「ディバインゲート零」PR

「ディバインゲート零」

「ディバインゲート零」

5秒間の直感スピードバトルがリニューアル! “零”ってなあに? 大沖描き下ろし4コマでゆる~く解説

ガンホー・オンライン・エンターテイメントが配信するスマートフォン向けのパネルRPG「ディバインゲート」が、このたび「ディバインゲート零」としてリニューアル。 “直感スピードバトル”を楽しめるゲーム性はそのままに、6人のバンドメンバーが音楽の力で敵に立ち向かう新たなストーリーが展開される。

そんな「ディバインゲート零」のパワーアップしたポイントを紹介すべく、コミックナタリーでは「はるみねーしょん」「ひらめきはつめちゃん」などで知られる大沖による描き下ろし4コマを展開。本作のキャラクターが登場し、タイトルに付け足された“零”の意味についてなど考えを巡らせる。またビギナー向けにストーリーやキャラクター、遊び方の紹介も用意しているので併せてチェックしてほしい。

「ディバインゲート零」
「ディバインゲート零」

累計555万ダウンロードを突破したパネルRPG「ディバインゲート」が、「ディバインゲート零」としてリニューアル。パネルを揃えて敵を倒すというゲーム性はそのままに、新たなストーリーやキャラクターが加わり、より遊びやすく進化した。価格は基本無料(一部有料アイテムあり)。iOS7.0以降、Android4.2以降のOSに対応している。

ディバゲのキャラが大沖タッチに! どんなふうにパワーアップしたのか一緒に探ってみよう
1本目:「ディバインゲート」といえば?
2本目:さっそくやってみる
3本目:アップデートされたって※一部有料アイテムあり。
4本目:わかったこと※一部有料アイテムあり。
「ディバインゲート零」公式サイト
大沖(ダイオキ)
大沖
2008年にまんがタイムきららCarat(芳文社)にて、女子高生3人の生活を描く4コマ「はるみねーしょん」を連載開始。以降、月刊コミックブレイド(マッグガーデン)にて「ひらめきはつめちゃん」、電撃大王GENESIS(アスキー・メディアワークス)およびコミック電撃だいおうじ(KADOKAWA)で「わくわくろっこモーション」を発表する。2017年には別冊少年マガジン(講談社)にて「たのしいたのししま」をスタートさせた。