コミックナタリー Power Push - 「250万乙女のときめき回廊 at TOKYO SKYTREE」

「250万乙女のときめき回廊 at TOKYO SKYTREE」

りぼんっ子・神田沙也加も大興奮!
地上450mの“ときめき”演出

東京スカイツリーにて3月31日まで開催されている、りぼん(集英社)の創刊60周年を記念したコラボイベント「250万乙女のときめき回廊 at TOKYO SKYTREE」。期間中、東京スカイツリーのエレベーター・天望シャトルや、ガラス張りのスロープ、天望回廊やカフェなどが、1980年代から90年代のりぼん作品で彩られる。

コミックナタリーでは幼い頃りぼんっ子だったという神田沙也加を迎え、会場の様子をレポート。りぼん作品の印象的なキスシーンが地上450mの空に浮かび上がる「恋する望遠鏡」や、“あこがれのカレ”と写真を撮れる「イケメン☆カーニバル」など趣向を凝らした装飾の数々を体験してもらうとともに、その見どころを語ってもらった。

取材・文 / 三木美波
撮影 / 佐藤友昭

  • 511

    295

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
250万乙女のときめき回廊 at TOKYO SKYTREE®
250万乙女のときめき回廊 at TOKYO SKYTREE®
開催概要

期間:2017年1月9日(月・祝)~3月31日(金)

会場:東京スカイツリー

料金:3700円(りぼん付録風オリジナルグッズ付きのスペシャルチケット利用時)

チケット内容
  • 東京スカイツリー天望デッキ、天望回廊入場チケット(通常:日時指定券/大人3600円)
  • 特製カレンダー
  • オールスターシール
出展作品
  • 彩花みん「赤ずきんチャチャ」
  • 池野恋「ときめきトゥナイト」
  • 一条ゆかり「有閑倶楽部」
  • 小花美穂「こどものおもちゃ」
  • 高須賀由枝「グッドモーニング・コール」
  • 水沢めぐみ「姫ちゃんのリボン」
  • 矢沢あい「ご近所物語」
  • 矢沢あい「天使なんかじゃない」
  • 吉住渉「ハンサムな彼女」
  • 吉住渉「ママレード・ボーイ」

──神田さんは、何歳の頃からりぼんを読んでいらっしゃいました?

小学校2年生のときくらいからだと思います。

神田沙也加

神田沙也加

──ちょうど、りぼんが発行部数約255万部を達成した1994年ですね。連載されていたのは「姫ちゃんのリボン」「赤ずきんチャチャ」「ママレード・ボーイ」……。

読んでました読んでました! 「赤ずきんチャチャ」のセラヴィー先生が、めちゃくちゃ理想の男性で。私、長髪敬語キャラ萌えなんです(笑)。

──あはは(笑)。では早速「250万乙女のときめき回廊 at TOKYO SKYTREE」を回っていきましょう。

1. はじまりの予感
歴代作品の“はじまり”を感じさせる名シーンを装飾・映像・音で演出した天望シャトルに搭乗して、レッツタイムスリップ♪
天望シャトルは出展作品の主人公たちの、出会いのシーンやターニングポイントで彩られている。

天望シャトルは出展作品の主人公たちの、出会いのシーンやターニングポイントで彩られている。

(天望シャトルに乗って)面白—い!

──天望シャトルは2機ありまして、神田さんが今乗ったシャトルは、「グッドモーニング・コール」「こどものおもちゃ」「赤ずきんチャチャ」「ハンサムな彼女」「ご近所物語」の主人公たちの出会いのシーンやターニングポイントで彩られています。

この菜緒と上原くんのシーン覚えてます、初対面のときですよね。(シャトルの内部を見渡して)「懐かしい懐かしい」って100回くらい言える(笑)。導入って感じがしていいですね……あ、もうなんか映像が! 映像が!

