土屋太鳳が「トリガール!」イベントで空耳、「電子ドラゴンって何?」

2017年7月17日 17:49 542 マイナタリーで開く

映画「トリガール!」の完成披露イベントが本日7月17日に東京・イイノホールで行われ、キャストの土屋太鳳間宮祥太朗高杉真宙池田エライザ矢本悠馬、監督の英勉が登壇した。

左から池田エライザ、間宮祥太朗、土屋太鳳、高杉真宙、矢本悠馬、英勉。

左から池田エライザ、間宮祥太朗、土屋太鳳、高杉真宙、矢本悠馬、英勉。

画像を見る(43件)

中村航の同名小説をもとにした本作は、大学の人力飛行サークルを舞台とする青春ラブコメディ。主人公・鳥山ゆきなを土屋、ゆきなと犬猿の仲である坂場大志を間宮、ゆきなが一目惚れする先輩・高橋圭を高杉が演じている。

ジャンプする土屋太鳳。

ジャンプする土屋太鳳。

土屋は「太鳳、飛びまーす!」のコールとともにジャンプ台から飛び出して登場。持ち前の身体能力の高さを見せつけ大歓声を浴びた。

矢本悠馬

矢本悠馬

英が撮影を振り返り「みんな、言うことを聞いてくれない(笑)。あとで台本見たら、書いてあることとみんながやってることが違う」と暴露すると、矢本が「メイクしてるときに監督がプレッシャーをかけてきたんですよ! 『今日やっちゃうんでしょ?』みたいに。だから応えなきゃって思ったんです」と弁解しつつ「台本のセリフ、まともにしゃべってないです」と告白。高杉が「僕は台本通りにやりました」と話すと、矢本は「俺の好感度やばいぞ! 不真面目な俳優と思われちゃう!」と焦った。

「基本的には台本通りにやる男です」と話す間宮祥太朗(右から2番目)。

「基本的には台本通りにやる男です」と話す間宮祥太朗(右から2番目)。

イベントでは、スクリーンにテロップと写真を投影しながら撮影時のエピソードを登壇者が回想するコーナーも設けられた。「台本通りにいかない男」という副題とともに間宮の写真が映し出されると、間宮本人は「写真出てるから言い逃れできないや。基本的には台本通りにやる男です」とコメント。英に「ぷっ」と笑われる。間宮が続けて「ゆきなと坂場の関係性を表現するために、僕が太鳳を困らせて食らいつかせればいいんじゃないかということになり、台本のセリフをほとんどしゃべりませんでした。物語にはなってましたよね?」と問い掛けると、英が「当たり前やろ!(笑)」とツッコミを入れた。

土屋太鳳

土屋太鳳

英本人が俳優たちの演技を見ながら笑い声を出してしまい、NGを出していた本作の撮影現場。間宮が「太鳳はゲラなんで、監督が笑ってると笑っちゃう」と話すと土屋が「監督の笑い声を目覚ましにしたい」と不思議な発言をし、矢本から「おじさんの笑い声をアラームにしようとしてるんですか? 相当やばいですよ(笑)」と言われる場面も。

「太鳳がね、『電子ドラゴン』って何?って……」と暴露する間宮祥太朗(中央)。

「太鳳がね、『電子ドラゴン』って何?って……」と暴露する間宮祥太朗(中央)。

最後に、登壇者はこの夏にがんばりたいことをそれぞれ宣誓。英は「ゆきなと同じ髪型にしたい」と珍回答を披露し、矢本は「毎年、恋人……いや間宮祥太朗と『旅行に行こう』って話をしてるんですけど実現できていないので、今年の夏は行きたいです」と誓う。池田が「電子ドラムを買ったのでドラムを習いたい」と言うと、横で聞いていた間宮が「太鳳がね、『電子ドラゴンって何?』って……」と暴露し、土屋がはにかむ。高杉が「夏を感じていきたいですね。夏祭りに行ったり。あとは、行くかわからないですけどサーフィン」と話すと、ほかの登壇者たちから「絶対しないだろ!(笑)」という声が飛んだ。

土屋太鳳(左)を凝視する間宮祥太朗(右)。

土屋太鳳(左)を凝視する間宮祥太朗(右)。

間宮が「最近植物を育てていて、そいつらを健やかに育てていきたい」と話すと、来場者からはくすくすと笑い声が。「遊びをがんばりたいです。悪い遊びではなく。人生経験を積みたい」と誓った土屋が最後の挨拶をしようとする中、間宮は横から彼女を凝視する。土屋は間宮の強烈なプレッシャーを受けながらも「酉年の夏は『トリガール!』、思いっきり飛んでください!」とメッセージを送った。

「トリガール!」は9月1日より東京・TOHOシネマズ 新宿ほか全国でロードショー。

この記事の画像(全43枚)

さらに読み込む

(c)2017「トリガール!」製作委員会

特集記事ピックアップ PR

特集記事をもっと見る

最新ニュース

最新ニュースをもっと見る

人気の画像

人気の画像をもっと見る

人気の記事

人気の記事をもっと見る