羽海野チカが映画「3月のライオン」語る、「神木さんは手つきも仕草も本物の棋士」

2017年2月21日 12:00 769 マイナタリーで開く

神木隆之介の主演作「3月のライオン」。このたび、本作の原作マンガを手がけた羽海野チカからコメントが到着した。

羽海野チカのイメージキャラクター(右)。

羽海野チカのイメージキャラクター(右)。

画像を見る(36件)

映画「3月のライオン」ポスタービジュアル

映画「3月のライオン」ポスタービジュアル

本作について、羽海野は「私は漫画を描くときに密度を濃く描くことで(本を)ずっと手元に置いてもらえるのではないかと心がけていますが、映画も本当に密度が濃かった。それがとても嬉しかったです」と感想を述べる。そして主人公・桐山零を演じた神木の演技を“指し方が美しくて棋士そのもの”と称賛し「演じているというよりも役として生きているというか、まるでプロ棋士の対局を見ているのかと思うくらい、手つきも仕草も本物の棋士でした」と続けた。

羽海野チカのイメージキャラクター。

羽海野チカのイメージキャラクター。

桐山以外のキャラクターに関しては「男性キャラクターたちの対局がとびきりカッコよく描かれているのに対して、川本3姉妹や幸田香子、女性キャラクターたちは、何とも愛しく描かれていました」と言及する羽海野。さらに、お気に入りの場面に桐山が叫ぶシーンを挙げて「神木さんは、こんなに桐山零のキャラクターを深く掘り下げてくれたのかと、すごく嬉しくなったシーンのひとつです」と語った。

大友啓史がメガホンを取った「3月のライオン」は17歳のプロ棋士・桐山が、川本家の3姉妹との交流や個性豊かな棋士たちとの対局を通じて成長していくさまを描く物語。前後編2部作で公開され、前編は3月18日、後編は4月22日より全国にてロードショー。

羽海野チカ コメント

完成した映画(前編・後編)の感想

もの凄い密度でした。私は漫画を描くときに密度を濃く描くことで(本を)ずっと手元に置いてもらえるのではないかと心がけていますが、映画も本当に密度が濃かった。それがとても嬉しかったです。たとえば川本家の食卓シーンは、料理・洋服・家具・そしてみんなの表情……ワンシーンのなかにもの凄い情報が入っていて、何度も観たくなります。気づくと作品の世界に引き込まれている……そういう力がこの映画にはありました。大友監督は本当に凄い、大友さんが監督を引き受けてくださって良かったと心から思いました。また監督が「桐山零を見ていて、自分がこの仕事をすると決めて一本立ちをしたときのことを思い出しました」とおっしゃってくれたことも嬉しかったです。

キャスティングについての感想

神木さんは、指し方が美しくて棋士そのものです。演じているというよりも役として生きているというか、まるでプロ棋士の対局を見ているのかと思うくらい、手つきも仕草も本物の棋士でした。髪はボサボサで、神木さんが本来持っているカッコいいところを少しも見せない、そういう風に映ろうとか微塵も考えていないような姿で、なんてすごい俳優なんだろうと思いました。

実は、島田開八段のモデルは佐々木蔵之介さんです。漫画を描くときは、蔵之介さんの頭蓋骨を頭のなかに思い浮かべて描いています。その蔵之介さんが島田役を引き受けてくれた! 漫画本のなかから現実世界にそのまま出てきたようで、夢のようでした。

男性キャラクターたちの対局がとびきり格好良く描かれているのに対して、川本3姉妹や幸田香子、女性キャラクターたちは、何とも愛しく描かれていました。あかり役の倉科カナさんは原作の体型よりずっとスタイルが良いのですが、あの衣装も髪形も居方もあかりさんそのもの、ずっと見つめてしまうほど素敵な女性です。ひなちゃんは本当は零ちゃんよりも強い心を持った女の子、清原果耶さんがその強さをしっかりと演じてくれたので、零ちゃんにはこの人がいれば大丈夫だって思いました。モモ役の新津ちせちゃんは可愛すぎです! まだ4つなのに中身はとても大人で、しっかりしたレディでした。笑顔と仕草が最高でした!!

香子は後藤正宗九段(伊藤英明)のことが本当に好きなんだ……という純粋で複雑な感情を、有村架純さんが素晴らしく演じてくださった。また香子と零の2人の関係性については、原作でまだ描いていない部分もありますが、この2人は過去にいろいろあったんだなぁということがちゃんと伝わってきた。零と香子のシーンを観るとこの漫画が映画になって良かったと、しみじみ思います。

特に印象に残っているシーン

全体を通して兎にも角にもロケーションが素晴らしかったです。実際にプロ棋士の方々が対局している将棋会館や椿山荘といった場所に加えて、映画ではドラマチックな場所がたくさん登場します。特にラストシーンは絶景、感動しました。川本家も幸田家も島田の家もセットではなくロケ撮影で、漫画のなかのあの家を現実に探し出してくれたんだ!と思うと、もう驚きと感動の連続です。

島田の自宅での研究会のシーンもお気に入りです。二海堂や桐山、みんなを自分の家に招いて、彼らと接しているときの島田さんの人柄がとても良かった。こんな人が先輩だったら男の子はついて行きたくなるんだろうなぁというあの雰囲気は、カッコいいだけでは出せない、蔵之介さんだからこそ出せた雰囲気だと思います。

ある対局の後に、零ちゃんが大声で叫ぶシーンも感動しました。「将棋しかねぇんだよ!」っていう張り裂けそうな声、追いつめられて心から叫んでいるあの声に胸を掴まれましたね。そして神木さんは、こんなに桐山零のキャラクターを深く掘り下げてくれたのかと、すごく嬉しくなったシーンのひとつです。

この記事の画像(全36枚)

さらに読み込む

(c)2017 映画「3月のライオン」製作委員会

特集記事ピックアップ PR

特集記事をもっと見る

最新ニュース

最新ニュースをもっと見る

人気の画像

人気の画像をもっと見る

人気の記事

人気の記事をもっと見る