映画「ゴースト・イン・ザ・シェル」PR

DISH//×「ゴースト・イン・ザ・シェル」

DISH// × 「ゴースト・イン・ザ・シェル」

攻殻機動隊の世界に初ダイブ!

DISH//が虜になった“すぐそこにある近未来”

士郎正宗のマンガをもとに数々のアニメやゲームが生み出され、劇場版第1作が米ビルボード・ビデオヒットチャートで1位を獲得するなど全世界に多くのファンを持つ「攻殻機動隊」が、このたびハリウッドで初の実写映画化。スカーレット・ヨハンソンが主演を務め、「ゴースト・イン・ザ・シェル」のタイトルで4月7日に公開される。

ナタリーでは映画、コミック、音楽、お笑いの各ジャンルを横断し、本作を盛り上げる企画を展開。第4弾となる映画ナタリーの特集には、2017年1月に新たなメンバーが加わり、5人での活動をスタートさせたダンスロックバンド・DISH//が登場。「攻殻機動隊」の世界に初めて触れた彼らに、熱い感想を語ってもらった。

取材 / 三橋あずみ
文 / 黛木綿子
撮影 / 須田卓馬
ヘアメイク / 速水昭仁
スタイリング / 鴇田晋哉

  • 2296

    535

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
映画「ゴースト・イン・ザ・シェル」
2017年4月7日全国公開
映画「ゴースト・イン・ザ・シェル」
解説
ストーリー

電脳技術が発達し、人々が義体(サイボーグ)化を選ぶようになった近未来。脳以外は全身義体の“少佐”が率いるエリート捜査部隊は、ハンカ・ロボティックス社の推し進めるサイバーテクノロジーを狙うテロ組織と対峙する。上司の荒巻大輔や片腕的存在のバトーと協力し、捜査を進めていく少佐。やがて事件は少佐の脳にわずかに残された過去の記憶へとつながり、彼女の存在を揺るがす事態に発展していく。

スタッフ / キャスト

監督:ルパート・サンダース

原作:士郎正宗「攻殻機動隊」

出演:スカーレット・ヨハンソン、ビートたけし、ジュリエット・ビノシュ、マイケル・ピット、ピルウ・アスベック、桃井かおりほか

映画の中に自分も住んでるような感覚になった(柊生)

──今日ご覧いただいた「ゴースト・イン・ザ・シェル」は、日本のマンガであり、アニメも作られた「攻殻機動隊」をもとにした作品です。そもそも「攻殻機動隊」ってご存知でしたか?

一同 名前だけは聞いたことありました。

左から矢部昌暉、泉大智、北村匠海、小林龍二、橘柊生。

左から矢部昌暉、泉大智、北村匠海、小林龍二、橘柊生。

──では皆さん「攻殻」の世界は初体験だったんですね。実写版「ゴースト・イン・ザ・シェル」、ご覧になっていかがでしたか?

北村匠海 ビートたけしさんがテレビで「すごいもんができました」と言っていたので、今日は楽しみにしていて。いざ観てみたら、日本じゃできないスケールで作られてるし、CGもレベル高いし、日本に対してアメリカが抱いているイメージとかもわかりやすくて面白かった。「ヤバいもの観ちゃったな!」って感動しました。

「ゴースト・イン・ザ・シェル」より。

「ゴースト・イン・ザ・シェル」より。

小林龍二 僕はもともとSFやアクションが大好きなので、映画の宣伝が始まった頃から気になってたんです。だから、この取材の話が来たときはうれしくて。ハリウッドならではの描写に日本的な要素も加わっていて、めちゃめちゃ面白かったです!

矢部昌暉 SFって男子はみんな好きだし、近未来の科学的な世界に男心がくすぐられる。アクションにも興奮したし、体に付いている機械もカッコよかったです。

泉大智 日本で生まれた有名なアニメを、ハリウッドで実写化するっていうのが面白いなと思って。世界観も壮大で、観ていて圧倒されましたね。

橘柊生 僕は街並みの美しさや広告の出し方に感心しちゃいました。世界観に入り込んで観たので、映画の中に自分も住んでるような感覚になって。一番気になったのは、たぶんスポーツジムの広告で、人が走ってる姿とか筋トレしてる姿が空に大きく映し出されてたやつ。そう来たか!と思いましたね。

「ゴースト・イン・ザ・シェル」より。

「ゴースト・イン・ザ・シェル」より。

翻訳もしてくれる電脳通信が楽しそう!(昌暉)

──いわゆる“サイバーパンク”と呼ばれる世界観が徹底的に作り込まれた作品ですが、特に気になった近未来像はありましたか?

昌暉 公安9課のメンバーが別々の場所にいるときに使っていた電脳通信! たけしさんは日本語を話す役だけど、電脳通信は勝手に翻訳をしてくれるから、英語をしゃべる相手とも会話ができる。いろんな人とコミュニケーションを取れて楽しそうだな思いました。

矢部昌暉

矢部昌暉

龍二 SFなのに非現実的すぎないというか、あと何十年か経ったら本当に実現するんじゃないかなというものが多かったので、「ああ、世界はこうなっていくんだなあ」と考えさせられましたね。

──お酒に弱い人が肝臓を義体(サイボーグ)化した……なんて描写もありました。皆さんはこんな機能があったらいいなと思うものはありますか?

匠海 俺は改めて人間でいたいと思いましたけどね。こんな世界になったら嫌だなって(笑)。

──どうしてそう思ったんですか?

匠海 単純に生きている心地が欲しいなあと。

昌暉 確かにね。勝手に記憶を書き換えられる描写とかもあったけど、ああいうのは怖い。

匠海 そうそう。俺、あんな近未来には生きられないかも。

柊生 俺は、無敵になりてえなって思った。

龍二 俺もわりと楽しめる派。

小林龍二

小林龍二

──近未来への適応力の差が出ました(笑)。

柊生 あの透明になれるスーツ、めっちゃ便利だなあって。

──光学迷彩スーツ(※周囲の風景に合わせてリアルタイムで迷彩パターンを作るスーツ)ですね。

匠海 何に使うんだよ! 女子風呂ぐらいだろ、お前。

龍二 (ニヤニヤしながら柊生に)そんなことないよなー(笑)。

柊生 ね。透明になれるってすごくない? あとバトーのレンズ付きの目。外見が変わるのは嫌だけど、暗視モードとズーム機能はいいなって。

昌暉 見た目さえ改良してくれればいいよね。僕、目が悪いんで(笑)。

──もしDISH//の5人で電脳通信できるなら、どんな話をしますか?

龍二 ライブ中に「お前、それ言うんじゃねえよ」とか「次のコードなんだっけ」とか。

匠海 「Cだよ! C!!」みたいな。

龍二 「みんな、次ジャンプだからね!」って。

柊生 ライブ中、使えるなあ。俺忘れっぽいから欲しい(笑)。