アニメ「『進撃の巨人』Season 2」PR

アニメ「進撃の巨人 Season2」

アニメ「進撃の巨人 Season2」

編集担当バックこと川窪慎太郎氏が明かす
諫山創とアニメ「進撃の巨人」の“シナジー効果”

2013年にオンエアされたアニメ「進撃の巨人」から4年。満を持してこの4月、アニメ「『進撃の巨人』Season2」の放送がスタートした。荒木哲郎総監督のもと、第1期のアニメスタッフが集結。エンディング主題歌は、かねてより諫山創がファンだと公言している神聖かまってちゃんが担当することも注目を集めた。

コミックナタリーでは「『進撃の巨人』Season2」の放送を記念し、「バック」の愛称でファンから親しまれている原作マンガの担当編集・川窪慎太郎氏にインタビューを実施。原作サイドから見たアニメ「進撃の巨人」の魅力、また諫山のアニメに対する思いをたっぷり語ってもらった。また「進撃の巨人」の最終回時期にまつわる最新情報も明かされている。

取材・文 / 宮津友徳
撮影 / 三木美波

  • 2491

    1167

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
テレビアニメ「『進撃の巨人』Season 2」
2017年4月より放送中
テレビアニメ「『進撃の巨人』Season 2」
作品情報

超大型巨人の出現により人類の平和と幻想が破られたあの日から、エレン・イェーガーの果てしない戦いの日々は続く……。抵抗する術もなく巨人の餌となった母の最期を目の当たりにして、この世から巨人を一匹残らず駆逐することを誓ったエレン。しかし、過酷な戦いの中で彼自身が巨人の姿に変貌してしまう。人類の自由を勝ち取るために巨人の力を振るうエレンは、ウォール・シーナのストヘス区において「女型の巨人」と激突。巨人同士の激しい戦闘は、辛くもエレンの勝利となった。それでもエレンに、そして人類に、休息の時は訪れない。次なる戦いは既に始まりを告げている。ウォール・ローゼに迫り来る巨人の大群に、人類はどう立ち向かう!?

スタッフ
  • 総監督:荒木哲郎
  • 監督:肥塚正史
  • シリーズ構成:小林靖子
  • キャラクターデザイン:浅野恭司
  • 総作画監督:浅野恭司、門脇聡、山田歩
  • アニメーション制作:WIT STUDIO
キャスト

梶裕貴、石川由依、井上麻里奈、谷山紀章、嶋村侑、小林ゆう、三上枝織、下野紘、細谷佳正、橋詰知久、藤田咲、神谷浩史、小野大輔、朴璐美

「Season2」で描かれるのは「進撃の巨人」の最も濃い部分

──いよいよ「『進撃の巨人』Season2」の放送がスタートしました。第1期の放送から4年と期間が空きましたが、1期が終了した時点で「Season2」の打ち合わせは始まっていたんですか?

それが、すぐには始められなかったんですよ。諫山さん含め関係者の間には「早くやりたい」という気持ちはありましたし、原作のストックもあったのでもう少し早くできたかなとは思うんですけど、いろいろありまして「2期をやれるとしたら2016年、2017年頃だろう」と決まって。2年くらい前から脚本の制作が始まったのかな。担当編集者としては正直、「早く続きを観たい!」という気持ちでした(笑)。

川窪慎太郎氏

川窪慎太郎氏

──川窪さんは担当編集という立場から、アニメにどういった形で関わっているんでしょう。

諫山さんが考えていることをアニメスタッフに伝えるときに、間に立って調整するという役割がメインですね。諫山さんの頭の中には「このパートはこういう意図で描いていた」という考えがあるんです。そういう部分についてアニメスタッフと話し合いながら、「それをやると原作にこういう影響があるんじゃないかな」などと意見を出したりしています。

──諫山先生は1期の制作に深く関わっていましたが、「Season2」でも綿密に携わっているんでしょうか。

そうですね。「Season2」は1クール全12話ですが、原作の中でも“最も濃い”と言っていい部分をやることになるんです。例えばある巨人の正体が明らかになるシーンについては、諫山さん自身も原作を描くときにすごくこだわっていたので、アニメスタッフにも「あそこはこういう意図で描いた」「アニメにするときはこんな表現でやってほしい」と細かく伝えていて。あと原作はすでに22巻まで出ているので、「振り返ってみると、もっと前に入れたほうが効果的だったんじゃないか」というシーンをアニメに入れ込めないかと提案されていました。よく諫山さんは「音楽で言えば原作はライブの即興演奏で、アニメはその曲をCD用にレコーディングしたもの」と言っているんですが、まさにそういった形で、粗をなくしたり、「こうしたらもっと面白くなるんじゃないか」というアイデアを盛り込んで、原作をよりよい形にできるようにブラッシュアップしています。

