イマジカBS「総力特集 官能名画」放送記念特集

イマジカBS「総力特集 官能名画」放送記念特集

恋愛も性愛も映画で学べ!官能シネマ30選

映画チャンネル・イマジカBSでは、特集放送「総力特集 官能名画」を5月6日から26日にかけて実施する。耽美な映像、心を揺さぶるストーリー、体当たりで挑んだ俳優たちの名演……。エロスだけではない魅力にあふれた愛の世界を堪能してみては。映画ナタリーでは放送ラインナップの中から選りすぐりの作品を、イラストレーターや映画ライターが独自の視点で紹介。見どころを切り取った特別動画も要チェックだ。

イラスト / 松崎りえこ
文 / 折田千鶴子、前田かおり、よしひろまさみち
解説 / 金須晶子、小澤康平

  • 115

    26

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
イマジカBS「総力特集 官能名画」5月6日(土)~26日(金)特集サイトはこちら

女優2人の芸術的なラブシーンに目を奪われる、愛に満ちた1本

イラスト / 松崎りえこ

「アデル、ブルーは熱い色」のイラストエッセイ。(イラスト:松崎りえこ)
  • 「アデル、ブルーは熱い色」のイラストエッセイ。(イラスト:松崎りえこ)
  • 「アデル、ブルーは熱い色」のイラストエッセイ。(イラスト:松崎りえこ)
「アデル、ブルーは熱い色」(R-15指定版)より。
「アデル、ブルーは熱い色」(R-15指定版)
2013年 フランス
監督:アブデラティフ・ケシシュ
出演:アデル・エグザルコプロス、レア・セドゥ
平凡な女子高生アデルが青い髪の美大生エマに惹かれ、運命的な恋に落ちていくさまを激しく大胆な性愛描写とともに描き出す。リアリティを追求する過酷な撮影は、主演の2人が「監督の映画にはもう出たくない」と漏らしたほど。第66回カンヌ国際映画祭にて、カンヌ史上初めて監督とともに女優2人に対してもパルムドールが授与された。放送はR-15指定版。

今や大女優のあの人も、ひと肌ぬいで大きくなりました

文 / 前田かおり

女優ですもの、今は大御所だって、過去をさかのぼればヌードも辞さずの覚悟で熱演したエロい作品の1つや2つあって当然。中には、その作品をきっかけに飛躍を遂げた人も数知れない。というわけで、この3本。

「危険な情事」より。
「危険な情事」
1987年 アメリカ
監督:エイドリアン・ライン
出演:マイケル・ダグラス、グレン・クローズ
第60回アカデミー賞にて6部門にノミネートされたサスペンス。ニューヨークで弁護士として働くダンは、妻子と幸せな生活を送っていたが、あるパーティで知り合ったアレックスと肉体関係を結んでしまう。その後アレックスはダンに付きまとい始め……。一夜の遊びが招いた、ダンの恐怖体験が描かれる。

まず、グレン・クローズといえば、知的イメージが強くて、特に今はエロとは縁遠そうな(失礼……)大女優だが、1980年代、「危険な情事」で恐怖のストーカー女を演じて、世界中の男性たちをビビらせまくった。クローズが演じたのは、仕事もできて自立した女アレックス。そんな彼女が妻子ある男と出会う。男ははなから一夜限りの遊びのつもりだったが、クールでアグレッシブなアレックスは刺激的な女。期待通りの濃厚なセックスに、一度ならず二度三度……。演じているのが、自意識過剰のチョイ悪オヤジ(古くてゴメン)役が似合うマイケル・ダグラスだけに、深みにハマっていくのも説得力がある。監督は禁断のセックス指南を描いた「ナインハーフ」のエイドリアン・ライン。前半の甘く危険な匂いのするストーリーから、後半、すさまじいサイコホラーに転じる中、狂気をむき出しにしていくクローズの迫真の演技には、ただただ身震い。もう30年前の作品だが、今観ても「不倫なんてするもんじゃない!」という教訓は得られるハズ。

「硝子の塔」より。
「硝子の塔」
1993年 アメリカ
監督:フィリップ・ノイス
出演:シャロン・ストーン、ウィリアム・ボールドウィン
「氷の微笑」で知られるシャロン・ストーンと脚本家のジョー・エスターハスが再タッグを組んだサイコサスペンス。全室に隠しカメラが仕掛けられた異常なマンションを舞台に、編集者カーリーが連続殺人事件に巻き込まれていくさまを描く。ストーンのセクシーさあふれる体は一見の価値あり。

