auスマートパスPR

「奥田民生になりたいボーイと出会う男すべて狂わせるガール」妻夫木聡×水原希子×新井浩文×大根仁インタビュー

「奥田民生になりたいボーイと出会う男すべて狂わせるガール」妻夫木聡×水原希子×新井浩文×大根仁インタビュー

恋の喜びと地獄を描く抱腹絶倒ラブコメの舞台裏

渋谷直角のマンガを「モテキ」「バクマン。」の大根仁が映画化した「奥田民生になりたいボーイと出会う男すべて狂わせるガール」が、9月16日より公開される。本作で描かれるのは、“力まないカッコいい大人”奥田民生に憧れる雑誌編集者・コーロキが味わう恋の喜びと地獄。コーロキを妻夫木聡、魔性のヒロイン・あかりを水原希子が演じたほか、新井浩文、安藤サクラ、リリー・フランキー、松尾スズキらがキャストに名を連ねた。

映画ナタリーでは、妻夫木、水原、新井、大根による座談会をセッティング。映画の舞台裏や、“奥田民生になりたいボーイ”を自認する妻夫木の奥田への思い、“狂わせガール”あかりを体現した水原の熱演、大人の男の条件などについて語ってもらった。また音楽ナタリーでは、本作を彩る奥田の楽曲が収められたコンピレーション盤「奥田民生になりたいボーイに贈るプレイリスト」の特集を展開中。あわせてチェックしてみよう。

取材・文 / 平野彰、浅見みなほ
撮影 / 入江達也

「奥田民生になりたいボーイと出会う男すべて狂わせるガール」
2017年9月16日(土)より全国ロードショー
「奥田民生になりたいボーイと出会う男すべて狂わせるガール」
ストーリー

ライフスタイル誌「マレ」の編集部に異動してきた33歳の編集者、コーロキ。編集長・木下ら同僚たちのおしゃれで高度な会話になじめず戸惑う中、彼はレディースファッションブランドの美人プレス・天海あかりと出会い一目惚れする。仕事により一層力を入れ、デートにも必死になるが、身勝手なライターや魔性の女・あかりの自由奔放な言動に振り回されるコーロキ。奥田民生のような“力まないカッコいい大人”を目指しながらも空回りを続け、いつしか彼は心身ともにボロボロになっていく……。

スタッフ / キャスト

監督・脚本:大根仁
原作:渋谷直角「奥田民生になりたいボーイ 出会う男すべて狂わせるガール 完全版」(扶桑社刊)
キャスト:妻夫木聡、水原希子、新井浩文、安藤サクラ、リリー・フランキー、天海祐希、松尾スズキ

「奥田民生になりたいボーイに贈るプレイリスト」
2017年9月13日発売 / Ki/oon Music
「奥田民生になりたいボーイに贈るプレイリスト」

[CD]
2916円 / KSCL-2967

Amazon.co.jp

収録曲
  1. 息子
  2. 愛のために
  3. 674
  4. ハネムーン
  5. 海へと(LIVE SONGS OF THE YEARS バージョン)
  6. 近未来
  7. スカイウォーカー
  8. ギブミークッキー
  9. チューイチューイトレイン
  10. 花になる
  11. マシマロ
  12. The STANDARD
  13. 御免ライダー
  14. 月を超えろ
  15. CUSTOM(JPNバージョン)
  • 音楽ナタリー「奥田民生になりたいボーイに贈るプレイリスト」山内総一郎(フジファブリック)インタビュー

キャラクター紹介

コーロキ(妻夫木聡)
奥田民生をこよなく愛し、人生の指針とするうだつの上がらない雑誌編集者。仕事をきっかけに出会ったあかりに一目惚れする。
天海あかり(水原希子)
レディースファッションブランド「GOFFIN&KING」のプレス。男を狂わせる超絶美人で、コーロキを翻弄する。
吉住(新井浩文)
ライフスタイル誌「マレ」の編集部員。後輩のコーロキにあかりを紹介する。
美上ゆう(安藤サクラ)
「マレ」で連載をしている人気コラムニスト。情緒不安定で原稿の上がりが死ぬほど遅く、コーロキをさんざん振り回す。
倖田シュウ(リリー・フランキー)
コーロキが仕事を依頼する、フリーのファッションライター。自分勝手な行動を取りコーロキを悩ませる。
木下(松尾スズキ)
「マレ」の編集長。コーロキの仕事を優しくフォローしつつ、ときに厳しい言葉も投げかける。

妻夫木聡 × 水原希子  × 新井浩文 × 大根仁 インタビュー

過ぎ去っていったひと夏の恋みたいな映画(妻夫木)

──妻夫木さんと水原さんは初共演で、大根監督とお仕事をされるのも初めてです。大根組に参加してみた感想はいかがですか?

妻夫木聡 「お前本当にやる気あんのか?」と思われるかもしれないですけど、“楽しかった”ですね(笑)。その一言に尽きます。恋をしているような気持ちになれたというか。現場に行くのがすごく楽しみだったし、撮影が終わったあとはちょっと寂しくて。過ぎ去っていったひと夏の恋みたいな、そういう映画だったんです(笑)。

妻夫木聡

妻夫木聡

水原希子 私も本当に毎日が楽しかったし、時間の流れが緩やかに感じられました。例えば撮影が押してもみんな変に焦らないというか、大人の余裕があって。全員が楽しんで映画を作っている現場でした。

──監督としては、妻夫木さんと水原さんと初めて組んでみていかがでしたか?

