散歩する侵略者

サンポスルシンリャクシャ

解説

劇作家・前川知大による劇団イキウメの人気舞台を『岸辺の旅』の黒沢清監督が映画化。謎の“侵略者“に体を乗っ取られた夫と、夫の不可解な言動に翻弄される妻を中心に、“侵略者“の出現により日常や町が徐々に姿を変えていく様を描く。夫婦役で松田龍平、長澤まさみが初共演を果たし、長谷川博己が殺人事件を調べるジャーナリストに扮する。

ストーリー

数日間、行方不明になっていた鳴海の夫・真治が、別人のように優しくなって帰ってきた。その後、彼は毎日散歩に出かけて行くようになる。同じ頃、町では一家惨殺事件が発生し、奇妙な現象が頻発。ジャーナリストの桜井は取材を進めるうちに、ある事実に気付く。

2017年9月9日(土)公開 / 上映時間:129分 / 製作:2017年(日本) / 配給:松竹=日活

(C)2017『散歩する侵略者』製作委員会

(C) PIA

スタッフ・キャスト

すべて表示

関連ニュース

関連ニュースをもっと見る