一方、59歳の現在もビキニ姿を披露するなど、元祖美魔女のシャロン・ストーン。彼女は1992年の「氷の微笑」で一躍ブレイクし、たちまちセックス・シンボルとしてもてはやされることになった。次ぐ「硝子の塔」も、そんな彼女の魅力炸裂のエロティックサスペンス。ただし、悪女演技は封印し、ニューヨークの高層マンションを舞台に連続殺人事件に巻き込まれる美人編集者という役どころを熱演している。越してきたマンションには全室隠しカメラがあり、何者かによってすべて監視されているという設定。若く妖艶なストーンがのぞかれるというワケで、これがエロくないハズがない。歳下男とのセックスにイケナイ、イケナイと思いながら溺れるシャロン・ストーン。悪女じゃない彼女が見られる珍品とも言える。

「マレーナ」より。
「マレーナ」
2000年 イタリア、アメリカ
監督:ジュゼッペ・トルナトーレ
出演:モニカ・ベルッチ、ジュゼッペ・スルファーロ
美しき人妻マレーナの悲運を、彼女に恋する12歳の少年レナートの視点で描いた青春映画。第2次世界大戦中のイタリア・シチリア島で暮らすマレーナは、男たちにとって女神のような存在であった。しかし夫の戦死を知り心に傷を負ったマレーナは、米軍の玩具となり、人生のどん底へと落ちていく。

そして、もう1人はイタリアの至宝とも言われる美人女優、モニカ・ベルッチの出世作「マレーナ」。第2次世界大戦時、シチリア島の漁村を舞台に1人の美しい人妻の悲劇が10代の少年の目を通して描かれる。少年にとっては初めて憧れた大人の女性だけに、ベルッチはため息が出るほど美しい。ハイヒールにドレスを着て歩く後ろ姿の艶めかしいこと。むしろ裸よりもエロい! 同じ女性として激しく嫉妬を覚えずにはいられないベルッチ。男性はもちろん、未見の女性にこそ、ぜひオススメしたい。

こちらもオススメ!

「ホット・スポット」より。
「ホット・スポット」
1990年 アメリカ
監督:デニス・ホッパー
出演:ドン・ジョンソン、ヴァージニア・マドセン
デニス・ホッパーが男女の三角関係を描いたフィルムノワール。テキサスの田舎町へとやって来たハリーは、中古車店の看板娘グロリアと恋に落ちるが、人妻ドリーが現れたことで不協和音が生じていく。グロリアを演じたのは、当時日本でアイドル的な人気を誇っていたジェニファー・コネリー。本作で初ヌードを披露し、注目を集めた。
「青い性」より。
「青い性」
1983年 フランス、西ドイツ
監督:デヴィッド・ハミルトン
出演:エマニュエル・ベアール、モニカ・ブレーク
海難事故に見舞われ、見知らぬ島へ流れ着いた10代の少女たちを軸にしたドラマ。劇中では、若き日のエマニュエル・ベアールが清らかな裸体を披露しているほか、美少女たちの肉体美がデヴィッド・ハミルトン独特の柔らかなタッチで捉えられている。白い砂浜をはじめとする幻想的な島の風景も見どころだ。
「プライベート・レッスン」より。
「プライベート・レッスン」
1981年 アメリカ
監督:アラン・マイヤーソン
出演:シルヴィア・クリステル、エリック・ブラウン
「エマニエル夫人」で一躍有名女優となったシルヴィア・クリステルが、15歳の少年に性の手ほどきをするメイドを演じた。男心を巧みにくすぐるクリステルの妖艶な演技は圧巻の一言。また、歳上の女性との甘酸っぱい経験を通して成長する少年の青春ストーリーでもある。稲垣吾郎主演で日米合作のリメイク版も作られた。

「美しき諍い女」© 1992 PIERRE GRISE PRODUCTIONS – FRANCE 3 FILMS PRODUCTION – A.D.A.C.P. - PARIS 「アデル、ブルーは熱い色」(R-15指定版)© 2013- WILD BUNCH - QUAT’ SOUS FILMS – FRANCE 2 CINEMA – SCOPE PICTURES – RTBF (Télévision belge) - VERTIGO FILMS 「危険な情事」© 2017 BY PARAMOUNT PICTURES CORPORATION. ALL RIGHTS RESERVED. 「硝子の塔」© 2017 Paramount Pictures. All rights reserved. 「マレーナ」© 2000 Medusa Film spa—Roma 「ホット・スポット」© 1990 ORION PICTURES CORPORATION. All Rights Reserved 「青い性」© 1983 T.FILMS / SARA FILMS / RIALTO FILMS 「プライベート・レッスン」© 1980 BARRY ENRIGHT PRODUCTIONS