三星めがね「恋愛暴君」PR

「恋愛暴君」

「恋愛暴君」

読者の心休まる瞬間ゼロ! 天使、ヤンデレ、妹属性…暴君な乙女たちの魅力とは?

テレビ東京ほかにて放送中の三星めがね原作によるアニメ「恋愛暴君」。原作マンガはCOMICメテオで連載されており、任意の2人を強制的にキスさせるというアイテム「キスノート」を持ったキューピッドのグリと、平凡な男子高校生である藍野青司、青司に思いを寄せるヤンデレの女子高生・緋山茜、茜のことが大好きな彼女の妹・黄蝶ヶ崎柚を軸にした恋模様がハイテンションに描かれている。

コミックナタリーではアニメ化を記念し、グリ役の青山吉能、茜役の沼倉愛美、黄蝶ヶ崎柚役の長野佑紀、白峰樒役の原由実、椎名茉莉役の大坪由佳による座談会をセッティング。タイトル通り“暴君”な部分を持ち合わせた女性ばかりが登場する同作について、たっぷりと語ってもらった。またキャスト陣の撮り下ろし写真もふんだんに掲載しているので、併せてお楽しみあれ。

取材・文 / 宮津友徳
撮影 / 佐藤友昭

  • 228

    159

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
三星めがね「恋愛暴君」11.5巻短編集
2017年5月12日発売 / ほるぷ出版
三星めがね「恋愛暴君」11.5巻短編集

コミック 616円

Amazon.co.jp

Kindle版 551円

Amazon.co.jp

TVアニメ2017年4月スタート、「恋愛暴君」の短編集が登場!
文化祭で柚が決意にいたるエピソード「第24.5話」、5人のヒロインたちの日常にスポットライトを当てたスペシャル4コマ漫画、恋愛暴君と世界観を同じくするメイド喫茶が舞台の「桃と牡丹と百合の花」ほか、11巻のあのシーンを描いた短編集限定の描き下ろしマンガなどを収録。
短編集でも、グリや茜たちがキュートに大暴れします!

テレビアニメ「恋愛暴君」
テレビアニメ「恋愛暴君」

ある日突然、男子高校生・藍野青司のもとに任意の二人を強制的にキスさせるという不思議アイテム「キスノート」を持った死神風の少女・グリが現れ、“24時間以内にキスしないと書いた者(グリ)は死に、書かれた者(青司)も一生童貞のまま生涯を終える”と告げ……。
愛のキューピット(?)グリと青司とその仲間たちが“キスをする相手”を求めて繰り広げるハイテンションラブコメディにあなたもきっと恋がしたくなるはず(!?)。

放送情報
  • テレビ東京 毎週木曜日26時35分~
  • BSジャパン 毎週土曜日24時30分~
  • AT-X 毎週土曜日23時30分~(リピート放送:毎週日曜日26時30分~、毎週火曜日15時30分~、毎週金曜日7時30分~)
スタッフ
  • 原作:三星めがね(COMICメテオ連載)
  • 監督:濁川敦
  • シリーズ構成:高橋ナツコ
  • キャラクターデザイン:いとうまりこ
  • 総作画監督:谷津美弥子
  • アニメーション制作:EMTスクエアード
キャスト
  • グリ:青山吉能
  • 藍野青司:小野賢章
  • 緋山茜:沼倉愛美
  • 黄蝶ヶ崎柚:長野佑紀
  • 白峰樒:原由実
  • 藍野あくあ:高橋李衣
  • コラリ:檜山修之
  • 神様:大塚芳忠
  • 魔王:子安武人
  • 鶴岡太郎:内匠靖明
  • ストラス:堀内賢雄
テレビアニメ「恋愛暴君」Blu-ray / DVD Vol.1
2017年6月30日発売 / エイベックス・ピクチャーズ
「恋愛暴君」Blu-ray / DVD Vol.1

[Blu-ray] 7560円 / VTZL-118

Amazon.co.jp

[DVD] 6480円 / VTCL-35249

Amazon.co.jp

初回限定特典(Blu-ray / DVD共通)
  • キスノート風ブックレット
  • キャラクターデザインいとうまりこ描き下ろしスリーブケース
  • イベントチケット優先販売申込券

「恋愛暴君」とは…

「恋愛暴君」

男子高校生・藍野青司のもとに、任意の2人を強制的にキスさせカップルにするという「キスノート」を持った少女・グリが現れた。聞けば青司の名前をノートに間違って書いてしまったため、24時間以内に誰かにキスをしなければ青司は一生童貞のままだという。嘆く青司に、グリはせめてものお詫びにと希望の相手とカップリングすると提案。その言葉を聞き、青司は学園のアイドル緋山茜の元を訪れるが……。