テレビアニメ「『進撃の巨人』Season2」よりエレン。

テレビアニメ「『進撃の巨人』Season2」よりエレン。

──お話を聞いていると1期と同様に、「Season2」にもアニメオリジナルのシーンが多く盛り込まれるのかな、という印象を受けます。

ええ。楽しみにしていてください。

ミカサとアルミンが一緒に夜戦食料を食べるシーンはアニメの影響です

──諫山先生は「原作はライブ、アニメはCD」と例えていたということですが、川窪さんはアニメをどのように捉えているのでしょう。

包み隠さずに言ってしまうと、ひとつは原作の宣伝だと考えています(笑)。ただ、もちろんそれだけではなくて。原作の「進撃の巨人」は諫山さん、僕、もう1人の担当編集の3人が携わっているんですが、アニメは製作委員会のメンバーだけで20人、30人、監督をはじめスタッフを入れたら200人以上?の力を結集させているので、3人で作っているより圧倒的なパワーのものが出来上がるんです。黙っていても皆さんがすごい作品に仕上げてきてくれるので、客観的に楽しんでいるという部分もありますね。

テレビアニメ「『進撃の巨人』Season2」よりリヴァイ。

テレビアニメ「『進撃の巨人』Season2」よりリヴァイ。

──1期の制作が決まったとき、諫山先生はなんとおっしゃっていましたか?

あえて自分に「調子に乗らないように」と言い聞かせているからだと思うんですが、彼は自己評価が低いので「自分の作品でいいんですかねえ」と言っていた気がします。PVが公開された時点ですごく話題になっていたし、もちろんアニメ化はうれしかったでしょうけど、傍から見ていると1話がオンエアされるくらいまでは、自分の作品がアニメになるということについて、ピンときていないのかなと感じましたね。

──なるほど。1期はかなりの反響を持って迎えられ、劇場版も公開されました。アニメ「進撃の巨人」の魅力はどういった部分だと思いますか。

やっぱり爽快感じゃないでしょうか。1巻か2巻が出た頃に、当時の週刊少年マガジンの編集長にも「『進撃の巨人』のいいところは爽快感とか、疾走感だからそれを失わないようにね」と言われていたんです。マンガを読むときってペースを作るのは読者ですけど、アニメは作り手がペースを握ることができるので、より爽快感を与えやすいと思うんですよね。1期のPVでエレンが立体機動装置を駆使しているところもそうですが、「Season2」のPVで立体機動を使ったシーンを観ても、やっぱり疾走感を感じました。アニメ「進撃の巨人」がいよいよ帰ってきたなとワクワクしています。

──「Season2」では総監督を務める荒木さんも、舞台挨拶で「僕の仕事は立体機動を気持ちよく見せることだけだ」とおっしゃっていました。(参考:諫山創「エルヴィンの話ができてきた」劇場アニメ「進撃」舞台挨拶で

荒木監督はアニメ業界の超有名人だと思うんですが、あれだけ原作をリスペクトしてくれているのは本当にすごいですね。「諫山創が何を考えているのか」とか「『進撃の巨人』らしさってなんだ」ということを理解したうえで、自分のやりたいものを作るという意図が感じられますし。

──「Season2」で描かれるエピソードは、ちょうど1期制作・放送時に別冊少年マガジンで連載されていた部分ですよね。アニメに影響を受けて原作にフィードバックされた部分はあるんでしょうか。

11巻でミカサとアルミンが一緒に野戦食料を食べるシーンは、まさにそうですね。このシーンで表現されているのって、エレン、ミカサ、アルミンの関係性で、それは物語の序盤で描いていることでもあるんですよ。それを原点に立ち返って、再度表現しているんです。

「進撃の巨人」11巻に収録されたアルミンとミカサのシーン。

「進撃の巨人」11巻に収録されたアルミンとミカサのシーン。

──エレンこそその場にはいませんでしたが、ミカサとアルミンがエレンへの思いを語りつつ、3人をよく知るハンネスが彼らの幼い頃を振り返っていましたね。

諫山さんは1期のアニメを観て「そういえばエレン、ミカサ、アルミンの関係性について、自分の中で意識することが少なくなっていたな」と思ったらしくて。だから今一度「『進撃の巨人』はこの3人の物語なんだ」っていう軸の部分を強くするために描かなければいけないシーンだったと言っていました。

諫山さんが声優の方々に自分の口で説明した

──先ほど諫山先生がこだわっていた箇所として、「ある巨人の正体が明らかになるシーン」のお話がありましたが、その部分は原作でもかなり反響を集めましたよね。原作の演出はかなり特殊でしたが、もともとああいった形で描こうと考えていたんですか?

