを響かせたバンドは、KenKen(B)のスラップから突入した「The Live」でひときわヘビーなサウンドで会場を包む。ラストの「Fantasista」では場内にシンガロングが巻き起こっていた。

KREVA(Photo by Rui Hashimoto[SOUND SHOOTER])

KREVA(Photo by Rui Hashimoto[SOUND SHOOTER])

休憩を挟み、BARK STAGEに現れたKREVAは、「Na Na Na」「嘘と煩悩」でオーディエンスと共に合唱して一体感を生み出していく。「ここからは協力しなくて大丈夫。俺のスキルを味わってください」とクールに呼びかけた彼は、巧みなラップでオーディエンスを魅了していた。never young beachは「みんな元気? 楽しみにしてた? 『ビクターロック祭り』、はじめまして! よろしく!」という安部勇磨(Vo, G)のゆるい挨拶から、「あまり行かない喫茶店で」「どんな感じ?」でゆったりとしたアンサンブルを聴かせていく。「明るい未来」で躍動感あるプレイを見せた5人は、最後にドライブ感あふれるロックンロールナンバー「お別れの歌」を届けた。

レキシ(Photo by Rui Hashimoto[SOUND SHOOTER])

レキシ(Photo by Rui Hashimoto[SOUND SHOOTER])

レキシは「1曲目から稲穂を振るんですよ!」とオーディエンスに呼びかけ、「狩りから稲作へ」でライブを開始。「KMTR645」ではヤマサキセイヤ(キュウソネコカミ)をゲストに呼び込み、マイペースな掛け合いでフロアに笑いを起こす。最後には4月26日に発売されるニューシングル「KATOKU」のカップリング用に、その場で「きらきら武士」を録音。彼はほかのアーティストの楽曲を歌唱しそうになりながらも、無事に同曲を歌い上げた。アコースティックギター1本でステージに現れた竹原ピストルは「みんな~、やってるか!」でフロアから手拍子が起こると、「僕のライブで自然発生的に手拍子が起こるなんて、4年に1回あるかないかなのでうれしいです」と笑みをこぼす。全9曲を届けたあと、彼は「僕みたいな名もなき旅芸人をメジャーデビューさせてくれたビクターさんへ」と自作のポエム「のろし」を朗読し、ステージを降りた。

DJダイノジ(Photo by Yosuke Kamiyama[SOUND SHOOTER])

DJダイノジ(Photo by Yosuke Kamiyama[SOUND SHOOTER])

BARK STAGEのトリを担当したサカナクションは、横1列に並んで機材を操作しながら「SORATO」を披露。オーディエンスが体を揺らした「ミュージック」を経て、山口一郎(Vo, G)の「みんな、まだまだ踊れる?」という問いかけから「夜の踊り子」が披露された。「アイデンティティ」「多分、風。」が続けて演奏されたのち、サカナクションは「新宝島」でライブ本編を締めくくった。アンコールで山口は「サカナクションは、今年でなんと10周年。4年、アルバムを出していないんです。今年はビクターからの圧力も強くなって(笑)、アルバムをリリースしようと思います。必ずいいアルバム作って『ビクターロック祭り』にも戻って来るので、一緒に音楽で遊びましょう!」とコメント。ライブはさわやかな「さよならはエモーション」でエンディングを迎えた。ROAR STAGEのクロージングアクトはDJダイノジ。彼らはゲストのてんぷらDJアゲまさ a.k.a. 小野武正(KEYTALK)と共に、最後までオーディエンスを盛り上げた。

なおこの日の模様は、4月29日(土・祝)21:00からBSスカパー!で放送される。

BSスカパー!「ビクターロック祭り~2017~」

2017年4月29日(土・祝)21:00~24:00

この記事の画像(全20枚)

さらに読み込む

特集記事ピックアップ PR

特集記事をもっと見る

最新ニュース

最新ニュースをもっと見る

人気の画像

人気の画像をもっと見る

人気の記事

人気の記事をもっと見る