マーティン・ランドーが89歳で死去、「エド・ウッド」「手紙は憶えている」に出演

2017年7月17日 14:03 162 マイナタリーで開く

俳優のマーティン・ランドーが、合併症により現地時間7月15日にアメリカ・ロサンゼルスのUCLAメディカルセンターで死去したとIndiewireなどが報じた。89歳だった。

マーティン・ランドー(写真提供:KENNELL KRISTA / SIPA / SIPA / Newscom / ゼータ イメージ)

マーティン・ランドー(写真提供:KENNELL KRISTA / SIPA / SIPA / Newscom / ゼータ イメージ)

画像を見る(1件)

ランドーは1959年の「勝利なき戦い」で映画デビュー。アルフレッド・ヒッチコックの「北北西に進路を取れ」で注目を浴び、テレビドラマ「スパイ大作戦」のローラン・ハンド役でも人気を博した。1995年日本公開の「エド・ウッド」では「魔人ドラキュラ」で知られる俳優ベラ・ルゴシを怪演し、アカデミー賞助演男優賞を受賞。近年ではアトム・エゴヤンが監督を務めた「手紙は憶えている」でクリストファー・プラマーと共演した。

この記事の画像(全1枚)

(情報提供:Indiewire.com / IFA / ゼータ イメージ)

特集記事ピックアップ PR

特集記事をもっと見る

最新ニュース

最新ニュースをもっと見る

人気の画像

人気の画像をもっと見る

人気の記事

人気の記事をもっと見る