──シャトル内のモニターに映る映像と、流れる音楽もこの展示オリジナルなんですよ。

天望シャトルの内部。

天望シャトルの内部。

りぼん読者だったらこの最初の段階で「キャー!」となるんじゃないでしょうか。

2. 「りぼん」表紙フォトスポット
歴代作品の主人公が一堂に会した、オリジナルの表紙とりぼん創刊40周年時の表紙デザインがお出迎え!
りぼんの表紙をイメージしたフォトスポット。左側に創刊40周年記念の表紙が、右側に「250万乙女のときめき回廊 at TOKYO SKYTREE」オリジナルの表紙が並んでいる。

りぼんの表紙をイメージしたフォトスポット。左側に創刊40周年記念の表紙が、右側に「250万乙女のときめき回廊 at TOKYO SKYTREE」オリジナルの表紙が並んでいる。

──左が1995年9月号の創刊40周年記念表紙、右が「250万乙女のときめき回廊 at TOKYO SKYTREE」のオリジナル表紙です。

「パッション・ガールズ」だ! 大好きだったんですよ。芸能界を描いているお話なので興味がありましたし、エリカと八純という対照的なヒロインがすごく素敵で。私は八純派でした!

──エリカと「ケンカするほど仲がいい」と言われていた、黒髪のライバルモデルですね。

そうそう! 自分がなりたいお姉さん像でした。オリジナルの表紙のほうも、豪華な主人公たちですね。

──表紙だけでなく、背表紙も作り込まれてるんですよ。あと、定価部分はスカイツリーの高さにちなんで634円です。

凝ってますねー。

3. 恋する望遠鏡
望遠鏡を覗くと、あの印象的なキスシーンが地上450mの空色とオーバーラップ♥
あの頃感じたドキドキに思いっきり浸ってみて!
「恋する望遠鏡」を覗くと、「ママレード・ボーイ」「天使なんかじゃない」「姫ちゃんのリボン」それぞれのキスシーンが。

「恋する望遠鏡」を覗くと、「ママレード・ボーイ」「天使なんかじゃない」「姫ちゃんのリボン」それぞれのキスシーンが。

キスシーンを望遠鏡に映し出して、空色とオーバーラップさせるという発想がすごいですね(笑)。

──「ママレード・ボーイ」「天使なんかじゃない」「姫ちゃんのリボン」の望遠鏡が用意されていますが、どれを覗いてみますか?

じゃあ、「ママレード・ボーイ」を……。(望遠鏡を覗いて)あ、光希と遊の保健室でのキスシーン、覚えてる覚えてる! 空が背景になって、よりドラマティックになってますね。今は青空でさわやかな感じですが、天気や時間帯によってはクラっと来ちゃいそうです(笑)。

「恋する望遠鏡」を覗く神田沙也加。

「恋する望遠鏡」を覗く神田沙也加。

──確かに、夕焼けを背景にしたらロマンティックになりそうですね。「ママレード・ボーイ」はお好きでしたか?

はい。でも「ママレード・ボーイ」のキスシーンは、光希と銀太のキスのほうが印象に残っています。「キスの味がする」というマスカット味のキャンディーを光希が舐めてて、銀太が「本当にキスの味がするか試してみる?」っていうあのシーンがすごく好きで! 憧れて、マスカットキャンディーを探し回りました。

──いい思い出ですね!

「ママレード・ボーイ」の壁面装飾を見つめる神田沙也加。

「ママレード・ボーイ」の壁面装飾を見つめる神田沙也加。

わー、ここ(壁面に大きく装飾された、キスシーンに至るまでのページ)を見ていたら、いろいろ思い出してきました。「ママレード・ボーイ」の最終話近くで、光希と遊が異母兄妹かもしれないっていうくだり。最後の思い出作りに北九州に旅行に行って、1日楽しく過ごして、でも最後の夜にお互い別々の部屋に入ったらもう現実に戻るしかなくなるという展開で……わあああー!!

──神田さんの、「ママレード・ボーイ」を好きだという思いが伝わってきます。

あのシーンは、もう泣いちゃうんですよね。あと光希がアイスクリームショップでバイトすることになったときに、制服を「似合う?」って遊に見せたら、遊が光希を後ろからギュって……すごく憧れました。

──このエリアにはARスポットが3カ所あって、スマホでARを読み込むと「姫ちゃんのリボン」の姫ちゃん、「ご近所物語」の実果子、「ときめきトゥナイト」の蘭世の髪型フレームを使って撮影できるんです。

ARスポットで「姫ちゃんのリボン」の髪型フレームを使って撮影する神田沙也加。

ARスポットで「姫ちゃんのリボン」の髪型フレームを使って撮影する神田沙也加。

楽しそう! 私は姫ちゃんの髪型で撮ってみたいです。

──「姫ちゃん」はどういう部分が好きでしたか?

変身する、という魔法少女の要素と、リボンというアイテムひとつで変身できるという、ちょっと身近な感じのバランスが子供心にちょうどよかったんです。