大根仁 2人の相性がとてもよかったので、非常にやりやすかったです。こちらが求めた以上の演技を返してくれましたしね。

──新井さんは「モテキ」「バクマン。」でも大根組に参加されていますね。今回、妻夫木さんと水原さんに「大根組ってこんな感じだよ」とお話をされたりはしましたか?

新井浩文 特に話さなかったですけど、(大根が)「人として最低だよ」とは言ったかもしれないです。

一同 (笑)

水原希子

水原希子

新井 それはちゃんと伝えておかないと、みんな誤解しちゃう。いい人だと思っちゃうから。今度ほかの女優さんをヒロインに迎えて作品を撮ったら、希子ちゃんのこと忘れちゃって「えっと、水原……誰だっけ?」とか言うんでしょ?(笑)

大根 「あのお尻のいい子、誰だっけな」みたいな。

水原 絶対言わないでくださいよね、そんなこと(笑)。

──妻夫木さんは、役作りについては監督からほぼお任せされていたそうですね。

妻夫木 マガジンハウスさんにお邪魔して編集者の方のお仕事を見学させてもらったり、お話を聞いたりしました。あ、それと広島に行きましたね。民生さんの足跡を探るために(笑)。

大根 正直、俺は引きましたけどね。怖い(笑)。

──妻夫木さんご自身が“奥田民生になりたいボーイ”だそうですが、ユニコーン時代からのファンなんでしょうか。

妻夫木 本当に好きになったのはソロになってからですね。ユニコーンも好きでしたけど、バンドが解散したときメンバーがソロでどういう曲をやるのかって楽しみじゃないですか。BOφWYをやめたあとの氷室(京介)さんだと「氷室さんらしいな」と感じたし、布袋(寅泰)さんは「こういう方向で来たか」と思いました。民生さんはどうなるのかなと思ったら、ストレートな歌詞で思いっきりジャパニーズロックをやってきて、それがすごくすがすがしかった。ギュッと心をつかまれたんですよね。ファッションにしても、ユニコーンのときはいかにもバンドマンっぽかったのが、ソロになってからはジーパンにTシャツ、古着みたいなノリで。「これでいいんだよ」みたいなところがいい。あと、民生さんの肩ひじ張らない生き方も好きです。

大根 民生大好き、雑誌育ち(※妻夫木は高校時代に読者モデルとして人気を博していた)ってことで、コーロキのベーシックな部分はもう最初からできてましたから。だから余計な味付けをする必要はなくて、俺は“狂わせガール”のほうに力を注いだんです。

大人になるとは、オリジナルの何かを作り上げること(大根)

──コーロキは奥田民生さんの生き方に憧れていて、“力まないカッコいい大人”という理想を追いかけているわけですが、皆さんが思う“大人の男”の条件ってなんでしょう?

妻夫木 大人の男の条件がわからないから、みんな映画を作ったり雑誌を作ったり音楽を作ったりしてるんじゃないですか? 民生さんに聞いても「わかんないよそんなの」って言うと思うし、民生さん自身が自分のことを大人だと思ってないかもしれない。求める理想というのは人それぞれじゃないですかね。僕は民生さんみたいな人が好きだけど、民生さんにはなれないし。まあ、本音で生きてる人がカッコいいとは思いますね。そういう意味では僕らもみんな本音で生きてますけど。

「奥田民生になりたいボーイと出会う男すべて狂わせるガール」

「奥田民生になりたいボーイと出会う男すべて狂わせるガール」

──監督はどう思われますか?

大根 いや、今ね、希子ちゃんともし付き合うことになったら、どういう店に連れて行けばいいんだろうなって考えてた。

妻夫木 全然関係ないこと考えてるじゃないですか(笑)。

新井 何これ、本当にもう(笑)。じゃあ大根さんが大人と思う人って具体的に誰なんですか? リリー(・フランキー)さんとか?

大根 アレはなあ。

大根仁

大根仁

新井 “アレ”って! “アレ”は駄目でしょ!(笑)

大根 面白い先輩ではあるけど、ああなりたいかっていうとね(笑)。でも人類が誕生して以来、男はみんな理想にたどり着けないまま死んでいったんじゃないですかね。年齢的にこの中で一番死に近いのは俺だけど、何も片付かないまま人生が終わっていくんだろうなって感じてる。みんなそうなのかもしれないけど。

──明確な大人の男のロールモデルみたいなものは、特にないと。

大根 職業的に憧れる人はいますけどね。結局はオリジナルの何かを作り上げることが「大人になる」ってことなんじゃないかな。そういう質問だったっけ。……やっぱ、希子ちゃんと行くなら寿司かな(笑)。

関連特集
  • 奥田民生インタビュー 音楽ナタリーにて公開中“いい感じ”を詰め込んだ「サボテンミュージアム」
  • 奥田民生 King of OTee 「E」
  • スマートパスプレミアム
  • スマートパス
  • ビデオパス
  • auチューズデイ