「ぼくは麻理のなか」池田エライザ&吉沢亮でドラマ化!全話一挙配信

2017年3月20日 15:00 3974 マイナタリーで開く

押見修造「ぼくは麻理のなか」のドラマ化が決定した。

ドラマ「ぼくは麻理のなか」より。

ドラマ「ぼくは麻理のなか」より。

画像を見る(4件)

ドラマ「ぼくは麻理のなか」より。

ドラマ「ぼくは麻理のなか」より。

「ぼくは麻理のなか」はある朝目を覚ますと、行きつけのコンビニで度々遭遇し密かに思いを寄せていた女子高生・吉崎麻理になっていた男子大学生・小森功の数奇な運命を描いた物語。漫画アクション(双葉社)にて連載され、単行本は全9巻が刊行された。

吉崎麻理役は池田エライザ、小森功役は吉沢亮が演じる。また麻里のクラスメイト・柿口依役には中村ゆりかがキャスティングされた。このほか西岡健吾、八十田勇一西田尚美も出演する。

監督はフジファブリック、でんぱ組.inc、NMB48などのミュージックビデオを手がけるスミスをはじめ、横尾初喜、戸塚寛人の3人が務める。脚本は下田悠子、主題歌はShiggy Jr.がそれぞれ担当。ドラマはフジテレビオンデマンドにて、3月31日に全8話がライブストリーミング形式で一挙に配信される。

この記事の画像(全4枚)

池田エライザコメント

押見修造さんの漫画はそれこそストーカーのように、常に追っていたので、お話をいただいた時はとても光栄でした。人間の潜在的にある感覚を、どこまで掘り起こせるかが日々勝負になってくる撮影は、楽しいですが過酷な時もあり、いま体当たりしてるなあと感じます。めちゃめちゃになりながらも愛を持って撮っています。お楽しみに。

吉沢亮コメント

愛してやまない押見先生の作品の実写化に携われる事は、身に余る光栄であり、喜びです。マネージャーさんに企画書を見せてもらった時、タクシーの中で普通に大きめな声で叫びました。どこまでも気持ち悪く、汗臭さを感じるほど人間的な小森を、愛をもって最後まで演じたいと思います。

中村ゆりかコメント

この度、柿口依役に挑戦させていただけたこと、とても光栄です。人が入れ替わるというドラマはとてもドキドキしますし、これまでとは違うゾワっとする様な世界観だと思います。ぜひ、楽しんで見ていただけたらと思っています。

ぼくは麻理のなか

配信日時:2017年3月31日(金)17:00~
話数:全8話
原作:押見修造「ぼくは麻理のなか」(双葉社 刊)
脚本:下田悠子
出演:池田エライザ吉沢亮中村ゆりか、西岡健吾、八十田勇一西田尚美
監督:スミス、横尾初喜、戸塚寛人
企画:村上正成 加藤達也(フジテレビ)
プロデュース:櫻井雄一(ソケット)
制作:ソケット
制作著作:フジテレビ

特集記事ピックアップ PR

特集記事をもっと見る

最新ニュース

最新ニュースをもっと見る

人気の画像

人気の画像をもっと見る

人気の記事

人気の記事をもっと見る