映画ナタリー Power Push - 桜井日奈子×前野朋哉が語る「ひるね姫 ~知らないワタシの物語~」

桜井日奈子×前野朋哉が語る
「ひるね姫 ~知らないワタシの物語~」

一歩踏み出す勇気が自分の世界を変える

神山健治が監督を務めるオリジナル劇場長編アニメーション「ひるね姫 ~知らないワタシの物語~」が3月18日に封切られる。舞台は東京オリンピックの3日前。ごく普通の女子高生・森川ココネが、自身の過去につながる大きな事件に巻き込まれていく姿を、岡山の美しい自然や夢の国の幻想的な風景とともに描き出す。主人公ココネの声を高畑充希が演じ、その脇を満島真之介、古田新太、高橋英樹、江口洋介らが固める。

映画ナタリーでは、物語の舞台の1つである岡山県出身の桜井日奈子と、同県出身で本作のキャラクターの1人・雉田を演じた前野朋哉の対談をセッティング。作品の感想を中心に、岡山弁や岡山の魅力についてもたっぷりと語ってもらった。なお神山と、「花とアリス殺人事件」で劇場アニメーションを監督した岩井俊二の対談も後日公開予定だ。

取材・文 / 伊東弘剛
撮影 / 佐藤友昭
ヘアメイク(桜井日奈子):MAKI(P-cott)
スタイリング(桜井日奈子):阿井真理

  • 211

    81

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
「ひるね姫 ~知らないワタシの物語~」
3月18日(土)全国ロードショー
「ひるね姫 ~知らないワタシの物語~」
解説
ストーリー

岡山県倉敷市で父親のモモタローと2人で暮らしている平凡な女子高生・森川ココネ。眠ることが得意なココネは、最近ハートランドという機械作りの国のお姫様エンシェンの夢ばかり見ていた。そんな中、2020年の東京オリンピックを3日後に控える夏の日、突然モモタローが警察に逮捕され、東京に連行されてしまう。父親が悪事を働いたとは思えないココネは、次々と浮かび上がる謎を解決するため、幼なじみのモリオを連れて、東京に向かうことを決意。モリオとともにサイドカー付きのバイク・ハーツに乗り込んだココネは、いつも見ている夢の中に、事態を解決する鍵があることに気付き……。

スタッフ
  • 原作・脚本・監督:神山健治
  • キャラクター原案:森川聡子
  • 作画監督:佐々木敦子、黄瀬和哉
  • 演出:堀元宣、河野利幸
  • 音楽:下村陽子
  • 主題歌:森川ココネ「デイ・ドリーム・ビリーバー」(ワーナーミュージック・ジャパン)
キャスト
  • 森川ココネ / エンシェン:高畑充希
  • 佐渡モリオ:満島真之介
  • 渡辺一郎 / べワン:古田新太
  • ジョイ:釘宮理恵
  • 佐渡 / ウッキー:高木渉
  • 雉田 / タキージ:前野朋哉
  • 森川イクミ:清水理沙
  • 志島一心 / ハートランド王:高橋英樹
  • 森川モモタロー / ピーチ:江口洋介
「ひるね姫 ~知らないワタシの物語~」特集
» 桜井日奈子×前野朋哉
» 神山健治×岩井俊二

前野朋哉さんには好印象しかない!(桜井)

──お二人とも岡山県出身で、県のPR動画で共演もされていますね。

桜井日奈子 お会いするのは1年ぶりぐらいです。PR動画(The MOVIE「岡山三部作」)の撮影だったんですけど、寒かったです。

前野朋哉 僕扮する桃太郎が、桜井さん演じる上京を前にした女の子を応援するって動画なんです。撮影したのは、桜井さんが実際に東京に出て来る直前でしたね。

桜井 はい、PR動画の中と同じ状況だったんです。

左から桜井日奈子、前野朋哉。

左から桜井日奈子、前野朋哉。

──撮影中のエピソードなどあれば。

前野 忘れられないのはお芝居の中でバスケのフリースローラインからシュートをするシーンです。桜井さんがシュートを決めなくちゃいけないんですけど……決めましたね。確か2回やったんですけど、2回ともゴールに入って。カッコいいなと思いました。

