西条真二「鉄鍋のジャン!!2nd」PR

鉄鍋のジャン!!2nd

鉄鍋のジャン!!2nd

熱い!ひどい!美味い!
伝説のド外道料理人・ジャンの中華を再現

1995年から2000年まで週刊少年チャンピオン(秋田書店)にて連載され、主人公・ジャンをはじめとする登場人物のクレイジーな言動で注目を集めた西条真二の“最凶”中華料理マンガ「鉄鍋のジャン!」。その正当後継作であり、現在月刊ドラゴンエイジ(KADOKAWA)で連載されている「鉄鍋のジャン!!2nd」の1巻が6月9日に発売される。

これを記念し、コミックナタリー編集部では同作の監修を務める料理家・今井亮に、シリーズ作品に登場した料理を再現してもらいながら話を聞いた。ラインナップは「鉄鍋のジャン!」からラー油炒飯、油爆海鮫(サメの丸ごと1匹揚げ)、火災樹(ハクビシンの地獄鍋)、「鉄鍋のジャン!!2nd」から日本式香醋猪肉排骨(日本の黒酢酢豚)の4品。自身も初めて扱うという食材を調理したことで、彼が気付いた「鉄鍋のジャン!」の真理とは……。担当編集の張亘氏が語る連載秘話と共にご堪能あれ。

取材・文/ はるのおと
撮影 / 長谷川智紀

  • 87

    167

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
西条真二「鉄鍋のジャン!!2nd①」
発売中 / KADOKAWA
西条真二「鉄鍋のジャン!!2nd」1巻

コミック 670円

Amazon.co.jp

Kindle版 670円

Amazon.co.jp

「神の舌」大谷日堂の店にクレーマー現る!そのクレーマーこそ、中華の覇王「秋山醤」と「五番町キリコ」の息子にして、訳あって「ジャン」を名乗る少年であった!新たな世代による、ド級の料理バトルが開幕する!

カーカッカ!これが「鉄鍋のジャン!!2nd」だ!!

「鉄鍋のジャン!!2nd」第1話扉。

「鉄鍋のジャン!!2nd」第1話扉。

銀座五番町飯店。かつて行われた第2回若手中華料理人選手権で、秋山醤、五番町キリコという2人の料理人を決勝戦に送り込んだこの“中華料理界の王者”は、時を経た今も活気に満ちていた。その中心にいるのは、醤とキリコの息子であり、父と同じ名を名乗る秋山醤。母の信条である「心の料理」を掲げ、日々、料理勝負を繰り返す彼による、新たな中華覇王伝説が幕を開ける!

「鉄鍋のジャン!」愛読者にして「鉄鍋のジャン!!2nd」では料理監修を担当! 料理家 今井亮

本日の料理家

1986年7月31日生まれ、京都府出身。高校を卒業後、京都市内の老舗中華料理店に5年間勤務後、東京へ。フードコーディネーター学校を卒業したのち、料理家などのアシスタントを経て独立。自宅での料理教室「亮飯店」を開催するほか、NHK「きょうの料理」への出演、映画の料理監修などで活躍している。「鉄鍋のジャン!!2nd」では料理研究家のムラヨシマサユキとともに料理監修を務める。3月には著書「狭すぎキッチンでもサクサク作れる 超高速レシピ」が発売された。

今回作るのはこの料理!

ラー油炒飯チャーハン
油爆海鮫ユウバオハイジャオ(サメの丸ごと1匹揚げ)
火災樹ホウツァイスー(ハクビシンの地獄鍋)
日本式香醋猪肉排骨リーベンシーシャンツォズゥロゥバイグゥ(日本の黒酢酢豚)

次のページ »
1品目:ラー油炒飯