手塚治虫のエッセイ集「映画・アニメ観てある記」発売、ディズニーや黒澤明語る

2017年6月19日 22:13 227 マイナタリーで開く

手塚治虫が映画について書いたエッセイを集めた「手塚治虫エッセイ集成 映画・アニメ観てある記」が、6月20日に発売される。

「手塚治虫エッセイ集成 映画・アニメ観てある記」表紙

「手塚治虫エッセイ集成 映画・アニメ観てある記」表紙

画像を見る(2件)

年間300本以上の作品を観ていたというほど映画好きだった手塚。同書には手塚が大きな影響を受けたディズニーアニメのほか、ヌーヴェルヴァーグやスティーヴン・スピルバーグ、黒澤明の作品について書かれたエッセイが並ぶ。またユーリー・ノルシュテインやチャールズ・チャップリンについての考察、手塚が選んだ日本映画、外国映画、SF映画、怪物怪獣映画のベスト10なども収録される。

なお同日には、マンガやマンガ家についてのエッセイを集めた「手塚治虫エッセイ集成 私的作家考」も発売。同書では田河水泡、杉浦茂、永島慎二、松本零士、藤子不二雄、大友克洋などが取り上げられている。

手塚治虫エッセイ集成 映画・アニメ観てある記

リットーミュージック 2017年6月20日(火)発売
価格:972円

手塚治虫エッセイ集成 私的作家考

リットーミュージック 2017年6月20日(火)発売
価格:972円

この記事の画像(全2枚)

特集記事ピックアップ PR

特集記事をもっと見る

最新ニュース

最新ニュースをもっと見る

人気の画像

人気の画像をもっと見る

人気の記事

人気の記事をもっと見る