「警部補 矢部謙三~人工頭脳VS人工頭毛~」池田鉄洋インタビュー

矢部と秋葉の“BL関係?”に波乱!! 3代目相棒が語る「トリック」愛

「トリック」シリーズ全作品解説も!

矢部と秋葉の関係は、生瀬さんと自分のドキュメンタリーみたい

──聞けば、生瀬さんとの出会いは、現場で「寒いね」と聞かれ、「寒いですね」と返したら「フツーだな」と言われたところから始まったそうですね?

そうなんです。「全然、面白くない」と(笑)。尊敬すべき先輩からそう言われ「ええっ!?」っと戸惑ったのが、最初で。ある意味、矢部と秋葉の関係にも近い。ドキュメンタリーなんじゃないかと思っています。常に、私が生瀬さんを見ているように、秋葉も矢部の動向を気にかけていて。

池田鉄洋

池田鉄洋

──ちなみに、先日別件で生瀬さんにインタビューさせていただきまして。池田さんについて「現場では、相当いじり倒してます。『もっと可能性あるんじゃないの?』って、真顔で言う(笑)。そういう存在がいたほうが、今後の彼のためになると思うんです」と。

そのコメントからしていじりが入ってますね(笑)。さすがは師匠。でも、ありがたい言葉だなと感動していたら、しっぺ返しがくるんで気を引き締めないと。越えられない山と言いますか。基本、褒められたことがないですからね。あるとき、「お前、マンガみたいな面白い顔してるな」と言われたことが、本当にうれしかったくらい。残念ながら、褒められたのはビジュアルだったので、いつかお芝居を褒めてもらいたいです(笑)。

──本作での生瀬さんの矢部ぶりは、いかがでしたか?

これまで以上にギラギラされていました。生瀬さんは「矢部謙三はこんなものじゃない」と、常に上を見ていらっしゃるので、より面白く、より一層、突き抜けていましたね。ですから、私もそこに必死でついていく。先ほどは「褒められたい」と言いましたが、褒められなくてもいいんです。きっと、お互いに「褒められたらヤバいぞ」と思ってるハズ。生瀬さんも「変に馴れ合わず、どんどん上目指すぞ」とおっしゃると思います。

池田鉄洋

池田鉄洋

矢部と秋葉のボーイズラブは誰も求めていないと思う(笑)

──「揺るぎないと思われていた2人にある異変が……!?」と謳われていますが、どんな物語になるのでしょう?

奈緒子と上田のほのかな恋愛が発展しそうなときがあるじゃないですか? あれと同じで矢部と秋葉はボーイズラブだと思うんですよ。誰も求めていないと思うんですけど(笑)。「矢部謙三」シリーズでは、秋葉が矢部にそうした思いを寄せている。繰り返し言いますが、誰も求めていないと思うんですけど! それが本作では、ゲストで登場する(袴田吉彦演じる)ディープ・マナブに対して、秋葉が明らかに恋心を……的なシーンもあったりなかったり。矢部も知っているくせに、知らんぷりをしてみたり。そこが見どころ……!?になってくると思いますね(笑)。

「警部補 矢部謙三~人工頭脳(ZUNOU)VS人工頭毛(ZUMOU)~」より、左からディープ・マナブ(袴田吉彦)、矢部謙三(生瀬勝久)、秋葉原人(池田鉄洋)。

「警部補 矢部謙三~人工頭脳(ZUNOU)VS人工頭毛(ZUMOU)~」より、左からディープ・マナブ(袴田吉彦)、矢部謙三(生瀬勝久)、秋葉原人(池田鉄洋)。

──いわゆる推理小説で言う「嵐の山荘もの」。矢部の“神(髪)がかり”的な活躍にも期待したいです。

出ている自分が言うのもなんですが、本当にストーリーが面白いんですよ。コンピュータを駆使するディープ・マナブ VS. 直感と偶然の矢部という対決の構図も面白いですし。先ほども言いました、BL要素も。ともあれ、これまでの役者人生でほぼほぼ演じたことのない、恋のジェラシーを覚えるような役を、私の役者スキルを総動員して演じていますので、ぜひそのへんも楽しみにお待ちください!(笑)