キャラクター紹介

  • グリ
    グリ
    CV:青山吉能
    カップルを作るのが仕事のキューピッド。青司の名前を間違ってノートに書いてしまったうえ、面白そうだからと自分の名前をノートに書き加え、青司や茜と恋人同士になる。
    「あなたにキスをしてもらいたい」と青司の家に押しかけたグリ。

    「あなたにキスをしてもらいたい」と青司の家に押しかけたグリ。

  • 藍野青司
    藍野青司(アイノセイジ)
    CV:小野賢章
    平凡で生真面目な男子高校生。グリによってノートに名前を書き込まれたことで、さまざまなトラブルに巻き込まれることに。
    キスノートを手にした青司。

    キスノートを手にした青司。

  • 緋山茜
    緋山茜(ヒヤマアカネ)
    CV:沼倉愛美
    学園のアイドルで青司の憧れ。ノートに名前を書かれ青司と恋人になったが、実は以前から青司のことが大好きすぎるヤンデレ少女。
    グリとキスをした青司に対し「絶対に許さない」とグルカナイフを取り出した茜。

    グリとキスをした青司に対し「絶対に許さない」とグルカナイフを取り出した茜。

  • 黄蝶ヶ崎柚
    黄蝶ヶ崎柚(キチョウガサキユズ)
    CV:長野佑紀
    茜の異母妹。茜のことが大好きで青司に敵対心を抱いていたが、ノートの力で恋人に加えられてしまう。
    自身の思いを茜に伝える柚。

    自身の思いを茜に伝える柚。

  • 白峰樒
    白峰樒(シラミネシキミ)
    CV:原由実
    茜と柚の従妹。他人を痛めつけることや、自分が傷つけられることに快感を覚えている。
    青司に興味を持った樒は彼を監禁する。

    青司に興味を持った樒は彼を監禁する。

  • 椎名茉莉
    椎名茉莉(シイナマリ)
    CV:大坪由佳
    茜や青司のクラスの委員長。一見、真面目だが、学校の先生との関係性に悩んでいるようで……?
    茜の友人でもある茉莉。

    茜の友人でもある茉莉。

青山吉能(グリ役)×沼倉愛美(緋山茜役)×長野佑紀(黄蝶ヶ崎柚役)×原由実(白峰樒役)×大坪由佳(椎名茉莉役) 座談会

モノマネ得意なんですよ

──「恋愛暴君」のアフレコは終盤に差し掛かっているとのことですが、現場の雰囲気はいかがですか?

前列左から沼倉愛美、青山吉能、長野佑紀。後列左から原由実、大坪由佳。

前列左から沼倉愛美、青山吉能、長野佑紀。後列左から原由実、大坪由佳。

大坪由佳 私は飛び飛びでアフレコに参加しているんですけど、よっぴー(青山吉能)が座長としてムードメーカーになって現場の雰囲気を明るくしてくれているっていうのは感じますね。「若いのにすごいなー」と思ってます。

青山吉能 わっ、ありがとうございます! 私が演じているグリって、お話の中では後半になるに従ってどんどんテンションが下がるというか、ちょっとシリアスに悩むようになっていくんですよ。だからせめて、私自身のテンションは下げないようにしようとは思っていて。

原由実 巷で話題の“男性2人を後ろに引き連れた、女芸人さん”のモノマネを、よっぴーがやってくれたことがあったんですけど、めちゃくちゃ上手くてその衝撃が忘れられない(笑)。

青山 ありましたね。原さんとぬーさん(沼倉愛美)がその芸人さんのお話をされていて、「私、モノマネ得意なんでやってみてもいいですか?」って言ってやったら、そのときの声がブース中に響き渡っちゃったっていう。小野(賢章)さんからも評判がよくて。

青山吉能

青山吉能

長野佑紀 私はテレビアニメに出演するのは今回が初めてだったんですけど、青山さんや沼倉さんが優しく声をかけてくださって本番では緊張することなく演技をすることができました。だから「初めての現場をすごくいい環境でやらせていただいているんだな」っていつも感じています。

大坪 長野ちゃんは演じている柚と似てて、妹ポジションだよね。みんながかわいがってくれるし、守ってあげたくなるというか。

長野 ホントですか? やったー! 守ってあげたくなるなんて言われたの初めてです。

 ふふ(笑)。アフレコのときに柚と同じツインテールにしてきたりして、たしかに見た目の部分でもまんまだなって思いますね。

異母姉妹の関係である茜と柚。

異母姉妹の関係である茜と柚。

沼倉愛美 私、アフレコを通してどんどん柚が好きになってる!「恋愛暴君」っていう危ない女性キャラクターが多い作品の中では、柚は割と普通に恋してる女の子なんです。それにすごく癒やされてる。

長野 柚を演じているからっていうのもあるんですけど、私も茜さんへの愛がどんどん増してます。1話のころは茜さんにツンケンされてあしらわれることが多かったんですけど、ストーリーが進むにつれて打ち解けられてきているのを感じていて。茜さんとの掛け合いがあることのうれしさが半端ないです。