中野裕太主演、国際恋愛カップル描く「ママは日本へ嫁に行っちゃダメと言うけれど。」

2015年10月1日 6:00 176 マイナタリーで開く

「新宿スワン」、ドラマ「探偵の探偵」の中野裕太が「ママは日本へ嫁に行っちゃダメと言うけれど。」で主演を務めることが発表された。

「ママは日本へ嫁に行っちゃダメと言うけれど。」

「ママは日本へ嫁に行っちゃダメと言うけれど。」

画像を見る(4件)

「ママは日本へ嫁に行っちゃダメと言うけれど。」

「ママは日本へ嫁に行っちゃダメと言うけれど。」

本作はアニメとファッション、日本文化を好む台湾在住の女性“リンちゃん”と、マイペースな日本人男性“モギサン”の国際恋愛を軸にした人間ドラマ。実在する男女のFacebookへの投稿を書籍化した「ママは日本へ嫁に行っちゃダメと言うけれど。」をもとにしている。モギサン役を中野が、リンちゃん役を監督作「OPEN!OPEN!」が台湾で公開されたばかりの女優ジエン・マンシュウが演じ、台湾と日本にて撮影を行った。監督を務めたのは谷内田彰久

「ママは日本へ嫁に行っちゃダメと言うけれど。」

「ママは日本へ嫁に行っちゃダメと言うけれど。」

中野は「渡航前に付け焼き刃に覚えたつたない中国語で深くて楽しいコミュニケーションをとれるような環境でした」と撮影を振り返る。そしてマンシュウは、中野について「裕太さんと初めて会ったのは、台湾の製作会社の前です。このパーマをかけている男性は独特な雰囲気を持っているなぁと思いました。しばらく一緒に仕事をしたら、裕太さんは本当に天才で、表現力も語学力も優れていることを知りました」と語った。

「ママは日本へ嫁に行っちゃダメと言うけれど。」は、来春の公開に向けて目下製作中。

中野裕太 コメント

すごくおもしろい台本になっていると思いました。
台湾でもロケがあったのですが、スタッフのみなさんは今後もずっと友達や兄弟と想い続けられるだろう人達です。素晴らしい方々。
渡航前に付け焼き刃に覚えたつたない中国語で深くて楽しいコミュニケーションをとれるような環境でした。マンシュウとも同じく。言語などのツールを瞬時に越える、とても人間染みた現場でした。
いつもゴム鉄砲で遊んでました。

ジエン・マンシュウ コメント

裕太さんと初めて会ったのは、台湾の製作会社の前です。このパーマをかけている男性は独特な雰囲気を持っているなぁと思いました。しばらく一緒に仕事をしたら、裕太さんは本当に天才で、表現力も語学力も優れていることを知りました。
言葉がそんなに通じなくても、私の反応にすぐに答えてくれたのがうれしかったです。そして、本当にかっこよくてどこ行ってもすぐにみんなと仲良くなります。台湾の町じゅうが裕太さんにとっては撮影現場だったように思います。

この記事の画像(全4枚)

特集記事ピックアップ PR

特集記事をもっと見る

最新ニュース

最新ニュースをもっと見る

人気の画像

人気の画像をもっと見る

人気の記事

人気の記事をもっと見る