ビデオパスPR

「シン・ゴジラ」配信記念特集 高見沢俊彦、ゴジラシリーズへの愛を語る

「シン・ゴジラ」配信記念特集

高見沢俊彦、ゴジラシリーズへの愛を語る

庵野秀明が総監督と脚本、樋口真嗣が監督と特技監督を担当した「シン・ゴジラ」が、auの動画配信サービス・ビデオパスで配信されている。東宝製作のゴジラシリーズの29本目にあたる本作。2016年の国内邦画興行収入ランキング2位を記録し、第40回日本アカデミー賞では最優秀作品賞、最優秀監督賞など最多7部門に輝いた。

映画ナタリーでは、本作の特集を3回にわたって展開する。第3弾では、ゴジラシリーズを観続けているTHE ALFEEの高見沢俊彦にインタビューを実施。劇場上映時に何度も鑑賞したという「シン・ゴジラ」の感想や、旧作への思いなどを語ってもらった。

取材・文 / 秋葉萌実

  • 408

    318

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
「シン・ゴジラ」
2017年3月22日(水)配信開始
「シン・ゴジラ」
解説
ストーリー

東京湾アクアトンネルを走行中の車輌が、突然の浸水に巻き込まれる原因不明の事故が発生。首相官邸では閣僚たちによる緊急会議が開かれ「原因は地震や海底火山」という意見が多数を占める中、内閣官房副長官・矢口蘭堂だけが海中に棲む巨大生物による可能性を指摘する。その直後、海上に巨大不明生物の姿が露わになった。政府関係者が情報収集に追われる中、謎の巨大生物は船舶や橋梁を破壊しながら、呑川を遡上していく。環境省自然環境局野生生物課長補佐の尾頭ヒロミは、上陸の可能性を指摘するが、官邸側は記者会見を開きそれを否定。だがそのとき、巨大生物は蒲田に上陸し、建造物を次々と破壊しながら街を進んでいた。この事態を受けて、政府は緊急対策本部を設置し自衛隊に防衛出動命令を発動。米国国務省からは女性エージェントのカヨコ・アン・パタースンが派遣される。

スタッフ

総監督・脚本:庵野秀明
監督・特技監督:樋口真嗣

キャスト

長谷川博己、竹野内豊、石原さとみ、高良健吾、大杉漣、柄本明、余貴美子、市川実日子、國村隼、平泉成、松尾諭ほか

「シン・ゴジラ」レンタル開始!
その他のゴジラ過去作は見放題!

配信作品
» ビデオパス:au公式:映画・ドラマ・アニメが見放題!
auビデオパスとは

「ビデオパス」は映画(洋画・邦画)やドラマ、アニメなどさまざまなジャンルの映像作品を視聴できる、auスマートフォン向けの動画配信サービス。最新のレンタル作品や月額562円(税抜)の見放題プランに加え、会員登録不要の無料作品もご用意。見放題プランは、毎月もらえる「ビデオコイン」を使って追加料金なしで毎月1本の最新作品を視聴でき、初回登録時には30日間無料でお試し視聴できる。

ゴジラシリーズは過去作すべて見放題。加入するともらえるビデオコインで最新作も追加料金なしで楽しめる!

観たあとにすぐ「もう一度観なきゃ!」という気持ちに

──高見沢さんは、「シン・ゴジラ」はどうご覧になりましたか。

僕はゴジラシリーズをすべて観てきましたが、「シン・ゴジラ」はまったく違うゴジラ映画だなと痛感しましたね。

「シン・ゴジラ」より。©2016 TOHO CO.,LTD.

「シン・ゴジラ」より。©2016 TOHO CO.,LTD.

──旧作と比べてどのような点が新しいと感じましたか?

