幕末太陽傳(デジタル修復版)

バクマツタイヨウデンデジタルシュウフクバン

解説

『洲崎パラダイス 赤信号』『女は二度生まれる』など数々の名作を世に送り出した川島雄三監督の代表作を、日活が創立100周年を記念してデジタル修復。今から50年以上前に撮影された日本映画史に残る名作を最高の映像で上映する。川島監督の軽妙洒脱な演出と、お調子者だがどこか陰のある主人公の佐平次に扮すフランキー堺の名演が印象深い。

ストーリー

幕末、品川の遊女屋相模屋でドンちゃん騒ぎをした佐平次。ところが彼は無一文だったため勘定が払えず、店で働き借金を返すことに。すると、勘定をため込む高杉晋作からカタをとってきたり、女郎絡みの揉め事を穏便に済ませたりと何かと重宝な男となり……。

2011年12月23日(金)公開 / 上映時間:110分 / 製作:1957年(日本) / 配給:日活

(C)日活

(C) PIA

スタッフ・キャスト

すべて表示

関連ニュース