ドラマ「警部補 矢部謙三~人工頭脳(ZUNOU)VS人工頭毛(ZUMOU)~」
ドラマ「警部補 矢部謙三~人工頭脳(ZUNOU)VS人工頭毛(ZUMOU)~」
2017年3月7日(火)23:23(みんなフサフサ)
auビデオパス・テレ朝動画にて配信開始(全5話)
※以降、毎週火曜に1話ずつ更新
解説

「トリック」シリーズに登場するキャラクター、矢部謙三を主人公としたドラマ「警部補 矢部謙三」シリーズの新作。天才科学者ディープ・マナブが、自ら開発した人工知能ゴッド・アイ・ジョーを使って、日本警察が手も足も出せない殺人犯・闇の行司を捕まえると宣言した。それを知った警視総監は引くに引けなくなり、責任を押し付けるべく刑事・矢部を殺人事件の専任捜査員に任命。闇の行司の目撃情報があった温泉地へ意気揚々と向かう矢部と彼の部下・秋葉原人は、そこでディープ・マナブと壮絶な頭脳戦(頭毛戦)を繰り広げることとなる。

スタッフ / キャスト
  • 脚本:福田卓郎
  • 音楽:辻陽(※辻は一点しんにょうが正式表記)
  • 演出:木村ひさし
  • 出演:生瀬勝久、池田鉄洋、袴田吉彦、大高洋夫、内田慈、森岡豊、上遠野太洸、山地まり、コビヤマ洋一、中村祐志、佐戸井けん太、大和田伸也
「トリック」シリーズ全作品ビデオパスで見放題配信中
配信作品一覧
<テレビシリーズ>
  • 「TRICK」
  • 「TRICK2」
  • 「木曜ドラマTRICK」
  • 「警部補 矢部謙三」
  • 「警部補 矢部謙三2」
<スペシャルテレビドラマ>
  • 「TRICK新作スペシャル」
  • 「TRICK新作スペシャル2」
  • 「TRICK新作スペシャル3」
<劇場映画>
  • 「トリック劇場版」
  • 「トリック劇場版2」
  • 「劇場版TRICK 霊能力者バトルロイヤル」
  • 「トリック劇場版 ラストステージ」
「警部補 矢部謙三 ~人口頭脳(ZUNOU)VS人口頭毛(ZUMOU)~」はビデオパス限定で見放題独占配信
auビデオパスとは

「ビデオパス」は映画(洋画・邦画)やドラマ、アニメなどさまざまなジャンルの映像作品を視聴できる、auスマートフォン向けの動画配信サービス。最新のレンタル作品や月額562円(税抜)の見放題プランに加え、会員登録不要の無料作品もご用意。見放題プランは、毎月もらえる「ビデオコイン」を使って追加料金なしで毎月1本の最新作品を視聴でき、初回登録時には30日間無料でお試し視聴できる。

プロフィール

池田鉄洋(イケダテツヒロ)

1970年10月31日生まれ。東京都出身。舞台、テレビドラマ、映画、CMなどで幅広く活躍。テレビドラマ「医龍~Team Medical Dragon~」シリーズや、コントを中心としたバラエティ番組「サラリーマンNEO」で注目を集める。2011年、「行け!男子高校演劇部」で初めて映画の脚本を手がけた。また所属劇団・猫のホテル内でコントユニットの表現・さわやかを立ち上げ、劇作家、演出家としても活躍している。2016年には「舞台版 こちら葛飾区亀有公園前派出所」や、阿佐ヶ谷スパイダース「はたらくおとこ」に出演したほか、舞台「パタリロ!」の脚本を担当(2018年春には第2弾が上演予定)。出演舞台「東京2/3」が、2017年5月10日から14日まで東京・サンシャイン劇場で上演される。