今までゴジラ映画に出演された方が誰も出ていないというのがまず新鮮で。過去作とつながりもなく、新しい作品だと思いました。最初観たあとにすぐ「もう一度観なきゃ!」という気持ちにもなりましたよ。

──そうなんですね。何回くらいご覧になったんでしょうか。

数え切れません。最近まで観ていたからね(笑)。2桁くらいはいったんじゃないかなと思います。

──お気に入りのシーンがありましたら教えてください。

自分なりに面白いなと感じたのは、ヤシオリ作戦がうまくいったあとのシーンです。ハリウッド映画だとみんなウワーッ!と歓喜してハイタッチとかするけど、この映画では終わった瞬間に沈黙があって、隊員の人たちがみんな安堵のため息をついていたのがすごくリアルだし日本的だなと思いましたね。

「シン・ゴジラ」より。©2016 TOHO CO.,LTD.

「シン・ゴジラ」より。©2016 TOHO CO.,LTD.

──ほかにも好きなポイントはありますか?

最初に出てきたプレジャーボートの“グローリー丸”、あれは初代「ゴジラ」に出てきた栄光丸ですよね。そういうふうにいろんなところにオマージュがちりばめられているのも魅力的です。あとは架空の政治ドラマというか、会議で「絶対そんなことが起こるはずがない」と話していることが次々起きていくのも面白い。「そんなものはいない!」と言った瞬間にゴジラのしっぽがボーン!と出てくるし、首相が「上陸はありえません」と言ったばかりなのに上陸しちゃう(笑)。美しい場面もたくさんありましたね。例えばゴジラが熱線を吐くシーンでは、その前にアメリカの空軍に攻撃されますよね。そこで鷺巣詩郎さんの曲がかかったときは感情移入して、思わずじわっと泣けてきちゃいました。音楽とゴジラの痛々しい感じが、あまりにもマッチしていましたからね。

──劇場上映時に何度もご覧になったとのことですが、観るたびに印象は変わりました?

観るたびに発見がありましたね。「あれ、これはもしかして……」という描写がいろんなところにあって。“蒲田くん(ゴジラの第2形態)”が上陸したところに掲げられていた“ジャック&サリー ねこ病院”という看板は、最初は「こんな病院があるのかな?」と思っていたんですが、あれは総監督の庵野秀明さんが飼っている猫の名前なんですってね。あとは、政治用語が多いから一度耳にしただけではわからない部分がけっこうありました。泉修一が助かったときに「俺は金帰火来で助かったよ」と言っていて。「矢口も地元は大事にしとけよ」とも話していたので故郷のことなのかな?と思っていたら、政治家の先生が金曜日に地元に帰って陳情を聴いて火曜日に東京へ戻っていくということらしくて。これはさすがに知らなかった!

ゴジラは最強の存在でなくては

──ゴジラシリーズを観続けている高見沢さんにとって、今回のゴジラのビジュアルはどのように映りましたか?

「ゴジラVSデストロイア」の感じに近くてかなり好みです。ゴジラって怖くなきゃ駄目だし、最強の存在でなくてはいけない。あと金子修介監督の「ゴジラ・モスラ・キングギドラ/大怪獣総攻撃」の白目のゴジラも好きですね。バラゴンを容赦なくぶちのめすシーンとか、あれこそがゴジラだと感じていますから。「シン・ゴジラ」のゴジラもそれに近いですよね。感情がないし、どうしてこのゴジラが生まれてきたのかも謎なところがある。

──形態変化についてはどう思われましたか。

形態変化は、非常に興味深かったですね。皆さんもそうだと思うけど、最初は蒲田くんとゴジラが戦うのかな?と思いましたからね(笑)。目がまん丸で愛嬌のある表情にもやられちゃいましたよ。でも、そこからあの怖い第4形態に変化していくのは面白いですよね。

──どのゴジラが一番お気に入りですか?

やっぱり第4形態かな? もちろん今大人気の蒲田くんも好きですよ。そういえば僕はゴジラ・ストアの名誉店長なんですよ。店長自ら率先して買い続けるヘビーカスタマーですけどね(笑)。最近では「シン・ゴジラ」のこたつや財布にワッペン、スノードームも3つ買ったかな。新しい商品が出るとついポチッとしてしまいますね。やっぱりゴジラは子供の頃から一番思い入れの強いキャラクターですからね。

「シン・ゴジラ」より。©2016 TOHO CO.,LTD.

「シン・ゴジラ」より。©2016 TOHO CO.,LTD.