ビデオパスPR

「君の名は。」配信記念特集

「君の名は。」配信記念特集

宮脇咲良、聖地巡礼と旧友・上白石萌音を語る

新海誠が監督を務め、興行収入250億円を突破した「君の名は。」が、auの動画配信サービス・ビデオパスで配信されている。同作は、新海が描き出す美しい風景やRADWIMPSによる主題歌と劇伴、神木隆之介や上白石萌音の熱演などが多くの人々に支持された。

映画ナタリーでは、本作の特集を3回にわたって展開。第2弾となる今回は、「君の名は。」ファンである宮脇咲良(HKT48 / AKB48)にインタビューを実施した。映画好きの彼女が夢中になり、初めて“聖地巡礼”に行ったという本作の魅力や、地元のミュージカルスクール時代からの友人・上白石より受けた刺激について語ってもらった。

取材・文 / 浅見みなほ
撮影 / 入江達也
ヘアメイク / 小宮山由貴

「君の名は。」
2017年7月26日(水)配信開始
「君の名は。」
ストーリー

1000年ぶりとなる彗星の来訪を1カ月後に控える日本。山深い田舎町に暮らす三葉は、町長である父の選挙活動や家系の神社の風習に縛られた生活にうんざりしていた。都会への憧れを強くしていく日々の中、三葉は自分が東京の男の子になる夢を見て、念願だった都会での生活を満喫する。一方、東京で生活する瀧は、山に囲まれた町で自分が女子高生になっている夢を見る。不思議な夢を繰り返し見る中で、記憶が抜け落ちていることに気付いた2人は、お互いが入れ替わっていることを理解する。残されたメモなどを通してケンカをしながらも入れ替わりを楽しみ、相手のことを気遣い始める三葉と瀧。そんな2人だったが、ある日を境に入れ替わりが発生しなくなり、連絡が取れなくなってしまう。瀧は三葉に会う決心をし、山奥の町を目指すが、そこには驚愕の事実が待ち構えていた……。

スタッフ

脚本・監督:新海誠
キャラクターデザイン:田中将賀
音楽:RADWIMPS

キャスト

立花瀧:神木隆之介
宮水三葉:上白石萌音
勅使河原克彦:成田凌
名取早耶香:悠木碧
藤井司:島﨑信長
高木真太:石川界人
宮水四葉:谷花音
奥寺ミキ:長澤まさみ
宮水一葉:市原悦子

初めての聖地巡礼

──宮脇さんは、もともと映画がお好きなんですよね。最近はどんな映画をご覧になりましたか?

「22年目の告白ー私が殺人犯ですー」のどんでん返しがヤバかったです! あと「昼顔」も面白かったですね。ドラマ版は観ていなかったんですが、ストーリー展開が楽しめました。

宮脇咲良

宮脇咲良

──どちらも本当に最近公開されたものばかりですね!(※この取材は6月中旬に行われた)

普段から、公開されるとすぐ観に行っちゃうんです(笑)。「君の名は。」も公開されてすぐに劇場で観ました!

──「君の名は。」は2016年8月26日に公開されましたが、宮脇さんは9月の頭に聖地巡礼に行った写真をSNSにアップされていましたね(参照:宮脇 咲良 (@39saku_chan) | Twitter)。

初めて聖地巡礼というものをやりました。東京の街並みが描かれていたので、本当にある場所なのかなと思って調べて、行ってみました。そのときから映画を観た人でにぎわっていてすごかったですね。

──それは、瀧と三葉が階段ですれ違うあの場面がお気に入りだったからでしょうか?

あのシーンがすごく好きでした。でも、実は前にもすれ違っていたっていう場面もすごく好きで、涙が出ました。映画を観ているときは、自分で結末を予想していたんですけど、あの展開が本当に面白くて。

「君の名は。」より。

「君の名は。」より。

──新海誠監督の過去作をご覧になったことはありますか?

普段からジャンルを決めないで邦画も洋画も観るようにしているんですけど、アニメはジブリやディズニーの作品しか観ていませんでした。詳しくない私にとって、アニメはちょっと敷居が高いと感じてしまうところがあって。でも「君の名は。」がきっかけで、「秒速5センチメートル」を観ました。作られてからけっこう時間が経った作品なのに画がきれいで、新海さんの目には、世界がこんなに美しく映っているのかな?って驚きましたね。

萌音ちゃんがいなかったら今の私はいないかも

──公開当時、「君の名は。」を観ようと思ったきっかけはなんだったのでしょうか?

私と同じ鹿児島出身の上白石萌音ちゃんが声優を務めると知って。昔からの友達なので、活躍している姿を見たかったのがきっかけです。

「君の名は。」より。

「君の名は。」より。

──上白石さんとはどうやってお知り合いに?

ミュージカルスクールが一緒で、小学校2年生の頃からの友達です。一緒にミュージカルをやっていたときは声の透明感がすごく素敵だなあって思っていて、この映画でもそういう部分が光っていました。でも、よく知っている人が役者さんとして映画に出ているのではなく、声優として出演しているのは不思議な感覚でした。絵の奥に萌音ちゃんが浮かんでくる感じで。

──三葉役の上白石さんは、中に瀧という男の子が入っている状態の、男口調の演技もされていましたよね。

それを観て、すごく大変だなって思いました。実写だったら自分の表情で男らしさを出すこともできると思うんですけど、萌音ちゃんは声だけで入れ替わったっていうことを見せなくちゃいけないので。瀧くん役の神木隆之介さんも、本当に女の子が入ったような口調で、“乙女”でしたよね。

「君の名は。」より。

「君の名は。」より。

──同い歳で同郷の上白石さんの活躍を見て、刺激を受けることはありますか?

宮脇咲良

宮脇咲良

萌音ちゃんが「東宝シンデレラオーディション」で(審査員)特別賞に選ばれて、改めて一緒にレッスンを受けたときに、すごく自信がみなぎった姿がカッコいいなあって思ったんです。私はまだ芸能界を目指す決意もしていなかったんですけど、萌音ちゃんがいろんな番組に出て活躍している姿を観たことで、私も同じ世界に行ってみたいと思うようになりました。同い歳でこんなにがんばっているのを見て、私もがんばれるかもしれないって勇気をもらえたんです。萌音ちゃんがいなかったら今の私がいないかもっていうくらい、本当に刺激を受けているなあって思います。女優とアイドル、活動している場所は違いますけど、最近は歌番組でも共演する機会があったので、負けないようにがんばりたいと思います。

──「FNS歌謡祭」のときは、2ショット写真をSNSに上げていましたね(参照:宮脇 咲良 (@39saku_chan) | Twitter)。

そうなんです! お互い、普段は出ない鹿児島の方言が出てしまって(笑)。それで昔を思い出したというか、懐かしいなと思いましたね。

auビデオパスとは

「ビデオパス」は映画(洋画・邦画)やドラマ、アニメなどさまざまなジャンルの映像作品を視聴できる、auスマートフォン向けの動画配信サービス。最新のレンタル作品や月額562円(税抜)の見放題プランに加え、会員登録不要の無料作品もご用意。見放題プランは、毎月もらえる「ビデオコイン」を使って追加料金なしで毎月1本の最新作品を視聴でき、初回登録時には30日間無料でお試し視聴できる。