桜井 バスケは、幼稚園の頃から13年ぐらいやっていたので、全然余裕でした。お芝居にはドキドキだったんですが、バスケのシーンに関してはまったく緊張しませんでした。

前野 カッコいいな。僕、桜井さんがジャンプシュートするタイミングで吹っ飛ばなくちゃいけなかったんですけど、マジで失敗できないなと(笑)。シュートは決まっているのに、僕がタイミング外していたら洒落にならないなと。ドキドキしてましたね。

──そのときの前野さんの印象を聞かせてもらえますか。

桜井 初めてお会いしたんですけど、絶対いい人だと思いました。私、そのときお芝居をしたことがなかったので不安だったんですけど、うまくできなくても「おらー」って感じで怒ったりはしないだろうなって。だからすごいホッとしてました。

前野 (笑)。怒ったりはしないよ。

桜井日奈子

桜井日奈子

桜井 あと、とにかく愉快な方で。私がシュート打つすぐ後ろで前野さんが応援しているんですけど、もうそのときの雰囲気が面白くて(笑)。好印象しかなかったです。あと今は、auのCMでよく拝見してます。前野さんらしいキャラだなって思いますし、好きです。

前野 桃太郎のあと、一寸法師になってね(笑)。僕も桜井さんのことよく見ますよ。見ない日はないんじゃないかな。まずJR(SKISKI)の広告に出ているので。だから今日も久々な感じはしないです。

「仁義なき戦い」っぽくドスをきかせました(前野)

──前野さんは「ひるね姫 ~知らないワタシの物語~」の中で、江口洋介さん演じるモモタローの友人・雉田を演じています。

桜井 前野さんが演じてるってまったく気付かなかったです。声、変えていらっしゃいますよね?

前野 うん。雉田はモモタローと同世代だろうし、たぶん40歳くらいなんです。だから地声のままで話すとなじまなくて。リハーサルのときに、こうだろうなと低めに声を出してみたんですけど、それでもまだ監督に「声が高い」って言われてしまい。そのあとも「ドスきかせてください。ドスきかせてください。ドスきかせてください」って指示を受けて。そのうちに自分の中で「これは『仁義なき戦い』っぽくやりたい」って、明確なビジョンが浮かんで(笑)。

桜井 そうなんですね(笑)。だから気付かなかったんだ。でも本当になじんでいらっしゃいました。

前野 絵が最初にあって、そこに合わせていくという試みは自分の中では新しかった。初めての体験でした。すごく優しいキャラクターなんですけど、顔は怖いじゃないですか。顔に関しては僕とかけ離れている。

──神山監督とはどんな話をされたんですか。

前野 監督からは雉田のバックボーン、モモタローや佐渡との関係であったり、悪かった若い頃の話とか今に至るまでの設定を教えていただきました。それを膨らませて、演じ方などを考えていきました。

前野朋哉

前野朋哉

──なるほど。ちなみに桜井さんはよくアニメは観られるんですか?

桜井 はい。好きな作品は「SLAM DUNK」です。

前野 そうだよねー(笑)。

桜井 (桜木)花道が好きです。がむしゃらな感じが特に。

──声優に挑戦したいと思いますか。

桜井 声優さんは、動きとか付けず、マイクの前に立って声で全部を表現できるって本当にすごいと思います。

前野 すごかった。僕、佐渡役の高木(渉)さんと一緒に収録したんですが、本当に感動しましたね。声から伝わってくるんですよ、「あ、この人ずっとここにいたんだな」って存在感が。一緒にやっててちょっと恥ずかしかったです(笑)。掛け合いなども含めて難しかったですね。

瀬戸大橋へVR上でトリップし、ハーツに乗って上空へ!?
主人公のココネやモリオの追体験が楽しめるトリップ・スポットを特設。

  • スマートパス
  • auスマートパスプレミアム
  • ビデオパス