「ユーリ!!! on MUSEUM」in台湾、勇利&ユリオの「愛について」衣装が登場

2017年11月12日 18:30 215 マイナタリーで開く

久保ミツロウ、山本沙代、MAPPAによるオリジナルアニメ「ユーリ!!! on ICE」の企画展「ユーリ!!! on MUSEUM ~第12.2滑走 わたしをグランプリファイナルに連れてって!!! IN バルセロナ~」が、12月10日まで台湾・華山 Laugh & Peace Factoryにて開催中。同展に11月13日から、新たな衣装展示が2点加わると発表された。

「愛について~Eros~」の衣装を着用した勝生勇利。

「愛について~Eros~」の衣装を着用した勝生勇利。

画像を見る(3件)

「愛について~Agape~」の衣装を着用したユーリ・プリセツキー。

「愛について~Agape~」の衣装を着用したユーリ・プリセツキー。

登場するのはアイスショー「温泉 on ICE」にて、勝生勇利とユーリ・プリセツキーがそれぞれ披露したショートプログラム「愛について」の衣装。勇利の「愛について~Eros~」とユーリの「愛について~Agape~」のコスチュームが、アニメの衣装デザインを担当したChocottの佐桐結鼓氏によって立体化された。

今年7月に東京・タワーレコード渋谷にて開催されたのち、愛知・名古屋PARCOでも開催された「ユーリ!!! on MUSEUM」。「ユーリ!!!on MUSEUM」のために描き下ろされたスケーターたちの新規イラスト、設定資料やアニメ原画が展示される。またスケーターたちと写真が撮れる等身大フォトスポット、作品に出てくる衣装やスケート靴の再現、声優陣による音声ガイドなどが用意された。

Chocott・佐桐結鼓氏コメント

勝生勇利SP「愛について~Eros~」の衣装について

黒一色の中にも異素材でボディにメリハリをつけ、華やかさを出すために黒のストーンを足しました。アクセントのクリスタルストーンは、細かな輝きを表現し、ボディに添わせるために、いくつかのストーンを組み合わせました。

ユーリ・プリセツキーSP「愛について~Agape~」の衣装について

肩部分の飾りは、オーガンジーの上に羽根を重ね、ボリューム感をだしつつ、軽やかに仕上げました。ふわりと舞うたびに、ボディに付けたストーンがネットの合間から輝きます。ボディのカッティングや装飾は、伸びやかに流れるラインを強調しました。

この記事の画像(全3枚)

(c)はせつ町民会/ユーリ!!! on ICE 製作委員会

ユーリ!!! on MUSEUM ~第12.2滑走 わたしをグランプリファイナルに連れてって!!! IN バルセロナ~

期間:~2017年12月10日(日)
時間:平日11:00~19:00、土・日・祝日11:00~20:00
会場:華山 Laugh&Peace Factory
料金:前売り350元、当日券370元

ナタリーストア

特集記事ピックアップ PR

特集記事をもっと見る

最新ニュース

最新ニュースをもっと見る

人気の画像

人気の画像をもっと見る

人気の記事

人気の記事をもっと見る