宮藤官九郎

宮藤官九郎

クドウカンクロウ

1970年7月19日、宮城県生まれ。1991年より大人計画に参加し、「真夜中の弥次さん喜多さん」「少年メリケンサック」「中学生円山」「TOO YOUNG TO DIE! 若くして死ぬ」といった作品の監督を務めるほか、多くの脚本、演出などを手がける。ドラマでは「池袋ウエストゲートパーク」「うぬぼれ刑事」「11人もいる!」「あまちゃん」「ゆとりですがなにか」などの脚本を担当。俳優としての出演作も「ゲゲゲの女房」「バクマン。」ほか多数。1995年に結成したパンクコントバンド・グループ魂ではギタリストを務め、作詞作曲も担当している。

(C) PIA

関連記事

関連記事をもっと見る

特集記事 PR

商品情報

関連商品をもっと見る

フィルモグラフィ

フィルモグラフィをもっと見る

ライブレポート

ライブレポート一覧