「どうやってネタバラシをしようか」っていうのはずっと考えていたんです。ネームの段階から諫山さんもかなり苦戦していて、最初にあがってきたものは中途半端というか、正直あまり面白くなかったんですよ。女型の巨人の正体がアニだったというのを明らかにしたときは、サスペンスっぽく「来るぞ、来るぞ」とかなり重厚な演出にしたんですが、諫山さんの中でそれと同じにしたくないというのがあって。彼が悩んだ末に思いついたのが、あの演出だったんです。

──それがアニメではどのように表現されるのか、すごく楽しみです。

これはね、本当にすごいですよ! 諫山さん自身も「観たことのないシーンにしたい」とずっと言っていて、「その回のアフレコはぜひ行きたい」と見学に伺ったんです。最初はオーソドックスというか原作通りにやってもらっていたんですが、諫山さんとしてはちょっと違うという思いがあったみたいで、「このシーンの意図はこうです」「こういう心理になってほしいんです」と声優の方々に自分の口で説明をして。諫山さんの意図が声優陣に伝わったら、見違えて面白くなりましたね。言葉にするのは難しいんですけど、普通ではないのは確かですね。

川窪慎太郎氏

川窪慎太郎氏

かまってちゃんのエンディングは諫山さんへのご褒美

──「Season2」ではエンディングテーマを神聖かまってちゃんが手がけますよね。正直「進撃の巨人」と神聖かまってちゃんの組み合わせから、どういったものが出来上がるのかまったく予想できないのですが……(※取材は3月中旬に行われた)。

諫山さんは以前から「テーマ曲をかまってちゃんにやってほしい」とずっと言っていて。これは正直、諫山さんへのご褒美だと思っています。本当なら彼はあと20個だって何か注文を付けてもいいくらいの作家なんですけど、そういう素振りは見せないんですよ。だからスタッフの方々が進んでお願いを聞いてくれたってことは、ありがたいなと思っています。「本当にイメージに合うのか」って思われるかもしれないですが、すごくマッチしていますよ。

──確かにそれぞれの根底にある“世の中へのカウンター”というか、世界観は似通っている部分があるのかなとも感じます。

そうそう。諫山さんはの子さんを筆頭に、かまってちゃんの精神に共感しているわけで、実は合うというのは当然というか。エンディングの映像には「進撃」らしさもありますし、楽曲単体で切り出してもすごくいい曲だと思います。

テレビアニメ「『進撃の巨人』Season2」より獣の巨人。

テレビアニメ「『進撃の巨人』Season2」より獣の巨人。

──オープニングテーマは1期から引き続き、Linked Horizonですね。Revoさんはもともと「進撃の巨人」のファンだったと伺っています。

別マガを創刊号から買って読んでくれているみたいで、もう最古参のファンですよね。打ち合わせや打ち上げの場で、Revoさんと諫山さんがお話しすることもあり、「進撃の巨人」を理解したうえで楽曲を作っていらっしゃるんで、それはいいものが出来上がるよなって。

アニメ「『進撃の巨人』Season 2」Vol.1
2017年6月21日発売 / ポニーキャニオン
[Blu-ray] 21384円 / PCXG-50601
[DVD] 21384円 / PCBG-52451
初回特典
  • VR映像「進撃の巨人展360°体感シアター“哮"」
  • キャラクターデザイン浅野恭司描き下ろしジャケット
  • フルカラーブックレット
  • Season2イベント「昼の部」先行優先購入券(※「夜の部」の優先購入券はVol.2に封入)
  • 進撃の巨人オリジナルデザイン組立式VRゴーグル

ほか

アニメ「『進撃の巨人』Season 2」Vol.2
2017年8月18日発売 / ポニーキャニオン
[Blu-ray] 21384円 / PCXG-50602
[DVD] 21384円 / PCBG-52452
アニメ「『進撃の巨人』Season 1」
2017年3月15日発売 / ポニーキャニオン
アニメ「『進撃の巨人』Season 2」Vol.1<
[Blu-ray BOX] 37800円 / PCXG-60081
[DVD BOX] 37800円 / PCBG-61681
諫山創「進撃の巨人(22)」
2017年4月7日発売 / 講談社
諫山創「進撃の巨人(22)」
コミック 463円
Kindle版 432円
作品情報

ライナー、ベルトルト、「獣の巨人」との戦いの末、多大な犠牲を払いながらもエレンの生家へ辿り着いた調査兵団。その地下室にて、彼らはグリシャが残した3冊の本を手にする。その本に記されていたのは、グリシャの幼き日の記憶。そして、およそ1800年前、一人の少女が巨人の力を手にしたことから始まる二つの民族の暗黒の歴史。明かされたグリシャの過去と突きつけられた世界の真実を前に、エレンら調査兵団の進む道は……。