“呪乳”でパワーアップ!「クェイサー」コンビの新作「神呪のネクタール」1巻

2017年5月19日 19:42 91 マイナタリーで開く

吉野弘幸原作による佐藤健悦「神呪のネクタール」が1巻、本日5月19日に発売された。

「神呪のネクタール」1巻

「神呪のネクタール」1巻

画像を見る(1件)

「神呪のネクタール」は異世界を舞台としたファンタジー。アダール侯国の生き残りである少女・サクラとその義兄は、モンスターたちから追われていた。追いつめられたサクラは別の世界から“ヒューマン”と呼ばれる種族の青年・カイを召喚するが、彼は戦う力を持たない。しかしカイはサクラの乳房から“呪乳(ネクタール)”と呼ばれる力を得ることで、恐るべき戦士へと変身し……。

吉野と佐藤のコンビによる前作「聖痕のクェイサー」は、女性から“聖乳(ソーマ)”と呼ばれるエネルギーを吸うことで力を得る錬金士・クェイサーたちの闘いを描いた作品。このたび発売された新作「神呪のネクタール」1巻の折り返しにある著者コメント欄にて、原作の吉野は「『おっぱいを吸って強くなる』……クェイサーを10年やって、メジャーなパワーアップ方法になったらいいなと思ってたのに、誰もマネをしてくれませんでした。仕方ないのでもう一回自分でやります。異世界呪乳戦記、開幕です!」とコメントしている。

この記事の画像(全1枚)

特集記事ピックアップ PR

特集記事をもっと見る

最新ニュース

最新ニュースをもっと見る

人気の画像

人気の画像をもっと見る

人気の記事

人気の記事をもっと見る