桑原太矩が装画担当、“戦闘美少女の社会的分析”行う「戦う姫、働く少女」

2017年7月17日 15:02 429 マイナタリーで開く

「空挺ドラゴンズ」の桑原太矩が装画を手がけた河野真太郎の書籍「戦う姫、働く少女」が、7月20日に発売される。

「戦う姫、働く少女」

「戦う姫、働く少女」

画像を見る(1件)

「戦う姫、働く少女」は「戦闘美少女の社会的分析」を目標に掲げた1冊。「風の谷のナウシカ」などのジブリ作品や「新世紀エヴァンゲリオン」「スター・ウォーズ/フォースの覚醒」といったポップカルチャー作品に描かれた戦う姫や少女といった女性像が、いかなる社会の変化や願望のありかを指し示しているのかといったことについて分析している。

この記事の画像(全1枚)

特集記事ピックアップ PR

特集記事をもっと見る

最新ニュース

最新ニュースをもっと見る

人気の画像

人気の画像をもっと見る

人気の記事

人気の記事をもっと見る