菅田将暉、仙台で“ずんだまさき”に改名?「キセキ」大ヒット舞台挨拶

2017年2月13日 12:19 3055 マイナタリーで開く

キセキ ーあの日のソビトー」の大ヒット御礼舞台挨拶が、2月12日に宮城・MOVIX仙台にて開催され、キャストの松坂桃李菅田将暉横浜流星成田凌杉野遥亮、監督の兼重淳が登壇した。

「キセキ ーあの日のソビトー」大ヒット御礼舞台挨拶の様子。

「キセキ ーあの日のソビトー」大ヒット御礼舞台挨拶の様子。

画像を見る(38件)

「キセキ ーあの日のソビトー」大ヒット御礼舞台挨拶の様子。

「キセキ ーあの日のソビトー」大ヒット御礼舞台挨拶の様子。

本作は、GReeeeNの楽曲「キセキ」が誕生するまでの物語を描いた青春ドラマ。松坂が音楽プロデューサーのジン、菅田がグリーンボーイズのリーダーでジンの実弟でもあるヒデを演じ、横浜、成田、杉野は同グループのメンバーに扮した。

「キセキ ーあの日のソビトー」ポスタービジュアル

「キセキ ーあの日のソビトー」ポスタービジュアル

ファン投票により舞台挨拶の実施劇場を選ぶ「キセキを呼ぼうキャンペーン」で約4万5000票を集め、1位に輝いたMOVIE仙台。キャストらは、280人の観客と一緒に劇中歌「道」を歌いながら登場した。松坂は「仙台の皆さん、ありがとうございます! 4万5000票、すさまじいですね」と、黄緑色のスーツを着た菅田は「今日はグリーンではなく、ずんだカラーです。どうも“ずんだまさき”です」と挨拶。さらに仙台の好きな食べ物を聞かれると、菅田と成田が「ずんだシェイクがめちゃくちゃおいしかった!」と盛り上がり、菅田は再度「芸名を(“ずんだまさき”に)変えようと思った」とコメントする。

「キセキ ーあの日のソビトー」大ヒット御礼舞台挨拶の様子。

「キセキ ーあの日のソビトー」大ヒット御礼舞台挨拶の様子。

後半には、ご当地戦国武将キャラクター・ねこまさむねが、触ると奇跡が起こるという愛刀を持って登壇。その刀で正座したキャストたちの肩に触れ、“奇跡を注入”していく。松坂らが触れられた際にはかわいらしい効果音が鳴ったものの、最後の杉野の番ではなぜか斬撃音が。笑いが起こる中、杉野は「すっごい痛かったです」とリアクションを取った。

最後に菅田が「ずっとグリーンボーイズとして“道”を歌いたいと思っていて、今日初めてみんなで歌えたのでいい最後(の舞台挨拶)になったと思いました」と、松坂が「今日ここで一旦、舞台挨拶が終わりますが、皆さんの応援と愛情の支えで、ここ仙台で(舞台挨拶が)できたことをうれしく思います」と話し、イベントは終了した。

※映画ナタリー Power Push 公開中!
「キセキ ーあの日のソビトー」×地獄のミサワ

この記事の画像(全38枚)

さらに読み込む

(c)2017「キセキ ーあの日のソビトー」製作委員会

特集記事ピックアップ PR

特集記事をもっと見る

最新ニュース

最新ニュースをもっと見る

人気の画像

人気の画像をもっと見る

人気の記事

人気の記事をもっと見る